• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

片思いの彼のことを忘れる!と決めたときから彼にしてはいけないこと

Date:2013.06.12

片思いの恋というのは、うまくいきそうだったり、脈がありそうな場合はとても楽しいものですが、そうでない場合はつらいことが多いものです。

片思いの彼にとって、好きでもない女性から思いを寄せられるのは、イヤな気持ちではないかもしれませんが、相手の行動によってはけむたがったり、避けるという行動をとる男性もいます。つまり、迷惑がられてしまうこともあるということです。

好きと言われてイヤな人はいない、なんて思って相手にしてくれない彼をいつまでも追いかけていると、かえって嫌われてしまうことがあります。そうなったらさらにつらくなります。

彼のことを忘れることができなくても、いつまでも振り向いてくれない彼につきまとうのは、イイオンナのすることではありません。脈なしの片思いの彼に、してはいけない行為とはどのようなものでしょうか?

プライベートのことを聞く

興味のない相手にプライベートのことをいろいろ聞かれるのは面倒なものです。まして、相手が自分に好意を持っていることを知っているのなら、あまり聞かせたくない、プライベートの話はしたくない、と思うもの。

知りたいからと、彼のプライベートのことを聞くのはやめましょう。知ってもかえってつらくなるだけです。知らなければ余計に傷つくことはありません。彼との話は軽い話、冗談などにとどめておきましょう。

偶然を装って待ち伏せ

未練があるうちは少しでも彼と一緒にいたいと思うもの。会社以外で彼に会えたら、どんなにうれしいか、と思ってしまい、彼の帰り道や彼がよく行くお店などで待ち伏せしたくなってしまうもの。

でも、彼にとってはストーカーとなんら変わりはありません。いくらこちらが偶然だと言っても、彼には信じてもらえないでしょう。彼の行きそうな場所には行かないことです。

何でもないのに彼にメールをする

彼への思いが吹っ切れない状態では、まだ彼とつながっていたいと思うものです。そのため、彼に用もないのにメールをしたり、電話をしたくなるもの。

でも必要のないメールに対して男性は返事すら返してくれない場合もあります。また、面倒だなと思えば、メールの返信もしません。そんな彼からの返信を待つのはつらく悲しいものです。

期待してはいけないのに、期待して待ってしまうことはムダなこと。彼に無用なメールはしないようにしましょう。

SNSで彼の近況を知ろうとしない

Facebookやmixiをしていると、「彼は今何をしてるだろう?」「今日はどんなことはあったのかな?」と彼のことが気になって、のぞいてみたくなるものです。

でも、彼の近況を知ったところで、あなたにとっていいことは一つもありません。彼女との楽しいデートの話題などにふれれば、もっと傷ついてしまうだけ。彼の近況を知ろうとしないことです。

彼の周りに彼のことを聞かない

本人とは話をしなくても、彼の友達とつながっていれば安心する、という思いから、彼の友達に彼のことをいろいろ聞いたりしてはいけません。

彼にしてみれば、他の人に自分のことを聞きまわられるのは迷惑なだけです。気持ちのいいものではありません。彼の友達と彼のことを話すのもしないようにしましょう。

彼を見つめない

未練があるとつい彼のことを遠くから見つめてしまうものです。その気がなくても自然と彼の姿を目で追ってしまうこともあるでしょう。

でも、いつまでも彼のことを見ていたら、気持ちが彼にとどまってしまいます。見れば見るほど、忘れられなくなるもの。できるだけ、彼のことを見ないようにしましょう。

彼との思い出にふれない

彼と恋人同士でなくても、彼と一緒に撮った写真や彼と含めてみんなで出かけた場所などがあるでしょう。しかし、そのような彼との思い出にふれないことです。

思い出に浸っても悲しくなるだけ。片思いを吹っ切ることができなくなります。できるなら、彼と一緒に撮った写真などは捨てるか、それができなければ見られないようにどこかにしまっておきましょう。

プレゼントをする

恋人ではないけれど、友達だから誕生日にプレゼントをするくらいはいいだろう、と考えてはいけません。

相手にとっては、好きでない女性からのプレゼントはもらって困ることもあるのです。彼女に知られたら、いらぬ誤解をされるかもしれません。でも、せっかくくれるというプレゼントを無下にも断れないし…と受け取ってはくれるでしょうが、内心は迷惑に思っています。

また、プレゼントを選んでいる時点で彼への思いを消すことができません。お友達になろうとしてはいけません。未練がきれいに消えるまで待ちましょう。

この記事をシェアする

関連記事