• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

片想いを楽しむ!成就しない恋愛を活力にして女子力アップする方法

Date:2014.05.03

恋愛するなら片想いよりも両想いになりたいと考えることは当然でしょうが、片想いは好きな人の言動によっては力の源となって向上心にも繋がります。今回は、片想いを活力にして女子力をアップさせる方法を4つご紹介します。

1 ダイエットで理想の体をゲットしよう

理想体型を目指してゲットすることは、自信回復や女子力ゲットにも繋がります。しかし、「運動は嫌い」、「お菓子大好き」、「脂っこい食事好き」など、誘惑に負けやすい方は、脂肪燃焼を後回しにしているかもしれませんね。

片想い中の今こそ、彼への想いを活力にして理想の体をゲットしませんか。お勧めは、ウォーキングです。有酸素運動であるウォーキングは、脂肪燃焼効果とリラックス効果があります。

会社までの道のりを遠回りして歩く、休日に大型ショッピングセンターや近所を歩くなど、無理のない範囲で続けることで徐々に脂肪が燃焼されて理想体型へ近づくことでしょう。

ウォーキングは、鬱病の方にも勧められており、気分の落ち込みを前向きにするリラックス効果もありますので、片想い中に何か嫌なことがあっても前向きな気持ちを取り戻すことができるはずです。

もちろん、お菓子を食べ過ぎない、寝る前に食事をしないなど食事の改善も必要ですが、「痩せて可愛くなったね」と言ってもらえる日を活力にして、ダイエットに励んでみてはいかがでしょうか。

2 会話を楽しめる女を目指して情報収集しよう

女子力が高い人は、会話上手と言われています。社交的な女性とも言えますが、このタイプはニュースや芸能ネタ、話題の本、流行などあらゆることを敏感にキャッチすることが得意です。

会話が尽きず、しかも話していて面白い人は、興味や関心を抱きやすいという特徴がありますから、自分が好きなことだけに絞らず、情報を集める癖をつけましょう。

例えば、ちょっと空いた時間にスマホでニュースを読む、本屋さんへ立ち寄って話題の本をチェックする、流行りのドラマやニュース番組を観る、スポーツに関心が無くても片想い中の男性が好んでいるチームの勝敗だけチェックするなど、積極的に情報収集しておけば、片想い中の男性と話す機会があった時に、どんなネタを振られても対応することができるので「何を話せばいいのかな」と不安になることは無くなるでしょう。

知識や情報を頭に詰め込むことは、女子力アップだけではなく「そんなことまで知っているなんて○○さん凄いね」と会話が盛り上がるきっかけにもなるので試してみてはいかがでしょうか。

3 年齢肌を改善させて美肌を手に入れよう

日頃からお肌の手入れを念入りにしていますか?女子力アップには、肌ケアが必須です。肌は、年齢と共に老化することから若い時と同じようにケアしていると、シワやシミ、毛穴のつまりなどによって実年齢よりも老けてしまうかもしれません。

片想い中の男性から「自分よりも年上かな」と肌で判断されないように、肌のお手入れを見直しましょう。皮脂まで落とし過ぎるクレンジングや石鹸など、肌に合っていない化粧品は思い切って処分しましょう。

最近では、肌年齢を測定器によって診断できる化粧品コーナーもありますから、肌の気になる部分を改善しつつ老化もケアする化粧品に揃え直して、使い方やケア方法などを美容部員から教えてもらってはいかがでしょうか。

4 自分に合った香りを見つけよう

ほのかな香りをまとっている女性には、女子力の高さを感じませんか?最近では柔軟剤やヘアケア剤など香り成分が配合されている物が多いので、香水を使わなくても手軽に香りを生活に取り入れることができるようになりました。

しかし、中には香り成分が強く、近くに居る人の気分を悪くさせる危険もあるので注意が必要です。香水の場合は足や腰など顔から離れた部分につける、柔軟剤の場合は使用量を守りましょう。

香りに慣れてしまうと自分では判断がつきにくくなりますから、家族や友達などに香りの強さを確認してもらいましょう。

片想いを楽しんで女子力アップしましょう!

両想いになれば、片想いの不安や寂しさなどから解放されるわけですが、同時に片想い中のトキメキを手放すことになります。

視線が重なった時のドキドキ、二人きりで会話できた時の嬉しさ、何か褒められた時の喜びなど片想い中にしか味わえないことがあります。

その喜びを活力にすれば、嫌なことや辛いことも乗り越えようという気持ちになるので、仕事面や生活面でも頑張ることができるのではないでしょうか。一度両想いになれば、再び片想いに戻ることはありません。

片想いを活力にして女子力をアップさせることはもちろんですが、恋の駆け引きなども存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事