• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

家庭の中で起こる「モラルハラスメント」について考えよう

Date:2013.12.20

モラルハラスメントってそもそも何?

モラハラは、加害者が被害者の欠点や非難できる場所を見つけ、言葉で罵る行為のことを言います。日常のちょっとした会話の中でもモラハラは見られ、それによって被害者が精神的にダメージを受けるのが問題です。

職場での立場を利用した、パワーハラスメントや異性に対して性的な嫌がらせをするセクシャルハラスメントなども存在します。中でもモラハラは、家庭の中で起こることが非常に多く、女性が被害者になることも加害者になることもあるのです。

その差は妻や夫の性格、または二人の相性などによって変わります。家庭の中でモラハラが行われると、子供にも影響が出ることは確か。被害者となる場合はいち早く抜け出すこと、また加害者になってしまわないように自分の言動を振り返る努力をしてみましょう。

夫から妻へのモラハラ

男女平等が謳われる現代でも、亭主関白な男性はまだまだ多いものです。仕事から帰って「飯はまだか?」と横柄に催促する。出かける支度をしている妻に「グズグズしてないで早く出かけるぞ!」を急かす。

こんな、よくある頑固親父タイプの男性はモラハラの加害者になりやすいタイプです。必要以上に文句を付けたり、相手の否をチクチクと責めたりすること。これは完全なモラハラに当たります。

  • 人間性を否定するような言葉をかける
  • 他人と比較して批判する
  • 褒めない
  • 共感したり、賛同したりしない
  • 自分を常に優位な立場に置こうとする

このような特徴のある男性は、妻に対してモラハラ行為をしている可能性が高いです。これにより妻は大きな精神的ダメージを受けますが、決して反発したり逃げ出そうとしないのがモラハラ被害者の特徴でもあります。

モラハラ被害者は「自分が悪い」と思い込んでしまうのです。

なぜ一生懸命相手に尽くしているのに、自分が悪い、ダメな人間だと思い込んでしまうのでしょう。それは加害者側が、自分が被害を被っているかのような発言を度々するからなのです。

例えば「お前が○○なせいで、こっちが迷惑をかけられている」というような感じ。相手を批判したり、責めるような発言ばかりしているのにも関わらず、自分が迷惑をかけられているという視点で話をするのです。

一種のマインドコントロールのようなもので、これを毎日言われ続けている被害者は「自尊心」をなくしていきます。

妻から夫へのモラハラ

もちろん、モラハラ加害者になるのは男性だけではありません。女性の方が強く、男性が尻に敷かれているという家庭は多いものです。

女性は感情的になりやすい人が多いと言われています。怒りなどの感情で相手をコントロールしようとするのはモラハラの典型的なパターンです。よく「妻に怒られる」とか、「鬼嫁が怖い」なんて話す男性は少なくありません。

怒りをぶつけられないように回避するように行動したり、機嫌を取ったり・・・。これは妻の怒りやヒステリーな感情によって、夫が完全に支配されている状態と言っても過言ではありません。

  • 無視される、子供と妻の輪に入れない
  • 帰りが遅いとチェーンロックをかけられる
  • 家事や育児を手伝っても褒められない
  • 給料や仕事のことで批判を受ける
  • 子供に夫の悪口を吹き込まれる

テレビ番組などで笑い話になるようなことが多い、妻から夫への厳しい態度。これは立派なモラハラであり、夫から妻への態度よりも軽視されやすいのも特徴です。

モラハラは立派な離婚の理由になる

夫からの辛いモラハラに気付いたら、それは離婚を申し出るための十分な理由になります。決して自分を責めたり、耐えたりする必要はありません。度を越えた要求は、精神的に負担となって心の病気を引き起こすことだって十分にあり得ます。

また実際に、不眠や体調不良などの身体的症状が出ている場合は、すぐに病院へかかる必要があります。反対に妻から夫へのモラハラの場合、夫から離婚を迫られてもおかしくありません。男性は経済的にも自立していますから、女性よりも離婚を決断しやすいです。

但し、モラハラ加害者は男性・女性に関わらず「加害者」となっていることはもちろん気付いていません。相手にとっては耐えがたい苦痛なのですが、本人は罪の意識など到底ないというケースばかり。

自分が育った家庭でモラハラが行われていた可能性も高いですし、自分がそうされて育ってきた可能性も否定できません。

この記事をシェアする

関連記事