• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

掃除の極意はベーキングソーダに歯磨き粉!主婦が教える粉活用

Date:2014.11.22

いわゆる‘重曹’と呼ばれるベーキングソーダを使ったキッチンのレンジ周りの掃除やお鍋の焦げを落す方法も今や一般常識になりつつありますが、その他にもこのベーキングソーダの使い方があるのをご存じですか?

また、歯を磨く為に歯ブラシにつける歯磨きチューブ…これも「そ、そんな使い方して良いの?!」というアッと驚く活用法もあるのです。

そこで、ベーキングソーダと歯磨き粉の意外で役に立つ使用法を用途別にご紹介します。

スキンケア

入浴剤

市販の入浴剤って色や香りは良いのですが、タール色素や保存料のパラベン等が含まれていて、アレルギーや皮膚炎を引き起こす可能性も指摘されているので安心して使う事が出来ません。

でも、ベーキングソーダをバスタブに大体カップ半分ぐらいの量を溶かして入浴してみてください。お肌がすべすべになり、もちろん体には無害です。

角質除去

いつもの通りに洗顔をした後にオリーブオイル1:ベーキングソーダ3の割合で混ぜた物を顔に塗り優しく円を書くようにマッサージし、その後ぬるま湯で洗い流してください。角質や小鼻の黒ずみも優しく取り除いてくれる即席スクラブ洗顔料になります。

フットバス

1日中立ち仕事や歩き周り足が疲れてむくんでいるなんていう時には桶やバケツにぬるま湯と大さじ3杯程度のベーキングソーダを入れ、もし香りも楽しみたいのでしたら、ハーブなどのエッセンシャルオイルを入れてお手軽なフットバスはいかがでしょう?

つま先やかかともスベスベになり心も体もリフレッシュできます。

ハンドケア

「料理は好きなんだけれども、料理をした直後の手の匂いやネイルの変色が気になって…」なんて方はいませんか?ガーリックに玉ねぎに、そして魚を手にすると意外に匂いって取れないですよね?

そこでベーキングソーダ及び歯磨き粉で手を洗ってみてください。意外に簡単に手の気になる匂いを取り除いてくれます。

しかも毎日の手仕事でネイルが黄色っぽく変色してしまった時にもネイルブラシを使って歯磨き粉で何度か洗うと元の色に戻してくれるそうですよ。

クリーニング

洋服

毎日の洗濯で、通常の量の洗濯物に液体洗剤を入れる際にカップ半分のベーキングソーダを加えると洗濯物の汚れが落ちやすくなります。

そして、こびり付いたワイシャツなどの襟の皮脂汚れやカーペットの食べこぼしのシミも、歯磨き粉を使うとキレイに取り除く事が出来ます。

また、白い革を使ったスニーカーを磨くときには歯磨き粉が大活躍。但し、最近の靴は合成皮革を使ったものも多いので、全体に付けて洗う前に微量を目立たない部分に付けて試してみてからにしましょう。

そして、靴、ブーツの中のこもった匂いを取るにはベーキングソーダを入れておくと脱臭効果も期待できます。

水筒

赤ちゃんが使う哺乳瓶や毎日オフィスに持って行く水筒やペットボトルって底の方に何だか取れない汚れがこびり付いていたりしませんか?

そんな時も歯磨き粉を使って洗うと思いのほかキレイに落ちますし、赤ちゃんや自分が口にするボトルに強力な洗剤や化学品を使わないで済むのでとても安心です。

ゴーグル

更に、スイミングプールで使用するゴーグルって暫く使っていると曇ってきてチョッと洗っただけでは汚れが落ちません。でも、これも歯磨き粉で磨くと曇りが解消できますよ。 但し、紫外線カットの加工がしてあるゴーグルには使用しないでください。

その他の活用法

その他、意外なベーキングソーダの活用法として、ハチに刺された時に応急処置として水で練ったベーキングソーダを塗ると痛みが軽減されます。

また、これから夏になるとお庭やベランダでチェリートマトを栽培されるという方には土にベーキングソーダを少量振りかけておくと酸味の少ない甘いトマトがなるそうです。

輝きを失ってしまった古いジュエリーを蘇られせたいのでしたら、ごく少量の歯磨き粉を柔らかい布にのせて磨いてみてください。但し、パールや柔らかい石や繊細なアンティークなジュエリーにはお勧めできません

また、急なお客様を迎えるのに白い壁に小さな穴…、そんな時の応急処置として歯磨き粉を塗っておくとその場はなんとか凌げるでしょう。でも長期補修にはお勧めしません。

いかがでしょうか?ベーキングソーダも歯磨き粉も私達の口に入れる事が出来る物なので、安全性の面でも安心して活用が可能です。皆さんも是非おうちで試してみてください。

この記事をシェアする

関連記事