• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

可愛げのない女性の特徴とは?可愛げのなさを少しでもなおす方法

Date:2018.04.24

「可愛げがない女性」と聞いて、あなたならどんなイメージを思い浮かべますか?可愛くない、わがまま、生意気……。

つまり、人間関係において、「可愛げがある」というのは意外と大切なもの。見た目が普通でも、なぜか異性にモテる人というのは、可愛げを持っているものなのです。

逆に、そんな「可愛げのない」女性というのは、男性からしてみてもあまり好意的に映らず、恋愛のチャンスも逃してしまいがちです。

そこで、そんな大切な「可愛げ」を身に着けるために、可愛げのない女性の特徴と、その可愛げのなさを治す方法についてご紹介します。

「可愛げがなくて悩んでいる……」という女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


実は男ウケ最悪!可愛げがない女性の傾向5つ

可愛げがない女性というのは、男性受けが悪いのをご存知でしょうか。自分では「可愛げがない」と思っていなくても、男性から見てみたら実は「あの子はちょっとな」と思われているのかも……。

この章では、そんな可愛げがない女性の傾向を6つ見ていこうと思います。

1.仕事で男性と張り合う「キッチリ系」女子

男性に負けず劣らす、バリバリ働いている「仕事に生きている」女性。こんな女性は、男性から見ると「可愛げ」が足りず、すこし近寄りがたい雰囲気を持っています。

本人は仕事とプライベートを分けているつもりでも、男性にはその違いが分かりにくいもの。また、男性からしてみると「自分のほうがかっこよくありたい」と思うため、自分よりも稼いでいる女性や、立場が上の女性はあまり好意的に見られないようです。

こういったいわゆる「バリキャリ系」の女性は、対女性相手では尊敬を集めたり、人気者であることが多いのですが、対男性となると、「可愛げがない」と感じてしまいます。

2.恋愛よりも友情?「サバサバ系」女子

飲みに行くと男性ばりにビールを傾けたり、男性におごられることを良しとしなかったり、本人は全く男性を遠ざけたいという気持ちがなくても、男性に「女性らしくない」「友達としてしか見れない」という気持ちにさせてしまいます。

「一人で生きていけそう」だと思わせてしまうのがこの女性の典型です。男性からしてみたら、「何かしてあげたい」「助けてあげたい」という気持ちが満たされず、物足りなさを感じてしまい、「可愛げがないな」と思われてしまうのです。

3.褒められ慣れない!「女扱いが苦手」な女子

「可愛いよね」「きれいだよね」と褒められても、自分を女扱いされるのが苦手で、あえて適当に振る舞ってしまう女性も、可愛げがないと思われてしまいます。

こういうタイプは、同性から見ると「かっこいい」「男勝りで素敵」と、女子からは人気が高いため、いつも周囲から人が絶えません。ですが、なぜか男性からはモテない……と、悩んでいることが多いようです。

かっこいい女性は、魅力的です。ですから、恋のチャンスもまちがいなくあるはず。なのに、つい「私なんか全然だから!」というような態度をとってしまい、自分から恋のチャンスを自ら潰してしまっているのです。

4.理路整然と男を言い負かす!「口が立つ」女子

賢い女性によくいますが、口論になったとき、理詰めで攻め立てる人がいますよね。正論で詰められ、言い返すこともできないような状況になってしまう。たとえそれが、正しい指摘であったとしても受け入れたくないのが、やはり男性です。

これはもちろん、ケンカの時だけではありません。普通に話しているときも、少しの言い間違いを指摘されたり、細かなところを突いたりしてしまいます。もちろん女性側には悪気はないのですが、男性にとっては、しゃべっているだけで面倒に感じ、可愛げがないと思われてしまいます。

5.甘え下手で弱みを見せない「甘えられない系」女子

可愛く甘えている女性を眺めていると、ついついこぼれてしまう「羨ましい……」のことば。強がる女性や、男勝りの女性にもみられる傾向ですが、これは特に自分に対して魅力がない、好きになってもらえるわけがないという自己肯定感が低い女性がほとんどです。

寂しくても「会いたいな」と言えなかったり、悲しいのに「別に平気」と強がったり、つらいときに「一緒にいて」と言い出せなかったり、手をつなぐことすらも戸惑われてしまったり……。 

「もしかして、これをやったら嫌われてしまうのでは……」「こんなことする自分が気持ち悪い」と思うがゆえ、自分がはたから見ていて「可愛い」と思う行動ができなくなってしまうのです。

少しなら「恥ずかしいのかな」と思ってもらえますが、度が過ぎると、可愛げがないと思われてしまいます。このタイプに共通する「可愛げのなさ」は、やはり「助けてあげられない」「自分が支えになれないなら、別に付き合ってなくてもいいか」という思いからきているようです。

かわいげのある女性になるために知っておくべき4つのテク

男性は、かわいげのある女性を好みます。では、どうやったら男性の心をつかむ「可愛げ」を身に着けることができるのでしょうか。この章では、かわいげのある女性になるために知っておくべき4つのテクについて見ていきます。

テクニック1 まず、適度に本能に従ってみよう

本能に従うといっても、あくまでもわがままにならない程度に、自分勝手にならない程度にしなくてはなりません。

例えば、「お腹空いたな」と思ったら、遠慮することなく彼に「少しお腹空いたかも……」と申し出てみてください。彼は、いつも自分から提案しているので、彼女のほうから言ってもらえるのはうれしいはずです。

そこから「何食べたい?」「これがいいな」「俺もそれ好き!」といったように会話が発展していきます。同じように、「イチャイチャしたい」と思ったら、最初は恥ずかしいかと思いますが、勇気を出して言ってみてください。彼も喜ぶに違いありません。

本能に従うということは、可愛げがない人の特徴であげたような性格の女性が最もできないことです。理由をつけて、「こうしたい」という気持ちを理性でおさえているのです。だからこそ、感情をストレートに表現できる素直な女性になれれば、「可愛げ」を手に入れられるはずです!

テクニック2 笑顔で相手と話をしよう

女性の最もかわいい顔は何といっても「笑顔」!これを絶やしてしまうと、可愛げどころではありません。表情が豊かな女性というのは、見ていて魅力的に映るものなのです。

つい、つんとした態度をとってしまったり、冷たい言葉をかけてしまいがちな「可愛げのない」女性。男性は、「彼女の笑顔のために頑張ろう」という気持ちがあるんだそうです。彼を虜にするのは、泣き顔よりも怒り顔よりも、「笑顔」なのだということを忘れなければ、きっと男性に「可愛い」と思われる女性になれるはずです。

テクニック3 ガサツな行動をせず、女性らしいしぐさを心がけよう

男性というのは、やはり女性には「男性らしさ」よりも「女性らしさ」を求めています。ですので、恥じらいの見える行動や、しなやかな女性らしいしぐさに対して「女性らしさ」や「可愛げ」を感じます。

女性どうしてあれば気にしないようなガサツな行動を続けていると、ここまでやっても大丈夫かなと思ってしまいます。そして、いったんその行動を「恥ずかしいことだ」「やってはいけないことだ」と思わなくなると、感覚がマヒし、男性の前でもついやってしまいます。

椅子に座るときは足を開かない、グラスをテーブルにガチャンと置かない、適当な相槌を打たないなど、「意識しなくてはならない」ことが多いのですが、行動一つ一つを心がけることで、男性に対してもドキドキを与えることができるはずです。

テクニック4 「ぶりっこ」や「聞き分けのいい子」と可愛げを混同しない

男性は、確かに可愛げのある女性が好きです。ですが、それと「ぶりっこ」とは違っています。初めは「可愛いな」と思っても、その気持ちがずっと続くかと言えば、それは違います。可愛げは、作るものではなく、あなた自身の中から発せられるものです。

中身がなければ、いくら外見がよくても、ずっと好きではいられません。あなた自身の心を磨くことで、「可愛げ」ができてくるのです。

また、「いい子でいよう」と思うことはありません。彼と長く会えなくて寂しいとき、なにも言わずに我慢して「いい子」でいることは簡単です。ですが、自分から「さみしい」と素直な気持ちを伝えることで、彼もあなたに対しての愛情が増すはずです。

「可愛げ」は愛され女子の必須条件!

このように「可愛げ」と一言で言っても、「男性に愛される可愛げのある女子」になるには、ただ可愛くすればいいというわけではないというのが分かっていただけたのではないでしょうか。

可愛げのある女性は、愛され女子の必須条件であると言っても過言ではありません。

控えめにし、斜め後ろを歩くような奥ゆかしさと、自分の気持ちをアピールするところをうまく使いわけられる女性こそが、「可愛げ」があると思ってもらえるのです。

少しの心がけをすることで、あなたもかわいげを身につけられるはず。彼に「ずっと一緒にいたい!」と思ってもらえるようになりましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント