• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

かゆみやひび割れは手湿疹のサイン?気になる症状と対処法とは

Date:2013.06.12

食器洗いや炊事、洗濯などで水に触れる機会が多い方は手湿疹になりやすいと言われています。スキンケアやメイクによって顔のお手入れを徹底していても、手荒れがあれば生活感ばかりか生活に苦労している人と周りから見られてしまうかもしれません。

モテ女を目指すなら顔だけではなく、手にも気を配りましょう。今回は、手荒れの中でも悩んでいる方が多く、なかなか治らないと言われている手湿疹について詳しくご紹介します。手湿疹の原因や治療法、対処法などを参考にして下さい。

手湿疹ってどんな症状が出るの?

見た目の悪さだけではなくかゆみや炎症、ひび割れが起きる手湿疹は、ストレスからイライラも伴う湿疹のひとつです。特にかゆみを我慢できず、起きている間は我慢出来ても寝ている間にかいてしまうことがあり、それによって出血やひび割れを招いてしまいます。

さらなる刺激を与えることで症状は悪化することが多く、湿疹だけではなく水疱が出来てしまうこともあります。水疱になっている場合は、重症化している場合が多く、なかなか治りにくくなります。手湿疹に気づいた場合は、早い段階で症状を抑える必要があります。

手湿疹になったらどんな治療法があるの?

手湿疹の主な治療は、保湿です。皮膚は乾燥によって刺激を受けやすく、傷つきやすくなるので、保湿クリームを塗って手に潤いを与えて、水分を逃がさないようにしましょう。お勧めの成分は、尿素やヒアルロン酸、ワセリンなどの保湿効果が高いタイプの保湿クリームです。

薬局やスーパーなどで購入できますから、成分表を確認した上でお使い下さい。最近では、アロマの香りや天然ハーブ成分が配合されているクリームも販売されているので、気分によって香りを変えれば手湿疹のストレスを感じず、癒されながら乾燥を防ぐことが出来るでしょう。

また、部屋の湿度低下も手湿疹を悪化させるので、加湿器の使用もお勧めです。アロマ機能付き加湿器なら、かゆみや水疱のストレスを和らげる事が出来るのでお試しください。

手湿疹にならない為の対処法とは?

手湿疹は、石鹸や洗剤、化粧品類の刺激によって起こるので出来るだけ素手で触れないことが一番です。食器を洗う際、ヘアクリームを塗る際などは、直接液体に触れないようにゴム手袋を使用する、低刺激の洗剤に変えるなど生活面を見直しましょう。

稀に、保護の為のゴム手袋によって手湿疹が悪化することもあるので、その場合は直接ゴムに触れない様に布手袋の上にゴム手袋をはめましょう。

長時間使用する場合や暑い日の使用は、蒸れによってかゆみやかぶれを引き起こすこともあるのでなるべく短時間で済ませましょう。

手湿疹との付き合い方とは?

手湿疹という理由で、家事をしない、お風呂に入らないなど水や洗剤と接触せずに生活することは難しいものです。すぐに治れば良いのですが、手湿疹は早期快復が難しいので長期に渡って上手く付き合っていかなければなりません。

ゴム手袋や保湿クリームを使うことを徹底し、刺激物に直接触れないなどを継続して続ける必要があります。また、一度治っても同じ生活に戻すことで再び手湿疹になることもあるので、生活を見直した場合は元に戻さず続ける必要があります。

手湿疹は家族の協力が必要

症状がひどい場合やなかなか完治しない場合は、皮膚科を受診することもひとつの方法です。また、家族や恋人に食器を洗ってもらう、洗濯物を干してもらうなど水に触れることから離れることで、精神的なストレスから解放される事もあります。

家族が忙しい場合は、食器洗い機や乾燥機付きの洗濯機を購入する方法もありますので、手に刺激を与えない生活を送る工夫もしましょう。

この記事をシェアする

関連記事