• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

イラッとするあの痒み!蚊に噛まれた時の意外な即効痒み取り

Date:2013.09.12

夏が大嫌いなんです、私。暑いというだけで不快指数が高いし、不衛生なことが増えるから好きじゃないんですよね。

そして虫!私の自宅は近くに川があるせいか、夏は何もしなかったら1シーズンで網戸に100匹以上の蚊が張りついていて、初めての夏には驚きました。それ以来はいろんな蚊除け商品に助けられています。

それでも家の中に蚊を1匹も入れないというのは不可能な話で、耳元で「ィーン」というイラッとする蚊の鳴き声がしたと思った数分後、皮膚がぷっくりと膨れて、神経を逆撫でされるような痒みに襲われます。

小さい頃は、そのストレスを当てつけるように肌に爪を思いっきり立てて気の済むまで掻きむしっていました。あぁーその頃は若かったなぁって思います。

歳と共に恐ろしいほど代謝が落ちてしまったのか、こないだ頬を蚊にやられて痒くて仕方なかったので爪でキッキッと十字を何度か立てていたら、見事に色素沈着!2ヶ月経った今でも薄いシミになって頬に居座っています。

そうならない為には痒み止め!ドラッグストアでクリームやシールを買うのもいいですが、自宅にあるもので十分即効ケアが出来るので試してみてくださいね!

蚊に噛まれたとわかったらすぐに石鹸で洗い流すと痒みが?

消えるんです!私も初めて実践したときはホントに不思議でした。恐ろしいことに、蚊は人の肌にのった瞬間、同時に6本の針を刺すらしいんです!これを聞いたとき身震いするほど気持ち悪かった(ケド書いちゃった)。

そして、人が痒いと感じる痒み成分のある液体(汁?)を残していくみたいで、どうもそれが痒みに直結しているのです。

だから、噛まれた!痒い!と感じた瞬間、その液体をこすりとるように石鹸で洗い流すと痒みを感じなくなるんです~!噛まれてからなるべく早い方がよくて、石鹸で皮膚の奥まで洗浄するように強めに洗うのがポイント!

ホントに痒み、消えちゃいますよ♪

緑茶で皮膚を洗おう!カテキンが抗菌・抗炎症作用を発揮!

緑茶に含まれているカテキンは、殺菌抗菌や炎症を鎮める働きがあるので、それで患部を拭うといいですよ。外出先でも夏だったらお茶を持ってることが多いと思うので、それを緑茶に変えてみてください。結構使えるんです。

蚊に噛まれた時には、ハンカチに緑茶を少したらしてまずは殺菌!強めに患部をこすって蚊が残した痒み成分を完全に拭い取ります。次にティッシュに緑茶を含ませて患部に1分ほどおいておくと、抗炎症作用を発揮して痒みと赤みが落ち着きます。

噛まれてすぐじゃなくてもセロテープさえあれば消えちゃう痒み

これも聞いたことのなかった方法なのでビックリしましたが、私が実践してる中でもセロテープが一番即効性があって効果的です。

痒みを感じたら何でもいいんです。患部を完全に密封することが肝心!セロテープがいいのは透明だから目立たないという利点からですが、ガムテでもなんでもいいですよ(笑)。

空気に触れることで痒みが増長されてしまうので、それを密封!封鎖!して痒みを止めちゃいましょう!今のところ100%阻止です。

娘が保育園でえげつないほど噛まれてくるのですが、子供って汗をすごくかくのでセロテープはとれやすいんです。そこでいいのがガーゼテープ!密着率が高くて物自体も薄いし子供も違和感がないみたいなので自宅ではいいですよ~!

外に行くときは見えを張って可愛いキャラクターの痒み止めシールなんかにしちゃいますケド(笑)。

シミになるくらいだったら職場でもペタッと貼ってみようかな~と思ってしまうほど即効性があって、目立ちにくいセロテープ、すっごくオススメです♪

この記事をシェアする

関連記事