• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

終わりなき家事に終止符を!今日からおうちでくつろごう♪

Date:2013.10.03

家事はやればやるほど終わらない。そんな風に感じることはありませんか。おいしいお茶を入れても、洗い物が目に入ったり。のんびり本を読もうとしても、明日の献立を考えてたり。

気が付いたら家事ばかりして、あなたにとって一番居心地のいいはずのおうちで、くつろげてなかったらもったいないですよね。家事を上手にきりあげて、おうちでくつろぎましょう♪

アサカジのすすめ

家事をする時間を決めてしまいましょう。おすすめなのは朝だけ家事をする、ことです。働いている女性は、仕事からくたくたになって帰ってきて、それから、掃除・炊事・洗濯・・・なんてしたくないですよね。

朝なら出勤するまでと時間を区切れるので、だらだら家事をすることもありません。掃除・洗濯はもちろんですが、夕飯の準備や夜にくつろぐためのアロマのセットをしていくと帰宅するのが本当に楽しみになります。

週末だけ家事をする、というのを以前実践していたのですが、平日にたまった家事が膨大な量になり、週末は家事だけで終わってしまうという残念な結果になっていました。朝だけ家事なら毎日少しずつこなすことで週末も有効に使えますよ。

お邪魔虫対策

帰宅後は夕食にワインを飲んだり、本を読んだり、のんびりとくつろいでいても中断してしまうお邪魔虫がいますよね。

そのひとつは「視界にはいるから」。ほこりや汚れがふと視界に入ると、掃除しなきゃ・・・と思って憂鬱になってしまいます。くつろぐためには蛍光灯などの明るい照明はやめましょう。

間接照明やキャンドルを使って、やさしい光の中ですごします。ちょっとの汚れは目立たないので気になりません(そのかわり朝はしっかり明るい中で掃除しましょうね)。

また、キッチンや洗濯物が見えないような部屋で過ごしたり、視界に入らないような座り方やソファの配置をするのも効果的です。

もうひとつのお邪魔虫は「家事のことを思い出してしまうから」。突然「あ、醤油きれてたな」「そういえばクリーニングのセールが今週末までじゃなかったっけ?」と家事にまつわるエトセトラが浮かんできて、くつろぎタイムが中断されてしまいませんか。

そんなときは浮かんできたことをメモ帳に記入して、未来の私へお願いすることにしましょう。このときメモ帳はノートをおすすめします。付箋や切り離したメモ紙だとどこかにいってしまうので家事ノートとして一冊、用意しておくといいでしょう。

家事ノートに書いておけば忘れる心配もありませんので、安心して再びくつろいでください。

家事を終わらせることができるのは・・・

私は掃除が好きなのですが、一日中掃除をしていてちっともキレイになった家でくつろいでいない、ということに気がつきました。

みなさん、それぞれに好きな家事やこだわりがあると思います。また家族の健康や過ごしやすさを考えると、手が抜けなかったり。でも、家事に終わりを決めることができるのは自分だけです。

居心地のいいおうちにしたくて、家事をしているのですから、くつろぐ時間をちゃんとつくってあげましょう♪

この記事をシェアする

関連記事