• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年を取ってもハリのあるバストを保つ方法

Date:2012.03.20

shutterstock_234590203

理想的なバストの位置とは?

加齢とともにお肌と同じようにバストもハリや弾力がなくなっていきます。皮下脂肪、乳腺組織、脂肪組織、クーパー靭帯、大胸筋などで構成されているバストは、これらの機能が衰えることでハリがなくなり、垂れてしまうのです。ところで、理想的なバストの位置とはどのようなものなのでしょうか?

バストが美しく見える形というものがあります。まず、鎖骨と鎖骨の間の中心、そこから左右両方の乳首まで結び、さらに両方の乳首を線で結んだときに正三角形に近いほど理想的なバストの位置と言われています。

また、肩とヒジの真ん中がトップバストの理想的な位置です。いかがですか?自分のバストの位置を確認してみましょう。

バストは大きさに関係なく、年齢とともに垂れてきてカタチも崩れてきます。それを少しでも防ぐためには様々な方法があります。できることから始めて、年に負けない、ハリと弾力のある美しいバストを目指しましょう!

適切なブラジャーの選び方

女性なら誰でも知っていることだと思いますが、自分のバストの形やサイズに合っていないブラジャーを着けていると、カタチも崩れてしまいます。そこで、改めて自分のバストに合ったブラジャーについて確認してみましょう。

正しいブラジャーの選び方としては、アンダーが固定していてバストをつぶさない、包み込むものを選びましょう。アンダー部分がきつく、カップが小さいとバストのラインを崩してしまいます。

ゆるすぎると、バストの脂肪が背中や腕に流れてしまいます。カップの上部に隙間が空かない、カップとカップのつなぎ目がカラダにフィットしている、アンダーの部分が背中まで水平になっている、ワキが浮いていたり、食い込んでいない、動いてもズレない、という点に注意してブラジャーを選ぶことが大切です。

また、ブラジャーを正しくつけることも大事ですね。まず、前かがみになりブラをつけます。その姿勢のままバストの周囲のお肉をカップにおさめます。カップの一番上の高さがワキの横か少し下あたりの高さになるようにします。

ハリのあるバストを保つエクササイズ

バストを支えているのは大胸筋。この大胸筋を鍛えることで、垂れない、ハリのあるバストを保つことができます。
まずは基本的なエクササイズから始めましょう。

基本的なエクササイズ

  1. 両ヒジを90度に曲げて左右に開きます。
  2. 次に息を吐きながらゆっくりと両腕を近づけ、顔の前に寄せてきます。
  3. できるだけヒジとヒジがくっつくのが理想です。(このとき、バストの内側を意識します。)
    これを15回2セット行います。

次はダンベルを使ったエクササイズを紹介しましょう。

ダンベルを使ったエクササイズ

  1. ヒザを立てて仰向けになります。
     このとき背中にあまり高くないクッションなどを入れると胸が開きやすくなりますよ。
  2. ダンベルを持ち手のひらを内側にして、両腕を軽く曲げてのばします。
  3. 息を吸いながら両腕を広げ方の高さまで下げます。
     このとき胸に力が入っているのを意識します。
  4. 息を吐きながらダンベルをもとの位置に戻します。
     これを10回3セット、慣れてきたら15回3セット行います。

ダンベルがなければ、ペットボトルに水を入れて使います。重さは無理のない程度に。

美しいバストを保つマッサージ

1日1~2回のバストマッサージを実践することで、ハリのあるバストを保ちましょう。

  1. まずはバストの内側から外側へ、円を描くようにして、手をすべらすようにマッサージ。左右10回ずつ行います。
  2. 次にバストを下からすくいあげるように、左右の手を交互に上へと持ち上げます。これも左右10回ずつ行います。
  3. 最後にバストトップから顎のあたりまで、下から上に向かってマッサージをします。左右10回ずつ行います。

あまり力を入れすぎず、優しく行いましょう。マッサージをする際にはマッサージクリームを使うと肌にハリも出ますよ。

おすすめの一つは『デコルセ』。プエラリアや大豆エキスなどが配合され、ハリのあるやわらかな、理想的なバストの導いてくれるというバストアップクリーム。

ハリウッドセレブやモデルさんたちの間で評判のマッサージクリームです。美容クリニックの専門家から生まれたクリームなので安心ですね。

女性ホルモンの分泌を十分にする食事でバストアップ

バストのハリや発達には女性ホルモンが深く関係しています。

女性ホルモンの働きを促す食品

  • 大豆
  • 豆製品
  • ゴマ
  • 玄米
  • チーズ

などのタンパク質を摂るようにしましょう。また、

女性ホルモンのバランスを調整してくれる食品

  • ビタミンE
  • カボチャ
  • ホウレンソウ
  • ニンニク
  • ニラ
  • ナッツ類
  • 緑茶

もおすすめです。さらに

バストにハリを与えてくれる食品

  • 緑黄色野菜
  • ニンジン
  • カボチャ
  • ホウレンソウ
  • トマト

などを積極的に摂りましょう。ダイエットなどで栄養不足になると、バストに栄養がいかなくなりバストのハリもなくなります。栄養バランスを考えて、きちんと食事を摂ることが大切です。

この記事をシェアする

関連記事