• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毛糸のポンポンを簡単に大量生産!ラッピングに使えるよ

Date:2017.04.09

誰でも一度は作ったことがあるであろう、毛糸のポンポン。

私自身も小学校時代にハマって作ったものです。

今回はアノ毛糸ポンポンを大量生産しちゃいます!

お部屋の飾りつけはもちろん、沢山配りたいプレゼントのラッピングにも。

半端に残って困った毛糸の処理にも最適。

所要時間はたったの5分です。

超簡単だから、ぜひぜひ試してみてね!

使用した材料リスト
毛糸
ハサミ
肘掛け付きの椅子

グルグル巻きつけて、カットするだけ

さてさて、早速やってみるよ。

まずは、椅子。

今回は、この椅子の肘掛け部分を使います。

肘掛けじゃなくて脚でもOK。

しっかりした二本の棒が、欲しいだけ。

お好きな色の毛糸を、グルグル。

最初の所は結んでおくと、解けてきませんよ(ゆるめで大丈夫)!

一色でグルグルするもよし、他の色を足すもよし。

私はピンク→黄色→オレンジと、グラデーションにして巻いてみました。

ここで沢山巻けば巻くほど、ミッチリとしたポンポンになります。

思う存分巻きつけたら、

短く切った毛糸を結びましょう。

二度と解くことはないので、ギュギュっと硬めに堅結び。

8cm程度(テキトウ)間隔で、同様に結びます。

藁苞納豆にしか見えない…!

結び目と結び目の中心あたりをハサミでジャッキリと。

躊躇わずにいきましょう。

大きめのハサミが切りやすい。

隣も同じように切れば、はい、ポンポンになりました!

どんどん切れば、どんどんできる。

楽しくなっちゃったから、もう一種類。

今度は緑→黄色。

さきほどより少なめに巻き、結ぶ間隔も短めに。

控えめポンポンの完成。これはこれでかわいらしい。

最後に飛び出した部分をカット。剪定しましょ!

完成!

ね、あっという間でしょ?

あっという間だけど…

モリモリモリモリ…こんなに沢山できちゃった!

簡単なラッピングに使っちゃおう

ちょうど結んだヒモが二本、出てるでしょ?

だからラッピングにもそのまま使えちゃいます。

大きさが違うポンポンをひとつずつ、結ぶだけ。

毛糸の端は、そのまま垂らしておいても可愛いアクセントになるよ!

ただのビニールの上を結んだだけでも、ちょっとお洒落感出るでしょ?

沢山作って、使ってみてね!

思い立った5分後にできちゃうラッピング法、ぜひぜひお試しくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント