• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットも筋トレも勉強も、継続させるコツは「プチ」にあり!

Date:2015.03.15

shutterstock_138381611_「1ヶ月-5kgのダイエットに成功してモテボディになる!」「1ヶ月10冊の本を読んで知的女子になる!」など、何かを始めるときは、少々大き目の夢と理想を掲げたりもするわけですが、多くの女性はあっという間に挫折してしまいます。

学生ならまだしも、ただでさえ、仕事に家事に育児にと忙しい大人の女性。日常プラスアルファに注げる時間もエネルギーも、十分に残ってはいないのです。大きすぎる理想を追いかけても、すぐに息切れしてしまって当然です。

ここはひとつ、力を抜いて。飛ばし気味に頑張って、いきなり大きな見返りを求めるのはやめにして、毎日少しずつ、プチレベルの頑張りを継続させることをおすすめします。

「プチ」のおすすめポイント

日常的に、ほんのちょこっと頑張るだけの「プチ」頑張り。もっとやりたい!とはやる気持ちを抑えて、プチレベルに留めておくことで、やる気を持続することができます。

【プチ頑張り効果】
・時間的にも、労力的にも小さくてすむので、習慣化させやすい
・挫折しないので、次へと頑張る気持ちが続く
・手軽に達成感を得ることができる
・プチ達成感でもやる気ホルモン「ドーパミン」が分泌!さらにやる気に!
・プチサイズの成功でも成功は成功!できるオーラ輝く美しい女性に!

実際、どんな「プチ」の頑張り方があるのか、例を挙げてみましたので、参考にしてみてください。

プチダイエットで痩せる体質に

太らないために、痩せる体質になるために、日々ちょっとした工夫を食生活に取り入れるプチダイエットには、実にさまざまなものがあります。

・咀嚼回数を増やす
・ながら食べをしない
・油を落とす、減らす、薄味にするなど調理法で工夫
・野菜、汁物から始まり、おかず、最後にご飯など、食べる順番に気をつける
・大皿に盛りつけない
・「あともう一口」を我慢する
・おやつは甘いものはやめてナッツ類にする
・18時以降は何も食べない

他にもまだまだ痩せるための一工夫はたくさんあります。自分の性格・生活習慣にあった、続けやすいものを探してみてください。

プチ断食で体の中からきれいに

痩せる効果のほかにも、便通が良くなったり、肌がきれいになったり、デトックス効果も期待できるプチ断食。体の中からきれいにすっきりしたい人におすすめです。

1日1食だけを抜く

毎日継続型の、軽く胃腸を休めるタイプのプチ断食。

・1日1食、朝食だけを抜く
・抜いた食事の代わりに生姜紅茶や野菜ジュース、果実ジュースなどを飲む
・昼、夜の2食は通常通りの食事

元々軽い食事である朝食を抜くだけでいいので、継続しやすいです。

エネルギー不足な人は、紅茶にハチミツや黒砂糖などを入れるなど、体調に合わせてメニューを考えると良いようです。

週末だけプチ断食

もう少ししっかりと内臓を休め、デトックス効果を強めたい場合は、週末に丸1日断食する週末プチ断食がおすすめ。

土日がお仕事お休みの人向けメニューです。

土曜日を丸1日絶食するのですが、

・前日金曜の昼は通常ご飯の八割、夜は半分
・翌日日曜の朝は御粥、昼・夜は通常ご飯の半分
・さらに月曜の朝も腹八分

断食当日、いきなり絶食して終わりなのではなく、その前後の食事も調整する必要があります。

その他の注意としては、

・水分はしっかりと多めに摂るように
・断食当日は激しい運動を避けるように
・水分はお水のみ。アルコール厳禁!

体が弱っている人、成長期の子供、体力のないお年を召した方、妊婦さんはやらないように。元気な人も体の様子を見ながら、無理のない範囲で行う必要があります。

プチエクササイズで運動習慣を

ウォーキングやジョギング、ヨガやスクワットなど、「さあ、運動するぞ」と気合が必要なものは、運動に不慣れな人にとっては継続も難しいもの。

そこでおすすめなのが、日常の中のちょっとした時間を利用したプチエクササイズです。

通勤時間にプチエクササイズ

通勤時間を何もしないで過ごすのは、とても勿体ないもの。わざわざエクササイズの時間を取らなくても、こういう時間を利用したいものです。

・エスカレーターは使わず階段で移動
・電車の中では空いていても立つ
・つり革を支えにつま先立ち
・座った場合は、足を浮かせたり、そっと上げ下げなど
・鞄は、腕をしっかり伸ばして、体から少し離して持つ
・車を利用する場合は、入り口から遠い場所に停めて、歩く距離を増やす

筋力がない人は、電車の中でつり革を持たずに、姿勢を正しくバランスを保って立っているだけでも、十分運動になります。自分の体力・筋力にあったプチエクササイズを見つけてみてください。

オフィスでプチエクササイズ!

会社の雰囲気にもよりけりですが、できるようなら、仕事の合間にプチエクササイズに挑戦してみてください。気分転換にもなり、仕事の効率も上がるかも!

【デスク編】
・姿勢正しく座った状態で、足を上げ下げ
・さらに、ひざにタオルなどを挟み、足を浮かせる
・回転する椅子を利用して、ウエストをひねる

【その他】
・コピー中などの待ち時間には、立った状態で踵を上げ下げ
・昼食は遠くの店まで食べに行く、買いに行く。早歩きで

人目が気になりできない場合は、ただ「背筋を真っ直ぐ」を意識するだけでも。頭から腰までをピンと伸ばして正しい姿勢をキープするだけでも、十分エクササイズになります。

家の中でのプチエクササイズ

家での生活の中にも、工夫をすれば、エクササイズを取り入れることができます。

・テレビやエアコンなどのリモコンは使わない、手元に置かない
・床掃除はモップを使わずに、雑巾がけにする
・背伸びしなければ届かないような、高い場所の掃除も意識して増やす
・キッチンでよく使うものを、しゃがむ場所、背伸びして届く場所に振り分けて配置
・テレビを観ながらストレッチや腹筋をする
・電子レンジがチンと鳴るまでつま先立ちで待つ、スクワットする
・常に腹式呼吸を意識する

この隙間時間にはこのエクササイズを、と自分でルールを決めておけば、改めて時間を割くことなく、運動を日常に取り入れていくことができます。

プチ学習で知的美人に

勉強といっても、語学や資格試験の勉強から、一般常識や政治・経済、頭の回転を速くするための脳トレなど、実にさまざま。

勉強を続けるのに一番大切なのは、興味の度合い。自分が知りたい、わかりたい、勉強したい、と思えることを始めるのが一番です。

・新聞を読む
・「?」と思ったことはその日のうちに辞書やネットで調べる
・通勤時間や病院の待ち時間など、空いた時間に本を読む
・家事をしながら、英語など勉強したいものの音声データを聴く

プチ掃除でお部屋美人に

掃除嫌いな人も、仕事や育児に追われてゆっくり掃除する時間がない人も、隙間時間を利用してプチっとお掃除。いつもきれいなお部屋美人を目指したいですね。

・お湯が沸くまでの間、コンロ、流し周りの拭き掃除
・電子レンジ待ち時間に、レンジ周り、周囲の食器棚やテーブルの拭き掃除
・二階へ行くついでに、階段、手すりの拭き掃除
・洗顔・歯磨きのついでに、洗面台の汚れをさっと拭き掃除
・雨戸やカーテンを開けるついでに、窓をさっと拭き掃除
・テレビのCM中に自分の座っている場所周辺の片付け

行動範囲から外れた場所は、洗濯機の脱水待ち、乾燥待ちの間の時間に、ササッと出張プチ掃除をするなど。

毎日の暮らしの中にプチ掃除を取り入れて、汚れをためない生活を。突然の来客にも安心ですよ。

「プチ」も少しずつ

いろいろな「プチ」を紹介しましたが、自身の生活に取り入れられそうなものは見つかったでしょうか。目的・好み・生活スタイルは人それぞれ。自分のできそうな「プチ」を、ぜひ探してみてください。

ただ、いきなりたくさんの「プチ」を取り入れようとしても、ぐったりと疲れてしまいます。ほんとに小さなことを、まずはひとつだけ。そのひとつが当たり前のようにこなせるようになり、日常化できたら、そこでまた、新たな「プチ」を取り入れていきましょう。

頑張り屋な人は、無理しても頑張ろうとしてしまいがちですが、長く続けるには、無理は禁物。こんな簡単でいいのかな?と思うくらいのレベルからスタートして、徐々にレベルアップしていってください!

この記事をシェアする

関連記事