• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

血管を-5歳若くしてお肌のくすみとサヨナラする方法

Date:2013.08.07

>

お肌のくすみ・・・その原因は血流かもしれません

なんだか顔色がさえないみたい、お肌がくすんで見えるような気がすると思う時はありませんか。原因として考えられることに、日頃の疲れが蓄積し、血流が悪くなっている場合があります。

顔の血流が悪くなると、肌本来の赤みがなくなり、肌色が黄色や黒っぽい印象になってしまうのです。さらに、皮膚の代謝にも悪影響を及ぼすため角質が固くなったり、色素沈着を引き起こしたりすることもあります。

また、目周辺の皮膚は薄いため、充分な睡眠が取れないときは顔の静脈が浮き上がり、クマになってしまうこともあります。このような血流の悪さがお肌のくすみの原因になってしまうなんてちょっと意外だと思いませんか。

血流が悪くなる原因とは?

では、なぜ血流が悪くなってしまうのでしょうか。血流が悪くなる原因が分かれば、くすみを改善することができるかもしれないのに、、、ということで、血流が悪くなる要因を調べてみました。

  • 仕事や家事、育児による疲れの蓄積
  • 質の良い睡眠が取れていない(眠りが浅い、睡眠時間が短い)
  • たばこや飲酒、食生活の乱れ
  • 慢性的に身体が冷えている

このあたりが血流の悪くなる原因ではないかと言われています。いずれも血流が悪くなると交感神経が活発に働き、血管を収縮させていることがわかっています。

顔の血流が良くなる方法ってないのでしょうか!?

では、どうすれば血流が良くなるかご紹介していきましょう。まずは、お顔のマッサージです。

お肌に優しくて香りの良いオイルを選んで、毎日ゆっくり軽く顔全体をほぐすようにマッサージをしてください。そして、マッサージのあとに蒸しタオル(レンジで1分加熱したもの)で顔を覆いしっかり毛穴を開かせてみましょう。

その後冷たい化粧水などで毛穴を敷きしめるとさらに効果的ですよ。マッサージをするときの注意点として、強い圧を加えると肌が傷みシミや小じわが悪化することになりかねませんから、気をつけてくださいね。

マッサージの他にも有酸素運動を取り入れたり、入浴時に身体の芯からしっかり温めることも効果的です。

また、とことん改善したい場合は、美容クリニックのレーザー療法を取り入れてみるのもいいかもしれません。

レーザーはお肌を傷めずに血流を良くする効果もあり、メラニンを壊していくことで美白も間違いなしですし、コラーゲンを作り出す作用もありますから、たるみにも効果的なのです。

「お肌のくすみ」一番大事なことは毎日の生活にヒントが隠されていました!

とはいえ、仕事や恋や女子力アップや育児や・・・みなさんとっても忙しいライフスタイルを送っている女性ですから、なるべくお金や時間をかけずにキレイになりたいと思っているはずですよね。

ここまで血流のお話をしてきましたが、血流が悪い人は、血管がかたいことがわかっているのです。ということは、血管をほぐしてあげるような生活を心がけると、お肌のくすみが大きく改善されるというわけです。

でも、血管って筋肉と違ってマッサージしたりできませんよね。じゃあどうするの?と思われたと思いますが、ここは「食生活」を整えていっきにキレイになりましょう。

くすみの改善に直結する食べ物は、血流を良くする青魚、食物繊維をたっぷり含んだきなこ、干しシイタケ、納豆、ごぼうなどを積極的に摂取してみましょう。さらに有酸素運動を加えるともっと効果があかります!

さあ今日からいっしょに血管を-5歳若返らせる計画を始動して、お友達を驚かせてみませんか。

この記事をシェアする

関連記事