• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚への第一歩!彼氏の両親へ挨拶に行く時に気を付けたいマナーとは

Date:2014.01.18

いよいよ、付き合っている彼氏との結婚話が出て、両親への挨拶に行くことに!こんな時、浮かれる反面、とっても緊張してしまいますよね。

でも、これだけは気を付けておきたい、というマナーをしっかり覚えておけば、自分の立ち居振る舞いに自信を持つことが出来ますから、無駄に緊張することも防げます。

ここでは、今まで彼氏の両親に一度も会ったことがない女性が挨拶に行ったとき、起こりがちなシーンを想定しながら、その場に合わせたマナーを紹介していきます。

手土産は必須!ご両親の好みを考慮して

挨拶に伺う時は、やはり手土産は必ず持参するようにしましょう。特に、家を訪れる場合、ご両親もお茶やお菓子の用意をしてくれていることが想定されますから、何も持って行かないのは失礼になります。

彼氏に、ご両親の好みを聞いておき、喜ばれそうなものを用意しましょう。もちろん、彼氏に一緒に選んでもらうのも良いと思います。一般的には、お菓子が無難です。

高価である必要はなく、二千円前後の菓子折りでも構わないですが、そのまま渡すのではなく、お店で手土産用の袋を付けてもらうなどして渡すのが好ましいです。

のしは特に付けなくても良いのですが、付ける場合は、外のしで「御挨拶」とし、下に名前を入れます。

時間は厳守!ただし早すぎるのもNG!遅れる場合は必ず連絡を

約束の時間は必ず厳守するようにしましょう。もし、早く着きすぎてしまっても、ご両親にバタバタさせてしまうといけませんので、近くで時間を潰すようにすると良いですね。5分ほど前に伺うのが好ましいでしょう。

万一、遅れる場合は、必ず連絡を入れるようにしましょう。最初から、遅刻をして連絡も入れないということで、マイナスイメージを与えてしまってはもったいないですよ。

コートや靴に関する意外と誤解している玄関でのマナーに注意!

いよいよ、ご両親にお目にかかるという時、玄関での誤解されがちなマナーに注意しましょう。まず、コートなどを着ている場合は、家の中に通されてから脱ぐのではなく、玄関の外で脱いでおくのが本当のマナーです。

ですから、チャイムを押す前に脱いで、腕にかけたような状態にしておきましょう。ドアが開いたら、「はじめまして」と、名前を名乗って頭を下げ、「おじゃまいたします」など軽い挨拶を交わしてください。

次に、玄関に通されて靴を脱ぐ時は、後ろ向きになってはいけません。そのまま、室内の方を向いたまま靴を脱ぎ、上がってから、靴に対して若干斜めの角度でしゃがみ、靴を揃えてください。

このようなことも踏まえ、着脱しにくいブーツや靴、しゃがんだ時に下着が見えてしまいそうなトップス、ミニスカートは避け、年配の方にも好感を持たれる清楚な服装にしましょう。

部屋に入ってからはどうすれば?

お部屋に通されたら、改めて、「今日はお時間を取っていただきありがとうございます。よろしくお願いいたします」などと挨拶し、「こちら、お口に合うと良いのですが」という感じで手土産を渡します。

応接間であったり、リビングであったりそれぞれですが、「どうぞ」と場所を示されてから座るようにしましょう。この時、「失礼します」と添えられると尚良いでしょう。

改めて自己紹介や、結婚の話の切り出し方は?

いよいよ、着席したら、何をどのように話せば良いのか戸惑ってしまわないように、事前に彼氏とある程度の話の進め方など、打ち合わせはしておきたいところです。はじめは、改めて、自分がどのような人物なのかを分かってもらうための自己紹介となるでしょう。

ご両親の方からも、いろいろと聞きたいことがあるでしょうから、自分から急いでたくさんのことを話すよりも、ゆったりとしたテンポで上品に、会話のキャッチボールをするつもりで話を進めていくと良いですね。

結婚の話についてですが、切り出すのは、彼氏にお願いした方が女性らしく無難であると思います。

敬語・謙譲語や丁寧語で正しい話し方を心がける

言うまでもなく、話し方には注意をしたいところです。敬語、謙譲語などごっちゃになっていないか、自信がない方は、今一度正しい言葉の遣い方をチェックしましょう。

どんなにご両親がフレンドリーな対応をしてくださったとしても、初対面から自分もタメ口になるなどは、大人の女性としては控えたいところです。

ご両親の前で彼氏のことを話す時の呼び方に注意

彼のご両親の前で、彼のことを話す時、普段は愛称や名前で呼び捨てしていたとしても、この場は「さん付け」で呼ぶのが無難でしょう。いきなり、変わった愛称など普段通りの呼び方をしてしまうと、不快に感じるお母さんもいらっしゃるかもしれません。

また、彼のどのようなところに惹かれたのかなど、プラスの話題は好感が持てますが、彼や二人のお付き合いに関してのマイナスな話題(彼のことで悩んでいることなど)は、挨拶の時は避けた方が良いですね。

話せるとしたら、かなり仲良くなってからでしょうか。今回は、結婚をしたいという意志を伝え、認めてもらうための挨拶に来ているのだということは忘れないようにしましょう。

その上で、結婚するに当たって何かご両親に相談したいことがあるのでしたら、まずは彼氏にも了承を得ておくことが望ましいですね。

この記事をシェアする

関連記事