• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚すれば幸せ!は幻想かも。結婚生活のデメリットやその真実

Date:2013.04.12

恋人と早く結婚したがる女性の中には「結婚すれば安心できるから」と思っている女性も少なくないでしょう。お付き合いをしている状態では、いつ別れがくるか不安。

でも結婚してしまえばそう簡単に別れられない、子どもでもできればなおさら別れられないだろうという考えから、早く結婚したいと思うのですね。

しかし、残念ながら結婚してもその不安は100%解消できるものではありません。結婚しても別れるときは子どもがいても離婚になります。さまざまなしがらみで離婚できなかったとしても、心が離れている夫婦生活はとても寂しいもの。

結婚すれば安心できる、ということは現在は不安な状態、ということでもあります。そんな状態で結婚しても幸せになれるかどうか分かりません。結婚は安心の材料にはならないということをしっかり認識しましょう。

結婚で心までは縛れない

結婚をしても心がその人だけのものになるとは限りません。どのような状況でも、心は自由です。ただ、人には理性がありますから、他の人を好きになっても既婚者である場合は独身者のような行動を取らないだけです。

それでいい、というのなら結婚は意味のあるものです。旦那さんが毎日自分のところに帰ってくれば、心が他にあってもそれでいい、と思うのであれば、です。

しかし、心がそこにない状況は結婚する前の不安と同じです。それどころか、結婚もしたのに心が自分のところにないなんてもっと寂しくなるかもしれません。

結婚しても旦那さんが浮気をすることもあります。結婚という形をとっても、心が自分のものになるわけではないのです。

無理な結婚は孤独になる

結婚をすると、彼と自分だけではなくその家族とのお付き合いも始まります。特に舅、姑との関係は良好であればいいのですが、トラブルがあったとき、旦那さんが味方になってくれないと孤独になります。

結婚して孤独を味わうのですから、結婚なんてしなければよかったと思うこともあるでしょう。

男性の経済力によっては不幸になる

専業主婦になる場合、家のローン、車のローン、電気、ガス、水道、携帯電話、食費、さらに化粧品代や彼の服代など旦那さんの給料ですべてをまかなっていかなければなりません。

二人で働く場合でも、今までのように自分のお給料をすべて自分で使うということは、旦那さんの稼ぎによります。

旦那さんの稼ぎが少ない場合、自分がその分を働かないと贅沢はできなくなるかもしれません。旦那さんの経済力次第で、楽な生活になるか、切り詰めた生活をするかが決まることがほとんど。

お金がなくて生活にも困ることがあれば、ケンカも増えるでしょう。愛情も見えなくなってしまうかもしれません。結婚生活は愛情だけではやっていけないのです。

相手の両親も自分の親になるということ

結婚したら相手の両親の面倒もみなければなりません。彼が次男でも、必ずしも長男がみるとは決まっていません。

もしかしたら同居になることもあるかもしれません。結婚前に同居はしない約束なんてしても、状況が変われば同居をせざるをえない場合もあります。

それを拒めば、冷たい嫁と相手の家族から非難され、承諾すれば自分が苦労をする、ということもあります。

結婚したら彼に幻滅することも

結婚は生活ですから、お互いの考えや本音、本性が現れてきます。恋人同士のときは気前がよかった彼が結婚したらケチだということが分かった、とか、脱いだら脱ぎっぱなし、ドアは開けっぱなし、だらしなさが目につくようになった、亭主関白だなんて知らなかった、などさまざまなことが出てくるでしょう。

あんなにカッコ良く決めていた彼が、家では顔もあらわずにだらしない格好で平気でいる、という姿も見ることになるかもしれません。

またはマザコンだったり、中には暴力をふるう男性だっているかもしれません。結婚はその人の本当の性格を見て、それを理解し、一緒に生きていかなければならないということです。

自由に行動できなくなる

結婚したら自由行動が制限されることになります。友達と食事に行っても夕ご飯の時間までには帰らなくてはいけません。昼間時間があるからと一人で遊びに出かけてばかりいると、旦那さんからクレームがつくかもしれません。

また実家に頻繁に帰っていると、近所の人に「出戻りするの?」と言われたり、姑にいい顔をされないこともあります。行動はできても、精神的に制限させられることが増えます。夢のような結婚式が終わった後にやってくるのが、このような現実です。

この記事をシェアする

関連記事