• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚相手として彼はどう?チェックするには「悩み相談」が一番!

Date:2015.01.22

shutterstock_124715176_

付き合っている彼と結婚を意識したときに、「この人で本当に大丈夫かな?」と思うことはよくあります。そもそも、結婚前に見えている彼の性格なんてほんの氷山の一角。

実際に結婚生活を送り、夫婦に様々なトラブルが起きて初めて「この人はこんな人だったのか!」と驚くこともあるのです。

良い驚きなら嬉しいのですが、失望や後悔につながる意外な一面を、結婚してから知ることになっては大変です。そうならなくて済むよう、結婚前にできるだけその人となりを知っておきたいところ。

共に暮らす前に、相手の本質を知ることは容易なことではありませんが、少しでも多く彼の性格を知ろうとするなら、「悩み相談」を持ちかけることをお勧めします。できるだけ、たくさん、いろんな種類の悩み事を相談してみてください。

「悩み相談」でわかること

男女が恋愛関係に発展するパターンとしても、「悩み事を相談しているうちに」はよくあること。お互いの思いや考え方、相手がどれだけ親身になってくれているかなど、わかることはたくさんあります。

性格を知る

悩み事をたくさん相談することで、いろいろなシチュエーションでの彼の考え方を知ることができます。

・恋愛相談
・友達関係の悩み相談
・仕事仲間や先輩・後輩などの人間関係の悩み相談
・仕事の内容、スキルアップ、転職などの悩み相談
・家族についての悩み相談
・結婚、出産などについての悩み相談

できるだけ、異なる種類の相談をたくさん投げかけてみてください。特に自分が知りたいと思う分野については、深く掘り下げた質問をしたりと、とことん彼の意見を聞きだしてください。

大切なのは、彼の意見をたくさん聞くこと。彼に語ってもらうこと。自分の意見を言いすぎたり、彼の意見が気に入らないからと話の腰を折ったりしてはいけません。彼が話しやすいように受け身の姿勢で聞いてください。

得意分野を知る

恋愛の悩み事にはやたら饒舌なのに、仕事関係になると途端に口数が少なくなったり、浅い返答しかできなくなったり。その逆だったり。人によっては、得意分野や興味のある分野が偏っている場合もあります。

得意不得意に偏りがあるタイプなのか、どの分野が得意なのか、苦手なのか、興味があるのか、興味がないのか、彼のアドバイスの内容や話を聞いてくれるときの姿勢などをよく見てチェックしてみてください。

自分が重きを置いている分野について、彼の興味や知識の在り方がどうなのかを知ることも大切なことです。

人としての深みを知る

人生経験が豊富かどうかは、いくつか悩み事を相談していくうちに見えてきます。

何を聞いても浅い答えしか返ってこない人は、人生経験自体が乏しい人。

もしくは、事あるごとに人に助けてもらい、自分では問題を解決しないで来てしまった人、挫折を知らない人。辛い経験をしてもしっかりと向き合わず、嫌なことからは目を背け、深く学ばずに来た人。

経験自体が少ない人は、今後、経験を積み重ねるうちに深みのある人へと変わってゆくことも考えられますが、いくら経験を積んでも変わらない人は、逃げ癖や、責任回避癖がついているのかもしれません。

若い男性の場合はまだ経験が少ないということもあるでしょうが、三十代になっても人としての深みがないということは、この先どんなことが起きても成長しないということなのかも。

嫌なことからは逃げ、背を向け、思い出したくないことはすぐに忘れてしまう人。経験から何かを学ぶということができない人であるのかも。

適当なこと、浅い発言ばかりする人は、注意が必要です。

「悩み」がなくてもどんどん「相談」

相談しようにも、そうそう悩みなんてないという人も中にはいるでしょう。また、悩み事は自分で解決したいという自立心旺盛な女性もいることでしょう。

そういう人は、今、本当に悩んでいることじゃなくても良いのです。悩みを解決することが目的じゃないのです。相談に乗ってもらう議題がほしいだけなのです。あちこちから引っ張り出してきましょう。

過去の悩みを持ち出す

以前の悩みを今現在の悩みのように話すも良し。嘘が嫌な人は、「昔、こんなことで悩んでいたことがあって」と過去話として話し、「あなたがあの場にいてくれたら、どんなアドバイスをくれた?」と聞くも良し。

当時のあなたはどうしたのか、今のあなたはどう思うのかなども一緒に語り合うことで、彼にもあなたの考え方を理解してもらう良い機会になるでしょう。

他人の悩みを持ち出す

友人の悩みでもいいし、友達の悩みをバラすのが嫌なら、どこかで仕入れた話(ネットの悩み相談やテレビの情報、ドラマや小説、漫画ネタなど)でも構いません。

他人の悩みを自分の悩みとして話すも良し、「友達がこんな悩みごとを抱えているんだけど」と架空の友達を設定するも良し。

自分の悩み事というのは結構、似たり寄ったりな内容であることも多いもの。時には、自分が悩みそうにないテーマの悩み事を持ち出し、話を振ってみましょう。

未来の悩みを持ち出す

結婚後に抱きそうな悩みを、友達夫婦の悩み事のように持ち出してみるのも良し。例えば、浮気、育児、結婚後の仕事など。

まだ二人の前には訪れていない出来事でも、結婚生活をシミュレーションして、知人夫婦の悩み相談のように「こういうことがあったんだって」と相談してみると良いでしょう。

「あなたがその旦那さんだったらどうする?」と意見を聞いてみることで、将来の夫としての考え、父親としての考えを聞きだすことができるかもしれません。

いろいろな心で相談

甘えた相談、くじけそうな心で相談、強気な相談、など。優等生すぎる相談ばかりでなく、時には叱られるような相談もしてみてください。いろいろなタイプの相談をぶつけてみれば、相手の心の豊かさもよくわかるでしょう。

いつも肯いてばかりもだめ。励ますばかりもだめ。甘えた質問には渇を入れる、時に厳しい意見も言う!叱ることはエネルギーのいることです。嫌われる恐れもあります。

それでも、ダメなことはダメと厳しく叱ってくれる人なら、あなたのことを大切に考えてくれているということ。最終的に建設的な意見を、具体的に言ってくれるようなら完璧です。

こんな人がおすすめ

結婚には相性があるので、おすすめの性格が決まっているわけではありません。ただ、二人で長い結婚生活を乗り越えて行くには、人として望ましい姿勢のようなものは共通してあるように思います。

責任が取れる人

さまざまな出来事を自分で乗り越えてきた経験を持つ人は、この先もどんなトラブルに見舞われても逃げません。己の弱さを知った上で強さも身につけています。人の弱さがわかる分、人にも優しく、悩み事にも適切なアドバイスをくれるでしょう。

結婚すれば、子育てなど、二人で前向きに問題解決しなければいけないこともでてきます。自分のことは自分で解決するから夫は頼りなくてもいいという自立した女性であっても、子供ができると微妙に考えが変わってきます。

ちっとも頼りにならない父親、いつも責任逃れをする父親、そんな父親で良いのだろうかと、子供ができて初めて気づく人もいるのです。人として尊敬できない夫を我が子の父として認められない…。

子供ができたことをきっかけに不仲になる夫婦が意外に多いのは、そんなところに原因があるのかもしれません。

未来の我が子のためにも、責任感のある、人として尊敬できる人を見極めたいものです。

賢い意見が言えなくてもいい

悩み事を相談しても、役に立つアドバイスが返ってこないからといって、その男性が結婚相手として相応しくないというわけではありません。的確なアドバイスがもらえるなら、それに越したことはありませんが、賢い意見が言えない人の中にもおすすめの男性はいます。

常に明るく前向きだとか、体を張って守る姿勢がみられるとか、全力でぶつかってくるその思いの強さは伝わるとか、心を動かす何かがあれば良いのです。

人の深み・薄っぺらさは、頭の良し悪しで測れるものではありません。表現が下手でも、問題に真っ向から向き合い、面倒なことでも逃げ出さないでいてくれる人であれば良いのです。

実はただの聞いてるフリ!?

愚痴を言ったり、悩み事を打ち明けたりしたときに、うんうん、と優しく肯いて聞き役に徹してくれる彼の態度には、とても癒されます。

あまりに心地良いので良い彼なのだと判断してしまうかもしれませんが、肯いて聞くばかりのその姿、実は話の内容を軽く聞き流しているだけという場合も中にはあるのです。

うまく聞き流している男性は、結婚後はろくに話を聞いてくれない、向き合おうとしない夫になる危険性大です!

うわべだけの優しさや、頭をポンポンされたり、ハグされたりすることにごまかされることなく、彼の瞳の奥をじっと覗いて、しっかりと本質を見極めてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事