• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚の理想と現実。女性の結婚年齢が遅くなってしまう原因とは

Date:2014.07.29

25歳までに結婚できない女性は売れ残り。バブル前後、女性の結婚年齢は25歳前が理想と言われてきました。現在の結婚年齢の平均は、女性30歳です。

漠然とながらも、○○歳までに結婚したいなと考えたことはありませんか?実際に結婚された方は、自分が理想としていた年齢で結婚することができたのでしょうか。

理想より遅れたが半数

結婚ということを漠然と考え始めるのが、20歳くらいの頃という意見が多く聞かれます。20歳は大人の節目ですし、同年代でも20歳もしくはそれ以前に結婚してしまう、知り合いもいるからです。理想だと思う結婚年齢は、実は”25歳”なのです。時代は変わっても昔からの価値観と、大きく変わらないことが、わかっていただけると思います。

ところが、実際にその年齢で結婚が決まったのは、ごくわずか。全体の半数以上の方が、それより後の年齢で結婚を決めているのです。なぜ自分の理想としていた年齢よりも、実際の結婚年齢が遅れてしまうのでしょうか。

周囲の影響

年々、結婚をするカップルの平均年齢は上昇しています。それは、周りの環境も大きく関係していると思うのです。親しい友人や、会社の同僚など同じくらいの年齢の人たちがいますよね。その人たちがまだ結婚していなければ、まだ自分も結婚しなくてもいいかなと、思わせてしまうのです。特に日本人は、周りと同じであることを望む傾向があります。

周りに結婚する人がちらほらで始めると、そろそろ自分もと結婚を真剣に考えるようになるのです。周りの友人、同僚たちの多くが未婚者だった場合、自身もその影響でずっと独身が続いてしまうかもしれません。

仕事が面白くなってきた

結婚の理想年齢を上げた20歳頃というのは、まだ社会に出ていません。そのため女性の幸せは結婚だと、思っている方が少なくはないのです。ところがいざ社会に出て、働いてみると仕事が段々と面白くなってきます。昔は企業に働く女性は、結婚までの腰掛という認識が強かったのですが、時代は変わりました。女性でも第一線で活躍している方が増えましたし、責任ある仕事も任せてもらえるようになりました。

ちょうど理想としていた結婚年齢の25歳は、仕事を覚えたての頃でまだまだ仕事を続けてみたい時期だと思うのです。

結婚すると、お子さんを持つことを考えますよね。女性の場合は出産により、一時的に仕事を続けられなくなります。

また例え復帰することができたとしても、育児が中心となりますので、今までのように残業してまで仕事をこなすことが難しくなってくるのです。仕事の面白さにはまってしまうと、結婚しなくてもいいかなと思わせてしまうのです。

金銭的な余裕ができた

仕事をすれば、お給料がもらえます。それは自分の好きなように、使うことができるお金です。それで欲しかった物を買う、海外旅行へ行く、趣味に費やすなど自分のためにそれを使うことができます。ところが結婚するとそういうわけにはいきません。旦那さんとの生活費に当てなくてはいけませんし、出産したら仕事を続けられなくなってしまい、無収入になってしまうかもしれないのです。

今まで自分のために使っていたお金が無くなることを考えると、結婚することが考えられなくなってきてしまうのです。

出会いがない

婚期が遅れてしまったのは、単に出会いがないからかもしれません。結婚するなら理想の相手としたい、と決めている女性も多いはず。しかしながら、選り好みしているとチャンスを逃しているのです。また出会いに関しても、婚活などに積極的に参加せず、自然な出会いを待ち続けていると、なかなかチャンスに恵まれなくなってしまいます。

結婚したい理想の年齢があるなら、実現するための努力が必要なのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事