• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

幸せを掴みたい!男性が結婚の決め手になることって一体何

Date:2016.03.28

shutterstock_295061159昨年末人気男性芸人や人気俳優の結婚報道が相次ぎましたが、お相手の女性が結婚できたのは歌手や女優などをする芸能人だったからではありません。

男性芸能人の中には、同じ芸能界に居る女性ではなく、一般の女性と結婚したケースも珍しくありません。

中には、芸能人である男性をファンとして追いかけていた女性も居ますので、芸能界と関わっていなくても結婚できる可能性はゼロではないと言えるでしょう。

しかし、ただ結婚したいという想いがあれば好きな人と必ず結婚できるわけではありません。

芸能人の男性だけではなく、一般の男性との幸せを掴むためには見えない所で努力する必要があるのではないでしょうか。

今回は、結婚の決め手について詳しくご紹介しましょう。男性が結婚を意識する女性とは、また結婚の決め手とは一体どんなことなのでしょうか

あなたは結婚の先に出産も考えている?女性の初婚年齢は年々上昇傾向!

男性の結婚の決め手を知ることは、結婚を身近に引き寄せる可能性を高めるでしょう。

内閣府の「婚姻・出産などの状況」によると、男性の初婚年齢は1980年からの30年間で3歳上昇しています。対して女性は、男性よりも1歳上で4歳も上昇していることがわかったのです。

2012年の場合の男性の初婚年齢は30.8歳、女性は29.2歳です。そこから出産を考えることになるので結婚だけではなく出産もしたい場合には、なるべく早いうちから結婚を意識し始めたほうが良いでしょう。

出生したときの母親の平均年齢をみると、2012(平成24)年の場合、第1子が30.3歳、第2子が32.1歳、第3子が33.3歳であり、前年に続いて第1子出産年齢が30歳を超えた。

上記のように高年齢でも出産する人は珍しくないですが、妊娠率は低下しやすくなると言われています。

しかし、結婚の決め手になると思っていたことが実は意味が無いということもありますので、次の項目で詳しくご紹介しましょう。

結婚の決め手になると思っていたら勘違い!意外と気にしないことはコレ

多くの女性は、外見に注意を払うことが結婚の決め手だと思って居るようですが、男性は意外と身だしなみは気にしていないようです。

結婚を考えてもらうためには、普段からおしゃれな姿で体のラインを気遣う生活をした方が良いと考える女性は多いでしょう。

そのために、結婚しても夫の前で綺麗で居るために脱毛やエステへ通う、メイクや服に流行を取り入れるなど考えている方も居るかもしれませんが、男性は女性の身だしなみで結婚を決めることはあまりないようです。

身だしなみよりも重要視されることは年齢だからです。小学館・女性インサイト研究所で面白い調査結果が出ました。結婚相手に選ぶならどっちという質問で下記のような結果が出てたのです。

身だしなみに気を使っている7歳年上の女性 42%
身だしなみにかなり無頓着な5歳年下の女性 58%

将来的に子供を希望する男性は、年齢が自分よりも若い女性に対して結婚願望を抱いて決め手にすることもあるようですから、結婚相手を探す際の目安にしてみてはいかがでしょうか。

男性が考える結婚の決め手はコレだった!決め手を10個知ってあなたも実践しよう!

日本の初婚率の平均に合わせると出産年齢も遅くなってしまいますし、身だしなみを整えていても結婚に近づくわけではありません。

ここでは、男性がどんな女性となら結婚したいと思っているかをご紹介します。男性が結婚の決め手にすることを知って結婚への近道を見つけてみてはいかがでしょうか。

決め手1 食に関して問題が無い

結婚すれば独身時代のように外食する機会は減り、家で食べることが増えるでしょう。「自分は和食が好きだけれど彼女は洋食好き」というように、食べ物に関する好みが違う場合には食に関することが問題になることがあるかもしれません。

しかし、食の好みが同じで彼女の作る料理も美味しくて問題が無い場合には、食が結婚の決め手になるようです。

もちろん、料理を作らないことを結婚の条件として毎食外食でそれぞれ違うものを食べることもできるでしょうが、結婚し育児や家事に忙しくなる、家計が苦しくなるなど外食することが難しくなる場合もあるでしょう。

食の不一致による別れにならないように、好きな男性ができたらまず胃袋を掴みましょう。男性は食事の中でも特に手料理に弱く、一人暮らしの男性の場合は手作りを好む傾向にあります。

外食に慣れている有名芸能人と結婚した女性には料理上手が多いという報道もありますので、好きな人の好みの味を調べた上で料理に励んでみてはいかがでしょうか。

決め手2 両親と仲良くできる

結婚すれば一緒に年齢を重ねていくことになりますので、今だけではなく将来像も見据えた付き合いをしていくことになります。好きな男性の両親や兄弟などとの付き合いも増えていきますので、結婚前から仲良くしておくことをお勧めします。

両親や兄弟などの家族と仲良く過ごすあなたを見て、「この人なら自分だけじゃなく親も大事にしてくれそうだ」と思ってもらうことができれば、それが結婚の決め手になることもあります。

高齢化によって両親の介護や世話などもしてくれる女性を妻に迎えたいと思う男性が年々増えているようですから、彼氏だけではなくその家族とも付き合っている時から仲良くしてみてはいかがでしょうか。

決め手3 約束を必ず守る

約束を守ることが結婚の決め手になることもあるようです。

日本全国を激震させた某ミュージシャンの男性は、「デートは家ですること」、「付き合っていることは口外しないこと」など付き合うことになった場合にはその女性に幾つかの約束をさせていたそうです。

なかなか守り切れる女性は居なかったようですが、結婚相手になった女性だけはこの約束を全て守っていたようで、これが結婚の決め手になったと話題になりました。

約束は恋人同士だけではなく、友達や家族間でも重要視される部分です。守ることが難しい約束でも努力して守り切ることで結婚へ近づくこともありますので、約束は必ず守ることをお勧めします。

決め手4 運命を感じる

最近結婚した大物お笑い芸人さんは、出逢った瞬間に運命を感じたと話していました。ビビビと来たという表現もありますが、その芸人さんは「あれ?」と何か不思議な気持ちになったそうです。

付き合っている間に決め手を見つけるのではなく、付き合う前に運命を感じてそれが決め手になるというケースもありますので、付き合ってすぐに結婚の話が出す男性の場合にはこちらが努力しなくてもスムーズに結婚へ移行できるようです。

決め手5 理想の女性

好きな人の理想の女性になることも結婚の決め手です。結婚相手として考える理想像は人それぞれ違いますから、好きな人ができた時や彼氏と結婚を考え始めた時にはさりげなく、理想の女性について聞いてみると良いでしょう。

中には「好きになった人が理想の女性」という男性も居ますが、そうは言っても自分より背が低い女性が良い、ノーメイクでも可愛い女性が良い、綺麗好きな女性が良いなど何かしら譲れない部分があるものです。

男性の理想とする女性像をなるべく早い段階で知り、結婚の決め手になるように努力してみてはいかがでしょうか。

決め手6 素を見せることができる

結婚すれば仕事で辛いことがあった時や悲しいことがあった時、疲れた時など色んな自分を見られてしまいます。素の状態を見せることを躊躇う相手であれば、結婚しようという気持ちにはなりにくいでしょう。

しかし、一緒にいると居心地がいい、素の自分を見せることができるという相手であれば結婚の決め手になるのではないでしょうか。そのためには、自分自身も彼氏の前でリラックスして過ごすことがポイントです。

緊張感や不安感など落ち着かない状態でデートしてしまうと彼氏にも不自然な印象を与えてしまい、素を見せにくい彼女になる恐れがありますから、彼氏が無防備な姿になれるような雰囲気作りを心がけてみてはいかがでしょうか。

決め手7 男性を立てる

男性は、女性に頼られる、尊敬されるなど立ててもらうことを好む傾向にあります。

一家の大黒柱である夫を内助の功で妻が支えるという時代劇で見るような光景を好む男性の場合には、上手に立てることができるかどうかを結婚の決め手にすることもあるのです。

男性を立てる方法は意外と簡単です。

  • デートや旅行の計画は自分で仕切らずに彼氏にお願いする
  • 蓋が動かない瓶を開けてもらう、重い荷物を持ってもらうなど女性には難しい力が必要な部分で頼る
  • 仕事や人間関係などで生じた悩みを相談する
  • 彼氏の友達や家族の前で大きな態度は取らず一歩引く

以上のように主張し過ぎず、決定を彼氏に託すことが男性を立てることに繋がります。

また、彼氏に何かしてもらった後は必ず労いの言葉や感謝の気持ちを伝えることも忘れないようにして、男性を立てることが上手な女性を目指してみてはいかがでしょうか。

決め手8 趣味が合う

結婚は生活を共にすることですから、趣味が決め手になることもあるようです。

例えば、お金のかかる趣味の場合には結婚後にパートナーから止めるように指摘される恐れがありますが、同じ趣味を持っていれば金銭面でもめることは無いでしょう。

男性が好きな女性と結婚を考える場合には、サーフィンやスノーボード、ライブ鑑賞などの趣味に興味や理解を示して一緒に楽しむことができるかどうかを決め手にすることもあるようです。

食わず嫌いという言葉があるように、自分が受け付けないと思っていることでも挑戦してみれば意外と楽しめるかもしれません。

また、自分の趣味に彼氏を巻き込んでも良いかもしれません。子供ができた後でも楽しめる趣味であれば、年齢を重ねても共に結婚生活を楽しんでいけるのではないでしょうか。

決め手9 逆プロポーズ

奥手の男性の場合には、決め手が何度目の前を通り過ぎても上手くプロポーズに活かせず結婚へと進めないこともあるようです。そんな男性には、確実な決め手をこちらから提示する方法もあります。

それは逆プロポーズです。プロポーズは必ずしも男性側からでなければいけないということはありません。草食系男子が増えているので、こちらから結婚したい旨を伝えることで男性の覚悟が決まるというケースも多いようです

ただし、この場合はタイミングをよく見極める必要があります。何度もプロポーズすれば挨拶のように気軽なことと思われかねませんし、付き合ってすぐにプロポーズしてしまうと重い女性になってしまうこともあるからです。

結婚の話題は出ているのに先が見えないという時や口下手な彼氏でプロポーズの勇気が出せない時などにこちらから逆プロポーズしてみてはいかがでしょうか。

決め手10 妊娠

付き合いが長くなると結婚を考え始めるものですが、男性の場合には先延ばしにしてしまう傾向にあります。

結婚の話題を振っても面倒なことだと相手にされず、「いずれはするけれど、今ではない」と結婚を濁す態度をとる彼氏の場合には、妊娠が決め手になるケースが多いようです。

妊娠によって将来像が明確に見えてプロポーズされ結婚する女性は珍しくありません。付き合いが短い場合でも子供が欲しいという願望が強い男性の場合にも決め手にすることがあるようです。

運命の男性を掴み損ねない!幸せを掴みたいならのんびり構えず行動しよう!

shutterstock_79607791
ご紹介してきました通り、結婚の決め手は様々ありますので、運命の男性を見つけたら手あたり次第試してみることをお勧めします。特に将来的に子供を欲しいと考えている場合には、高年齢出産や不妊治療など年齢的な面で苦労することも考えられます。

ワインであれば時間経過によって熟成され最高の味になりますが、カップヌードルの場合には時間経過によって麺は伸びて汁は無くなってしまい、楽しむことが難しくなります。

年齢に焦りを感じる方は、のんびり構えずあらゆる行動によって結婚の決め手を自分の力で作り出してみてはいかがでしょうか

この記事をシェアする

関連記事

コメント