• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今流行りのデザインとトレンドは?後悔しない結婚指輪の探し方

Date:2014.08.22

結婚式にかかせない儀式が、指輪の交換です。結婚する女性にとって、指輪は憧れの存在です。もしも結婚指輪を購入するなら、欲しいリングを漠然と考えている女性も多いのでは。一生に一度の記念品ですから、後悔しない物を選びたいですよね。

イマドキ結婚指輪のトレンドと、探し方について詳しくみてみましょう。

婚約指輪より結婚指輪

プロポーズされるときは、婚約指輪を贈ってほしい。と夢見る女性はまだまだ多いはず。ところが実際に婚約指輪を送っているのは、結婚するカップルの6割から7割程度にとどまります。

その理由は、経済的事情と実用的でないからです。昔は給料の3か月分を婚約指輪として、渡すのが一般的でしたね。現在は、それを購入しても平均20万円前後。平均所得が減っており、正規社員として働く男性の割合が減っていますから、それも仕方がないのです。

実用的でないところも、購入者減少の要因です。婚約指輪は、頂いてから身に着ける機会はほとんどありません。使う頻度が少ない物にお金をかけるくらいなら、毎日身に着ける結婚指輪にお金をかけたほうが堅実ですね。

婚約指輪を記念として購入するカップルもいらっしゃいます。しかしより真剣に費用をかけてでも選びたいのが、断然結婚指輪なのです。

エタニティリングが人気

女性向けの指輪は、ダイヤが入っているタイプが主流です。婚約指輪には大きなダイヤモンドが乗っていますが、結婚指輪には石が付いていないのが主流でしたよね。

婚約指輪が重視されなくなった今、結婚指輪は少し華やかなタイプが、人気を集めています。指輪の全面にダイヤモンドを敷き詰めた、エタニティリングを選ぶ方も多いです。

エタニティリングが人気の理由は、いくつかあります。一つは、どこから見ても指輪のデザインが同じ事。

毎日身に着けていると指輪が動くことがよくあります。本来は指の表側に出ているはずの石が、指の裏に来てしまう事も少なくありません。それをいちいちなおすのも面倒ですね。エタニティなら360度どこから見ても、同じデザインです。指輪が動いても、気にする必要がありません。

エタニティリングは、見た目が華やかです。それを付けているだけで、指が動く度にキラキラと光ります。女性はアクセサリーが大好きです。華やかで美しいものを見ているだけで、身に着けているだけで幸せを実感できます。

デザインもシンプルで、飽きません。年齢を問わず、長い期間愛用できます。おまけに他のアクセサリーとの相性も抜群ですから、いくつになってもずっと身に着けていることができます。

人気のデザインや素材

昔の結婚指輪は、シンプルなストレートタイプのリングが主流でした。最近の主流は、相変わらずシンプルですが。しかしちょっとウェーブがかかっていたり、デザインだけでもちょっとしたアクセントがきいている物が良く選ばれています。

オーダーメイドも人気です。自分たちだけのオリジナル指輪をカスタマイズしてくれるお店も、増えてきています。人とは違った結婚指輪が欲しいと言うカップルには、おすすめですね。

素材は、耐久性の高いプラチナが以前人気です。またプラチナの色に近いホワイトゴールドも、プラチナに次いで人気があります。

最近人気が出ているのが、イエローゴールドやピンクゴールドです。日本人の肌の色によく合うことで、結婚指輪でも選ばれる方が増えています。

結婚指輪の選び方

それでは、どうすればお気に入りの結婚指輪を見つけることができるのでしょうか。

最初に予算を決めておくと、選びやすくなります。婚約指輪よりもお手頃な価格で購入できますが、おおよその予算を決めておいた方が、商品が絞り込みやすくなります。

情報収集に力を入れましょう。結婚情報誌を見ると、おすすめの結婚指輪が掲載されています。それをできる限りたくさん見てみましょう。その中で気に入ったデザインの指輪が見つかったら、実際にお店に行ってみます。

写真では取り方によって、素敵に見えることもあります。実物を見てみたら、色やデザインもあまり好みではなかったということも。それを防ぐためにも、実物は必ずチェックします。

自分の指に合うのかも、重要なポイント。せっかく素敵なデザインでも、自分の指に合わないと言う可能性も。毎日肌身離さず身に着ける指輪だからこそ、自分にぴったりの品を見つけたいですよね。

お店をできるだけ沢山回ります。特定のブランドにこだわらず色々なお店を回って、指輪を見てみる、試着してみると、自分に似合うデザインや色使いの物が見つかりますよ。

後は予算と彼氏と相談して、納得のいく指輪を選びましょう。

この記事をシェアする

関連記事