• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「言い争いが少ない」のが健康の鍵!幸せな熟年夫婦の秘訣とは

Date:2013.11.01

より良い結婚生活を保つには「事なかれ主義」がカギ?

結婚したカップルには、様々な問題や相手への不平不満も日々の生活においてはあちらこちらに出てきますよね?

ただ、問題や文句が出てくる度に言い争う事は2人の結婚生活は勿論のこと、あなたの健康にも良くないという調査結果が発表されたようです。という事は、結婚したら起こってしまった問題には見て見ないフリをし続けなければならないということなのでしょうか?

幸せな結婚生活は健康の元

アメリカで2000人近くの既婚者を対象とした20年にも及ぶ調査によると、言い争いの少ないカップルは一緒に食生活もライフスタイルにも気を遣いながら生活をしていて、健康的なカップルが多いという事です。

逆に結婚生活に満足していない場合、例えば旦那さんは、残業する必要も無いのに夜遅くまで職場にいてコンビニのお弁当で夕食を済ませたり、同僚と毎晩のように飲み歩いたりと健康を害する行動が目立ち、そして精神面でも2人の関係に自信が持てず不安症、うつ病、気分の落ち込みなどに陥る可能性も出てきます。

また、別の既婚カップルを研究した調査では、大半のカップルは言い争いをした夜というのは熟睡が出来ず、不眠になるケースも珍しくないという事が分かったそうです。

睡眠不足が続けば気分の起伏が激しくなり、更に気分の落ち込み、苛立ちそして性欲も低下する事も分かっておりまた、眠れず夜更かしすると余計なカロリーを寝る前に取ってしまい体重増加も招く様です。

この精神状態が続けば続くほど「言い争い⇔不眠」という悪循環のループにハマってしまい、心身ともに健康を損なってしまうという訳なのです。

言い争いを避ける事が幸せな結婚生活を続ける秘訣

夫婦関係のエクスパートによると、カップルに起こった問題について見て見ぬふりをしろという事ではなく、以下の事に気を付ければ争うことなく問題を解決できるそうです。

  • あくまでも「話し合う」のであって、責めたり・文句を言わない
  • 相手の行動、性格、育ち、家族についての非難を避ける
  • 声のトーンは抑え感情的に怒鳴るような話し方はしない

そして、話す事柄も些細な事柄、例えば旦那さんが牛乳パックから直に飲む、バターケースにいつもパン屑を残す、脱いだ靴下をその辺に置きっぱなしにする等ならば、あえて文句を言わず、彼専用の牛乳パックを別に用意する、バターも自分が使う時にパン屑を取り除くなどして、喧嘩の種は自分で摘み取ってしまいましょう。

実際、60、70代のベテランカップルを調査したところ、彼らはお互いの生活パターンを熟知しているので、自然に日々起こり得る言い争いを上手く回避している事が分かったそうです。確かに、2人の間で隠し事や秘密を持つ事は健全な結婚生活とは言えません。

だからと言って、「お義母さん、何でも口を挟んできてもう耐えられない!」と旦那さんにあからさまに文句を言っては解決できるものも解決できなくなってしまうので、「お義母さんの言い分も正しいけれど、これは私達2人の問題だから…」と相手の立場や意見を尊重しながら最善の解決法を2人で話し合い幸せな結婚生活と健康を手に入れたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事