• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚式に呼ばれたら気をつけたいファッションの色あれこれ

Date:2013.11.18

女性ゲストのドレスの色に白はNG!

結婚式に呼ばれた女性ゲストのドレスにはさまざまなマナーがあります。最も良く知られているマナーは、女性ゲストのドレスの色に白を選んではいけないということ。

白は花嫁の色なので、アイボリーやオフホワイト、または白に近い色のドレスを選んではいけないと言われています。

難しいのは、何を基準に白に近い色だと判断するかです。例えば、ベージュやピンクはOKとされていますが、白に近いベージュやピンクだと、式場や披露宴会場のライトなどによって、写真を撮られると白っぽく写ってしまいます。

また、最近のウエディングドレスにはさまざまな白があり、ピンクやベージュに近いウエディングドレスもあります。

小物を濃い色にすれば問題ないという考え方もあるようですが、花嫁や他のゲストを不快にさせないためにも、女性ゲストのドレスの色は濃い色を選ぶことをオススメします。

黒なら文句はない?

最近、比較的若い女性ゲストに多く見られるのは黒のドレスです。また、女性の中には友人たちと事前に話し合い、黒いドレスで統一することもあるようです。

確かに、黒いドレスを着ること自体はマナー違反ではありません。実際、男性ゲストのスーツも黒や黒に近い色が多く、新郎新婦の母親が着る留袖も黒です。

ただし、女性ゲストが黒いドレスを着る場合は、小物まで黒にしてはいけません。黒が目立ってしまい、喪服のような印象になってしまいます。ドレスを黒にする場合は、小物の色は明るい色にしましょう。

なお、若い女性たちが黒いドレスばかりを着ていると、年配の方は「若さがない」と感じたり、喪服を想像してしまう人が少なくないようです。

そのため、もしドレスを1着も持っていない場合は、黒と白以外の色のドレスを選びましょう。華やかなドレスの色の方が、花嫁や他のゲストからも喜ばれます。黒いドレスを着る場合も、華やかに見える工夫をしましょう。

オススメの小物の色

ファッションには流行があり、女性ゲストのドレスもその例外ではありません。流行に流されないデザインのドレスなら良いのですが、ドレスのデザインによっては、数年経つと、いざ結婚式に招待された時にデザインが古くて着づらいことがあります。

オススメするのは、小物は決まった色のモノを持っておいて、ドレスは必要な時に購入するか、レンタルすることです。

持っていて使い回しがきく小物の色は、ゴールドかシルバーです。このどちらかの色なら、たいていどの色のドレスにも合います。特に靴とバッグの色は同じ色にしておくと、コーディネートがまとまってキレイに見えます。

お祝いの気持ちでドレスアップしよう

女性ゲストの気持ちとしては、花嫁より目立ってはいけないと思いがちです。しかし、女性ゲストが花嫁より目立つことは、まずありません。結婚式のようなお祝い事の場では、無難な格好よりも、華やかな格好でお祝いの気持ちを表す方が、喜ばれることが多いのです。

また、女性ゲストの中には、花嫁のカラードレスの色と、かぶりたくないと考える人もいるでしょう。その場合は、思い切って花嫁に聞いてみてください。当日までカラードレスの色を内緒にする花嫁もいますが、案外答えてくれる花嫁は多いようです。

むしろ、カラードレスが自分とかぶらないように配慮してくれている、その気遣いが嬉しいと感じる花嫁もいます。もし、どうしても当日までカラードレスの色を内緒にしたいと言われた場合は、暖色か寒色かだけでも聞いておくと良いかもしれません。

そして、花嫁のカラードレスと自分のドレスの色がかぶってしまったとしても、花嫁の方が華やかなのは明らかです。気にせず、堂々と振る舞いましょう。

この記事をシェアする

関連記事