• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚式に呼ばれたら。知っておきたい女性のお呼ばれファッションマナー

Date:2014.05.24

年頃になると結婚式に呼ばれる機会が増えますね。結婚式シーズンは一か月の間に毎週のように結婚式の予定が入ることも。

男性のお呼ばれファッションは昔からあまり変わらない、スーツスタイルですが、女性は様々なファッションを楽しむことができます。

女性の服装は多様に考えられますね。余計に何を着て行ったらいいのか、迷ってしまいます。また時代に合わせて結婚式や服装のマナーもかわりつつあります。結婚式で恥をかかないためにも知っておくべきファッションマナーを心得ておきましょう。

何を着ていく?

結婚式にお呼ばれするなら着物よりドレス派が多数だと思います。ドレスを選ぶならどのような点に気をつければよいのでしょうか。

色は白以外を選びましょう。これは昔からまかり通っている常識です。白は花嫁さんの色だからです。結婚式の常識として昔から言われていることですから、気をつけましょう。

スカート丈は膝丈、ロングがベストです。近頃はウェディングドレスのデザインも多様化。ドレスでも膝上丈までカットされたデザインもみられるようになってきました。

しかし参加者は別です。あまり露出度の高い洋服はおすすめできません。他の参加者も目のやり場にこまります。

上半身の露出にも気をつけましょう。胸元が大きく空いたデザインのドレス、肩まであらわになったドレスはおすすめできません。そういったデザインのドレスをどうしても着たいなら、ストールかボレロを着用しましょう。

教会式にも出席するならなおさら気をつけなくてはいけません。教会は神聖な場所ですから、肌の露出はタブーです。

ヘアスタイルは?

ロングヘアの女性、多いですよね。自慢の美しいロングヘアを見せたいところですが、結婚式に出席するならアップスタイルにしましょう。

長い髪の毛はうっとおしいです。髪をかきあげる仕草を色っぽいと思っている女性がいますが、はっきり言って周りはそうは思っていません。かきあげた髪が当たって迷惑です。そして不潔です。

食事の時も髪の毛が入ってしまいそうで周りの方は快くは思わないでしょう。アップスタイルのほうがすっきり見えますし、小顔効果も期待できます。

前髪も注意です。長めの前髪は暗そうな印象を受けます。また動くたびに顔にかかりますので邪魔です。前髪が長いならすっきりと横に流すか、アップにして顔周りをすっきりとさせましょう。

パーティーっぽい華やかなヘアスタイルを自分で作ることができない。そんな時は、美容院でセットしてもらいましょう。また100円ショップなどで販売されているグッズを活用しても簡単にゴージャスヘアが作れますよ。

控えめで上品に

アクセサリーは何をつけたらよいのでしょうか。結婚式にお勧めしたいのがパールです。あまりにきらびやかなアクセサリーを身に着けて花嫁さん以上に目立ってはいけません。

シンプルで上品なパール、ダイヤやストーン付きなら控えめデザインを選びましょう。また長さも短めのほうがすっきりとまとまります。

ネックレスとイヤリング、ピアスは統一感を持たせた方が洗練されて見えますよ。パールのネックレス、イヤリングを持っていない方は、これを機会に購入しておきましょう。今後もフォーマルな場に幅広く使えますよ。

バッグはコンパクトに

バックは小ぶりに。荷物が多いから大きいバッグを持っていきたいところですが、結婚式にお呼ばれしたらパーティーバックが常識です。もしもパーティーバックに荷物が入りきらない時は、サブバッグを用意しましょう。

ミュールはNG

どんなに可愛くてもミュールはNGです。音がうるさく、歩くたびに気になります。靴はヒールがあり、ストラップがついているかパンプスタイプでしっかりと足に固定できるタイプを選びましょう。

結婚式の主役はあくまで花嫁さんです。それを心得てお呼ばれファッションを考えてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事