• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お金がなくてもハッピー!?チープに見えない結婚式の節約アイディア

Date:2014.04.04

愛する彼と晴れてゴールイン!となった皆様、まずはおめでとうございます。2人の新しい門出だから、結婚式をして、周りの人に祝福してほしいとは思うけど、経済的な理由で、結婚式を諦めている方もいるはずです。

そんな方も希望を捨てるのはまだ早い!今回は、お金がなくてもハッピーな想い出を作ることができる、チープに見えない結婚式の節約アイディアをご紹介します。ポイント別に紹介していくから実践しやすい!

将来のために、なるべく費用をかけずに、式をあげたいと考えている方も、ぜひ目を通してみてくださいね。

1 友人に協力をあおいでみる

結婚式の費用がかさむ一番の理由は、ウエディングドレスやブーケ、なれそめビデオなど、オプションが多々用意されているから。ベーシックプランでは物足りない、という方は、専門職の友人に協力をあおいでみるのも1つの手です。

専門家でなくとも、フラワーアレンジメントが趣味だったり、お裁縫が得意な友人なら、結構手助けをしてもらえるもの。私自身も、何度か友人の結婚式用に、ムービーや招待状を作成した経験があります。

好みやおつきあいの背景、感情の変化など、細かな情報を知っている分、知らない人にお願いするよりも、満足する出来になることも多々あるようです。

2 外部発注で写真の焼き増し費用を節約

本当に親しい身内だけを式に呼び、他の人には、写真を添えた挨拶状で、という方もいると思います。挨拶状のために、写真の焼き増しを式場にお願いすると、数万円〜10万円かかってしまうケースも。

セットプランで申し込みをした場合、大抵、新郎新婦用の写真はもらえるので、これを、そのまま、ネットで外部のプリント業者に複製依頼。

プリント技術、スキャン技術の発達を受けて、遜色ない仕上がりになるため、「ネガから焼き増ししなくてキレイにできるの?」と不安に思う必要はありません。

キレイな台紙をつけてもらったり、日付、メッセージなど、簡単な加工をしてもらっても、お値段は1枚1000円程度。式場にお願いするよりも、かなりコストパフォーマンスのいいアイディアです。

3 アクセサリーをオークションで購入

せっかくドレスを奮発しても、アクセサリーなしでは、薄暗い会場で映えません。キラキラした光りがお顔に少し入るだけでも、かなりゴージャスな雰囲気がアップするもの。

アクセサリーを追加でお願いする費用が捻出できないのなら、ネットオークションを利用してみましょう。

Yahooオークションや楽天オークションを覗いてみると、結構ボリュームがあるアクセサリー、それなりに見栄えがしそうなアクセサリーが、数千円〜数万円で購入できます。

ブランドにこだわらなければ、かなりのお値打ち価格で購入可能。輝きを重視するのであれば、お値段が手軽かつ輝きが強いジルコニアやスワロフスキーがオススメ。結婚式が終わったら、今度は自分が出品者になって、再販をすることも可能です。

4 オフシーズンを利用する

結婚式の時期を、ピークから少し外すだけでも、かなりプランの総額が節約できます。一般的には、11月〜2月にかけての寒い時期、7月〜9月の暑い時期だと、結婚式場もかなり融通をきかせてもらえることが多いと聞きます。

ガーデンウエディングや外での演出、となると、気候が気になるところではありますが、室内ならば空調がきいているので、心配する必要はありません。全体プランの費用を節約できた分、自分たちの希望の演出にお金をかけることも十分可能。

2人で重要視するポイントを話し合い、妥協する点、お金をかける点の、メリハリをつける工夫が必要でしょう。大手の結婚式場だと、何かと融通が利かないことも多いのですが、プランニング会社によっては、予算を伝えると、柔軟に対応してくれるケースも。

見積もりを見て、いきなり諦めてしまう、というのではなく、自分たちの予算を伝えて、最大限に素敵な希望通りの演出をしてもらえるように、調整する努力を試みてください。

この記事をシェアする

関連記事