• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつが適齢期?カップルが結婚するのによい時期やタイミングとは

Date:2014.03.03

「結婚適齢期っていつ?」そんな疑問を貴女は抱いたことがありませんか?でも本当に適齢期というのは存在するのでしょうか?「何歳」と決められるものなのでしょうか?

正直、肉体年齢としての適齢期というものは、子供を作ることを別にしたら、一概にいつがよいとはいえないでしょう。でも、カップルが結婚するのによい時期やタイミングというものは存在するのです。

愛し合っていればそれでいい?いいえ、結婚は「ゴール」ではなく「スタート」なのです。結婚を考えている方たちは結婚を決める前に、自分たちが今結婚をするタイミングにあるのか、まずはチェックをしてみませんか?

1. 経済的な安定があるか

結婚とは単なるデートとは違います。これからの残りの人生をお互い支えあいながら一生を共にしていくものなのです。その上で必要なのは、愛…いいえ、それだけではありません。経済的な安定です。

これから二人で親元から独立して、経済的にやっていけますか?自分の自由なお金が減っても大丈夫ですか?自分のためだけでなく、相手、そして新たな家族のためにお金が使えますか?自分の胸に聞いてみましょう。

2. 精神的に成熟しているか

結婚は肉体年齢だけの問題ではありません。精神年齢が非常に大切になってくるのです。結婚は楽しいことばかりではなく、我慢や鍛錬が必要となってきます。生活していくにあたり、色々な問題が目の前に山積みになるかもしれません。

それを二人で協力して問題に取り組めますか?親や周り、相手任せばかりにならず、自分で忍耐強く解決できる精神力がありますか?誰かがどうにかしてくれる、そんな他人任せでは結婚生活を送るのは難しいです

3. 妥協ができるか

結婚して二人で暮らしていくとなると、今までの生活スタイルを捨てなくてはいけません。自分の思い通りに行くことばかりではありませんし、お互いに相手に合わせなくてはいけないこともたくさんあります。

自分が今まで従ってきた習慣などをすべて相手に押し付けて従わせることはできないのです。結婚生活は一見甘いものですが、実際は愛と妥協の世界です。お互いの幸せのためには妥協したり、自分を犠牲にする、そんな心構えが結婚生活には必要なのです。

4. 相手の短所に目をつぶれるか

人間誰しも完璧ではありません。どんなに理想の相手であっても、短所というものは存在します。

もしかしたら相手はものすごくいびきをかく人なのかも知れません。片づけができない人かも知れません。はたまた、家事を一切手伝ってくれない人なのかも知れません。

その短所が許せるだけのものであればよいのですが、それが我慢できないものであったら、結婚は考え直したほうがよいでしょう。結婚して相手の短所に我慢できず離婚なんてケースは山ほどあるのが現実です。

5. お互いの嗜好に適応できるか

人によって好きなもの、嫌いなものがありますよね。例えば彼はテレビでスポーツを観るのが好きなのに、貴女はドラマを観るのが好き。彼は完全な和食派なのに、貴女は洋食派。

デートの時はそんな違いは大した問題でもないのですが、実際に結婚して一緒に住むとなると話は別です。そんな小さな違いがお互いの関係に溝を作ってしまい、結婚生活が続けられなくなってしまうことは珍しいことでも何でもありません。

お互いに妥協して相手の嗜好に合わせることができるか、これが幸せな結婚生活ではとても大切なことなのです。

では、いつが適齢期なの?

ここでご紹介した5つの項目が貴女も彼も全部YESであれば、二人は結婚する準備ができていると言えるでしょう。今がまさに適齢期なのでしょうね。でも、1つでも2つでもNOがあれば、結婚は少し待ったほうがよいかも知れません。

例えば、貴女は準備万端、でも、彼は4つ当てはまるけど、資格を取るために学校に戻る必要があるので、経済的な安定はない、なんてこともあります。

これは貴女が彼を経済的にサポートしてあげることができないのであれば、今がタイミングではないということなのでしょう。

このようにカップルでお互いタイミングがずれても不思議なことではありません。でも、それで二人でその可能性を話し合ってタイミングが合う時期を待つということもチョイスとしてはあるのです。

お互い焦って、無理やり結婚したり、今結婚できないなら嫌と無理やり別れたりなどして後で後悔するようなことだけはぜひ避けてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事