• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏に結婚を意識させる方法。煮え切れない関係に終止符を!

Date:2017.07.04

彼氏と何年も付き合っている、同棲しているなど親密ではあるものの、二人の関係が進展していないという方はいないでしょうか。

結婚について考えてはいるけれど、彼氏とは何も話していないという場合は、関係性は変化しないかもしれません。

結婚したいのであれば、彼氏に意識させるしかありません。

今回は、彼氏に結婚を意識させる方法をご紹介しましょう。


あなた次第で彼氏は変わる!彼氏に結婚を意識させる方法

結婚する時期は人それぞれに違います。あなたが結婚したいと思っていても彼氏のほうは全く考えていないかもしれません。

しかし、全く考えていない彼氏だからと言って結婚できないわけではありません。何か変化やきっかけがあれば結婚を意識するからです。

結婚するには、まず結婚を意識させる必要がありますが、それは難しいことではありません。

彼氏に結婚を意識させる方法をご紹介しますので、結婚したいと考えている方は是非試してみてはいかがでしょうか。

結婚したい気持ちに気づいてもらう

結婚を意識させるためには、まず自分が結婚を望んでいることを気づいてもらう必要があります。

結婚の話を一度もしたことがない場合、彼氏は「まだ結婚したくないのかな?」、「これは遊びの付き合いなのかな?」と思っているかもしれません。

  • 「結婚したらこんな家に住みたいなぁ」
  • 「結婚指輪は○○(ブランド名)がいいなぁ」

雑誌を読んでいる時、テレビを観ている時、デート中などにさりげなく結婚したいという気持ちがあると伝えることで、彼氏に結婚を意識させることができます。

目的は、「結婚して!」というプレッシャーを与えることではなく、結婚を意識させることです。

くれぐれも「何月までにしたい」、「親に結婚の話をして!」というような具体的な話は控えましょう。

さりげないとしても結婚という言葉を二人の会話の中で出しておくことで、彼氏の頭の中には残るはずです。

彼氏の気持ちが結婚へ向いた時、スムーズにプロポーズされるはずです。

結婚というフレーズを使って自分の意思に気づいてもらい、彼氏に意識させましょう。

どんな時も味方でいる

パートナーに無関心な人や自分のことばかり考えている人より、いつも味方で応援してくれる人と結婚したいですよね。

彼氏が仕事でミスした時やトラブルを起こした時など、何か起きた時に味方でいることは、彼氏にとっては心強いことでしょう。

どんな時でも味方でいてくれる彼女なら、「ずっと一緒にいたいな。そのためには結婚だな!」と結婚へ繋がりやすくなるはずです。

  • 「いつもそばにいるよ」
  • 「味方だよ」

上記のように、トラブルの時はもちろんですが、それ以外の日常でも彼氏を想っていることを口に出しましょう。

どんな時でも味方でいるということは、彼氏の良き理解者であるということですから、話をきちんと聞くことも大切です。

人間は、話をする人よりも話を聞いてくれる人のほうが「自分を理解してくれている人」と思う傾向にあります。

理解者、味方になるためには彼氏のことを把握しておく必要もありますので、自分の話ばかりせず彼氏の話も聞きましょう。

「自分のことを唯一理解してくれる人!」と思わせることができれば、手放したくない女性になれたということです。

彼氏と会話する時の姿勢を変えることで結婚を意識させることができるので、是非試してみてはいかがでしょうか。

病気や怪我の時にお世話する

体が弱っている時は、気持ちも弱くなっているので結婚を意識しやすい時です。

この時に彼氏のあらゆる面をお世話にすることが、結婚へ繋がる方法なのです。

  • 風邪やインフルエンザのような病気
  • 交通事故や転倒などによる怪我

入院したのであればお見舞いだけではなく、洗濯や買い出しなどをして、自宅療養であれば家事をしてお世話するのです。

病気や怪我の時に世話をしてくれる彼女の姿を見て、結婚後の姿を想像しやすくなるはずです。

自分の体に何かあった時に献身的に世話してくれる彼女との将来が見えれば、結婚に繋がるでしょう。

普段は甘えてばかりでも、彼氏が病気や怪我で苦しんでいる時は、頼もしい存在になることでも結婚を意識するきっかけになるようです。

弱っている時の姿は本来見せたくないものですが、それを包み込む優しい彼女になることで一生を共にしたいと思わせることができるのです。

彼氏と同棲する

同棲することも彼氏に結婚を意識させる方法としてお勧めです。

料理や洗濯、掃除などをして家庭的な一面を見せ、彼氏が温かい家庭を想像しやすい環境にするのです。

結婚の予行練習のような期間になりますので、彼氏が心地よく過ごせるように配慮しましょう。

一人で暮らすより、実家で暮らすより良い環境であれば、「一緒に暮らしていきたいな」と思い、結婚に意識がいくでしょう。

家事はもちろんですが、金銭面も結婚する上で重要なポイントになりますので、同棲中は家計簿をつけて計画的な姿を見せることもお勧めです。

金遣いが荒い、金銭的な価値観が違うなどは結婚する相手としてはマイナスポイントになってしまいます。

ブランド物が好き、買い物が好きという印象が強い場合は、堅実な部分を見せることで結婚を意識してもらえます。

無駄遣いせず、厳しすぎない程度に節約する姿を見せると「しっかり者だな。これなら結婚できそうだな」と思ってもらえるはずです。

ゼクシィが20代から30代(157人)の女性に、同棲から結婚についてのアンケートを行った所、こんな結果が出ました。

同棲経験がある女性は44%
同棲後、結婚した女性は52%

以上のような結果から、同棲すると結婚する確率が高まりますので、彼氏に結婚を意識させたい時には一緒に暮らしてみてはいかがでしょうか。

結婚資金専用口座を作る

二人の将来のために貯金をすることも結婚を意識させる方法の一つです。結婚するとなるとそれなりにまとまったお金が必要です。

結婚式や披露宴の費用だけではなく、住居や家具など新生活の費用も掛かります。

貯金をしていない彼氏の場合は、お金がないことが結婚を遠ざけている可能性がありますから、二人で将来のための貯金をすることがお勧めです。

「二人の将来のために少しずつ貯金をしていかない?」と提案してみましょう。

先程の気持ちを伝える項目でもご紹介しましたが、貯金の提案が結婚したいという気持ちがあるという意思表示になります。

結婚資金専用口座になりますが、そのように説明すると結婚を迫っているような雰囲気になりかねませんので、貯金という名目が良いでしょう。

郵便貯金や地方銀行もありますが、お勧めはネットバンキングです。ネットバンキングは、出し入れするだけで登録メールアドレスに通知が行きます。

日時や動かした金額がすぐわかりますし、出し入れも楽なので安心して貯めていくことができるでしょう。

金額が増えていくにつれて、徐々に結婚についての気持ちも高まっていくでしょうから、口座を作って彼氏に意識させることはお勧めです。

結婚する(結婚した)友達や親戚の話をする

結婚を意識させるために、二人の話ではなく結婚にまつわる友達や親戚の話をすることもお勧めです。

  • 「来月、友達が結婚するの」
  • 「去年結婚した親戚の子に赤ちゃんができたらしい」

結婚する人や結婚した人の話を彼氏へ伝えることで、結婚を意識するきっかけになるはずです。

特に同年代の友達や親戚の話は、年齢的に自分を重なる部分があるので想像しやすく、「俺もそろそろ結婚する時期なのか」とぼんやりでも考え始めるでしょう。

結婚話を出したら自分も望んでいるということを伝えるために「羨ましいなぁ」、「いつか私も結婚したい」など自分の気持ちも付け加えることがお勧めです。

具体的な想像ができるように、友達や親戚の結婚式や赤ちゃんなどの写メや動画を見せるとより現実味が増すでしょう。

頻繁ではなくても、小出しに見せることで結婚への意識が高まっていくはずです。

彼氏は、幸せそうな既婚者の様子を見ることで「自分も結婚したい」という気持ちになっていくのではないでしょうか。

彼氏の両親のお気に入りになる

彼氏に結婚を意識させるために、彼氏の両親と親しくなることもお勧めです。

近くに住んでいる場合は、下記のような口実を作りましょう。

  • 実家からのお土産を渡す
  • 美味しいお菓子を見つけたから食べてもらう

「お付き合いをしているから挨拶したい」と話すことによっても、彼氏を説得することができるでしょう。

遠方に住んでいる場合でも、旅行先をその方面にして顔を出すことや電話やメールで親睦を深めることはできます。

彼氏の両親と仲良くなってお気に入りになることを目指すのです。嫁ではなく彼女という立場なので、気兼ねなく様々な話ができるでしょう。

食べ物や趣味、悩み事などきっかけを見つけて、特に彼氏の母親と親しくなっておけば力強い味方になってくれるはずです。

可能であれば、旅行やバーベキューなど家族ぐるみのお付き合いをすることもお勧めです。

家族同士で結婚に向けて動き出すかもしれません。

  • 「あの子と結婚しないの?」
  • 「孫の顔がみたい」

彼氏の両親のお気に入りになれば、両親の言葉がきっかけで結婚を意識することもあります。

彼氏の両親と親しくなっておけば、彼氏と喧嘩した時や結婚について息詰まっている時などに助けてくれる可能性が高いでしょう。

結婚後も付き合っていくわけですし、自分の両親と仲が良い彼女の姿を見て結婚を意識する可能性もありますので、親しくしておいて損はありません。

彼氏の両親と仲良くしてお気に入りになることで結婚が近づき、結婚後の関係も良好になりますので是非試してみてはいかがでしょうか。

料理で胃袋を掴む

料理で彼氏の胃袋を掴むことも結婚を意識させる方法としてお勧めです。

特に一人暮らしの男性や料理をしない母親に育てられた男性の場合は、美味しい食事で心を掴みやすいと言えます。

お弁当やお菓子、ディナーなどを作ってご馳走することで「毎日食べたい」という気持ちにするのです。

彼氏の好きな料理や味の濃さなどを調整して、彼氏の胃袋をしっかり掴んで「ずっとこの料理を食べたい」、そして「結婚したい」という気持ちに繋げましょう。

料理は結婚後もずっと続きますし、栄養面を考えて作ることで家族の健康にも繋がりますので、苦手な方は練習あるのみです。

先程ご紹介したように母親と仲良くなることで、彼氏の家の味付けも教えてもらいやすくなります。

彼氏にとっては、食べ慣れた味とあなたの味を食べることができるというメリットが増えます。

実家暮らしの彼氏の場合は母親の味に慣れ過ぎているので、レシピ通りの料理をつくるよりも教わったほうが胃袋を掴むことができるのではないでしょうか。

自分のために美味しい料理を作ってくれる彼女がいれば、彼氏には以下のようなメリットがあります。

  • 外食が減って節約になる
  • バランスの良い食事で体型維持

外で食べればお金もかかりますから節約にもなるので、年齢を重ねている彼氏ほど料理を食べることで「結婚したい」という気持ちになるのではないでしょうか。

暮らしについて相談する

彼氏に結婚を意識させるために、暮らしについて相談することもお勧めの方法です。

例えば、以下のように相談するのです。

  • 住んでいるアパートの更新時期に「半年後に更新なんだけど、どうしたらいいと思う?」
  • 家具や家電について「大きいベッド(又はソファー、冷蔵庫など)にするか迷っているんだけど、どうしようかなぁ」

「自分の好きなようにすれば」、「どうしたいの?」など全く無関心の彼氏は、結婚について考えたことがこれまでにないことが考えられます。

「将来も視野に入れると難しくって」と将来や未来などの言葉を付け加えましょう。

そうすることで自分との将来、つまり結婚を意識しやすくなるはずです。

今すぐ結論を出さなければいけない状態ですと彼氏も焦りますので、すぐではなく半年や1年くらいの猶予がある相談をすることがポイントです。

その間に、彼氏も結婚についての意識を強くしていけば、「結婚に向けて一緒に考えていこうか」と提案してくれるのではないでしょうか。

暮らしについての相談は、実際に物を見ながらのほうが伝わりやすいので、一緒に買い物や物件検索をすることがお勧めです。

実際に物を見ることで二人の将来について思い描きやすくなり、結婚について意識しやすくなるからです。

ご自身の暮らしの悩みはもちろんですが、彼氏のアパート更新や家具や家電の新調時にも結婚を意識させることは可能です。

  • 「あと何年くらい一人暮らしするつもり?」
  • 「家具(家電)は長く使うものだから一緒に決めたほうが良くない?」

これからも付き合うことを考えると一人で決めることではないと気づき、又結婚についても考え始めるはずです。

暮らし関連の問題は、結婚に繋げやすいことと言えます。

家具や家電、契約更新などは、ご自身の時だけではなく彼氏の時も結婚を意識させるベストタイミングと言えるでしょう。

結婚している友達の所へ行く

彼氏に結婚を意識させるために、家を建てた友達や子供ができた友達のお宅へ一緒に訪問するという方法もお勧めです。

実際に結婚生活を送っている友達のお宅へ行くことで、彼氏が結婚を意識するだけではなく想像しやすくなるからです。

子供と楽しく遊ぶ友達夫婦や購入した家で生活を楽しむ友達夫婦の姿を見ることで、「俺も結婚したいな」と思い始めれば結婚に対して前向きに検討し始めるでしょう。

また、友達からエプロンを借りて結婚を想像しやすい状況にした上で、以下のことをしてみましょう。

  • 友達の子供と遊ぶ、抱っこする
  • 友達を手伝って食器を運ぶ、お茶を淹れる

上記の姿を見ることで「結婚したらこうなるのか」と想像しやすくなるはずです。

彼氏に結婚を意識してもらうために、予め友達に相談しておくと彼氏にとって有益な会話ができるのでお勧めです。

「煮え切れない彼氏に結婚を意識させたいから協力して!」とお願いし、友達夫婦から結婚後の楽しい話を聞かせてもらうのです。

友達夫婦から幸せをアピールされることで、彼氏が「羨ましい」という気持ちになれば結婚に対して良い印象も持てるはずですから、全面的に協力してくれる友達を選びましょう。

夫婦になるためにあの手この手で結婚を意識させよう!

付き合っている中で自然に結婚を意識してもらうことが理想的ですが、全く意識しない彼氏の場合はこちら側から投げかけることがお勧めです。

しかし、強制的になってしまうと結婚したいという気持ちがなくなってしまう恐れもあります。

あくまでもさりげなく、前向きな気持ちで結婚を意識させることがポイントです。

煮え切らない彼氏に腹を立てていても何も変わりませんので、結婚を意識するようにご紹介したような方法を試してみることが結婚への近道です。

無事に結婚へたどり着くことができればこれまでの苦労が報われますので、諦めずに最後までやり遂げてカップルから夫婦になることを目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント