• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性に結婚を決めさせる為に有効なアプローチ方法とは?

Date:2014.05.17

女性に取って、結婚し家庭を持つという事は、幸せになるという事と動意義だ。もちろんその後に数々の障害が待ち受けているが(笑)しかし、結婚しているか否かの違いは、同性同士でかなりのプレッシャーになる事は、言うまでもない。

特に30歳を過ぎたあたりから、「このまま独身でいたら、一生天涯孤独の生活を送らないといけないかも知れない」という恐怖心が出て来る。安定・安心を手にいれるには、やはりパートナーである男性に「決意」させる為のアプローチをして行かなければならないのだ。

今日は、中々踏み出せない彼に「決意」させる為に有効なアプローチ方法を考えて行きたい。但し、人はすぐ変わらないので、「変わる様に辛抱する事」も必要だ。

交換ノートの様なものを始め定期的に読んでもらう

男性は、女性に比べると精神年齢も低いと言われている。そして、決意出来ない男性は、まだ「自分の事を優先して考えている」というのが、考えられる大きな要因だ。そんな男性に、自分の気持ちを伝えるのに一心不乱に、口酸っぱく言い続けても逆効果だ。

男性の心理としては、「自分のタイミングでしたい」とか「考えているのにしつこく言われたら、気持ちが萎える」と感じる様になってしまう。そこで、口頭ではなく、何度も読み返す事が出来る文字を活用して、彼の気持ちを少しずつ変えて行く様にアプローチしたい。

ここで、考えられる有効なツールは、「ノート」が考えられる。何故これを使うか疑問に思った方も多いと思うので、説明するとこれは、「彼が読みたい時に読む事が出来る」からだ。

つまり、彼の気分で、ノートを手にとり、そこに綴られている貴女の気持ちを知る事になる。毎日読んで貰わなくても、毎日書いていれば、その分効果がある。

それは、男性はそこで初めて「自分の事をこんなに思っていてくれたんだ」と心打たれるからだ。むしろ、これで全く何も変わらない男性は、少々考えた方がいいかもしれない。

自分以外の人の幸せを伝える

結婚は、自分達が幸せになる事に優先して焦点があたるだ、実は、自分達の親族や友人達にも沢山の幸せを与える事になる。特に、彼の親族や友人と仲がいいのであれば、「間接的に、自分の気持ちを伝えてもらう事」も有効な戦略と言える。

相手に伝えようと思った時に、伝える人や場所を時間を変える事も視野に入れて対応して行く事も必要になって来る。これは、TPOを上手く利用するという意味では、日常生活で実践している方法でもある。

結婚となると、そんなに簡単な事ではないと女性は特に強く感じるだろうが、あまり男性に対して重い印象を与えてしまっては、結局は、どんどん自分の目指している所に到達出来なかったり、時間がかかってしまう事になる。

彼には、周りから「お前達が幸せになれば、他の人も幸せになるんだ」と言ってもらい、自分達の周りが結婚に賛同しているという事を事前に知ってもらう事も「決意」する事に繋がって行くかもしれない。

さりげなく子供服やウエディングドレスに反応する

これもポイントはあくまで自然に。そして、少し寂しそうな表情を少し見せるのも奥の手だ(笑)男性の中には、経済力がない事を自分で恥じて、中々結婚に踏み出せない人もいる。もちろん経済力は、結婚する上でとても重要な要素だ。

しかし、やはりお互いがお互いを思う気持ちがないと結果的に破綻してしまう結果になりかねない。だから、そんな事よりも、子供と大好きな彼と居れる幸せや純白のウエディングドレスを親族に見てもらう事の喜び等を中心的に彼に伝えて行こう。

その為のきっかけとして、ショッピングモールや結婚式場等に出向いて、気持ちを伝える環境を整えよう。

彼もなんだかんだ言いながら心の奥底では一人前の男として家庭を持ち、世帯主として、大きく振舞いたい気持ちが必ずあるはずだから、大変ではあるが、辛抱強く、二人の幸せの為に重い腰を押して行ってあげて、幸せの階段を少しずつでも確実に上がって行きたい。

この記事をシェアする

関連記事