• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

血液サラサラ女性は肌ツヤ美人、血液状態を良くする3つの技とは

Date:2014.11.13

「あの人、すごく肌が綺麗だよね」という人がいます。

そういう人にスキンケアや化粧品は何を使っているのかを聞いてみると意外に自分と変わらないもので「どうしてこうも違うんだろう」と思うことがあります。

「きっとエステに通っているんだろう」「他にも何か特別なケアをしているんだろう」と思ってしまうことがありますが、実はその美肌には血液が関係していたというのを知っていますか?

血液状態で肌の状態も変わるというのはどういう意味なのでしょうか。

血液は肌にどういう役割をしているの?

どうして血液状態が悪くなると肌ツヤが悪くなるのでしょうか。

血液の中には赤血球・白血球・血小板というものがあります。この3つがそれぞれ肌に良い働きをしてくれます。

まずは赤血球、赤血球は酸素を運びいらない二酸化炭素を集めるという働きをします。

赤血球がしっかりとしていないと酸素がきちんと運ばれなくなり肌の代謝が落ちてしまいます。

白血球は体内に入ってきた異物を攻撃していく働きがあります。

異物の中には吹き出物を発症するものや肌に炎症を起こすものなどがあります。

こういうものを撃退するには白血球がしっかりと働いてくれる必要があります。

血小板は血管などが破損するとそこを修復してくれる役割があります。その他にも止血などにも欠かせないものです。

もし肌に炎症などが出た時、血小板が働かないと傷跡が残らないように肌を修復できないことがあります。

この3つがしっかりと働いてくれないと肌の炎症などに繋がります。

では、血液状態を良くするにはどういうことに気を付けたらいいのでしょうか。

その1.血液サラサラ効果のあるものを摂る

1番簡単にできるのが血液サラサラ効果のある食品やサプリメントを摂ることです。

血液がドロドロになると血流も悪くなりますし、その負担で血管も老化してしてしまいます。

血液サラサラ効果のあるものとして有名なのが黒酢です。

黒酢は調味料として使うこともできますが味にクセがあるものが多いのでサプリメントで摂取するのが効果的です。

毎日の食事として取り入れやすいものとしてはタマネギや納豆があります。

タマネギは生でも火を入れたものでも構いませんが、火を入れるのであればスープなどがおススメです。

納豆は毎日1パック食べるのが理想とされています。

他に青魚や黒豆といったものも血液サラサラ効果が高いとされています。

その2.運動不足・睡眠不足は血液状態を悪化させるので要注意

運動不足や睡眠不足も血液の状態を悪くします。運動不足になると脂肪が増え血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになると血管もボロボロになりますし、赤血球などもしっかりと働いてくれないので肌の代謝も落ちてしまいます。

睡眠不足の場合は睡眠が取れないことで体の疲れが蓄積、それがストレスへと繋がり血中に疲労物質が蓄積されてしまいます。

疲労物質が蓄積されるとドロドロ血液と同様、血流を悪くしてしまうので肌の代謝が落ちてしまいます。

その3.冷えは血液ドロドロに繋がるので体を冷やさないよう注意

意外に忘れがちなのがこの「冷え」です。

冷え性の人などは末端が冷えないようにとケアをしている人が多いですが、冷え性と関係のない人がこの「冷え」で血流を悪くしている可能性が高いです。

特に暑い時期など冷房ガンガンに入れて体を冷やしている人がいます。

実はこの時、自分では気づいていないけれど体の芯が冷えていることもあるそうです。

そういう時に冷たいものなどを飲食するとさらに体が冷えてしまいます。

体が冷えてしまうと毛細血管が収縮して血流が滞ってしまいます。

なるべく体を冷やさないように心がけ、冷たいものの飲食も程ほどにするようにしましょう。

温かいものを飲むのが苦手という人は人肌程度のぬるいものでもOK。

ただし糖質などを含まないお茶などがおススメです。

血液はちょっとしたストレスなどでもドロドロになってしまいます。

そのため毎日のケアや心がけが大事になってきます。

血液状態を良くしていつまでも若々しく綺麗なツヤ肌を手に入れるようにしたいですね。

この記事をシェアする

関連記事