• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人生絶頂期の結婚1ヶ月前に結婚を止めたくなる心境とは?

Date:2013.07.25

あと1ヶ月で結婚なのに何故ドタキャンするのか?

結婚しようと思っていたのに、突然ドタキャンしたくなることがあります。しかし、思っても止めない人もいるし、本当に止めてしまう人もいます。この辺りの心理とは一体どういうものなのでしょうか。

まず、実際にドタキャンしてしまう人は何故止めてしまうのでしょうか。それは、この人とこの先の人生をやって行けないと感じてしまうからです。

何故人生をやっていけないと感じるのか

これは、女性にとってはほんのささいな疑心暗鬼からそう感じます。男性にとっては、何をいまさらそんなことを言ってるのか全く分からないことがあります。

女性の方がささいなことを後から思い出してしまいます。この時、男性の方は全く覚えていないことで別れを切り出されます。

あの人は、以前にもこんなことを言ったから、今もそうだと思う

以前男性が女性に言った言葉を、女性がいつまでも覚えているケースがあります。男性としては、特に意味もなく言った一言なのですが、女性には相当打撃になっているのです。しかし、その時は女性は深く傷つきながらも、それを男性に訴えることが出来ないのです。

言ったこと事で別れるリスクが高い場合

女性が男性に言われた一言をいつまでも引きずっている場合は、こういうことを気にしているとアピール出来ないものです。それをアピールすると、男性に細かいことを言う女だなと思って嫌われるからです。

だから、アピールが出来ないのですが、ついに結婚しようとなった時に、同じようなことを言われると立場が逆転します。

女性が常日頃コンプレックに感じている部分について指摘する

女性は皆プライドが高い生き物です。それなのに、男性に自分が自信がない部分を指摘されるとダメなのです。自分でも分かっていても直せない部分についての指摘は、本当に堪えます。

この人には、一生自分のコンプレックスに感じる部分について指摘される人生が繰り返されると思います。そういう時に、女性はこの男性を切り捨てようと思います。そうです。一生指摘されるのなんて、まっぴらです。

結婚が決まっているからリスクがない

結婚が決まっていると、自分からドタキャンするのはリスクにはならないのです。普通は、結婚を止めるのは、リスクではないかと思うはずです。しかし、実際に結婚を止めることはリスクではないのです。

それは、結婚をドタキャンすることで、自分は嫌な男性と一生を過ごすと言うリスクから逃れることが出来るからです。

結婚を決めるまでは別れることがリスクだった

つまり、結婚を決めるまでは振られたらつらいというリスクがあります。しかし、結婚が決まってからドタキャンするのは、自分の大切な一生を嫌な男から解放することになります。これは、リスクではないのです。

自分の心とプライドを守って生きていくことが出来るからです。

コンプレックスに感じる部分について悩まない人生設計を

一番良い方法は、ドタキャンする時に自分のコンプレックス部分を愛してくれる人を見つけることです。また、実際に決まった結婚をドタキャンする時には、他の人にアピールされているものです。

そういう時に、女性は自分を褒めてくれる男性に走るものです。結婚すると決まったから、何でも言う男性とはさよならします。

この記事をシェアする

関連記事