• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚祝いは何が嬉しい?男から欲しいプレゼントを上手に聞く方法

Date:2013.05.10

友達や同僚が結婚することになり、何をプレゼントすればいいのか悩んでしまうことってよくありますよね。

候補がいくつかあっても、「もしかすると既に持っているかもしれない」なんて考え出すと、結局無難なものになってしまいがちです。本当に貰って嬉しいものをプレゼントできるように、プレゼント選びのポイントをご紹介します。

やっぱり実用品が嬉しい!

結婚祝いは大体大きく二つに分かれます。「使えるもの」と「飾るもの」です。「飾るもの」でも、写真立て・観葉植物・クリスタルの置物などなど、人気のあるプレゼントも色々ありますが、実際にもらう側の趣味に合わなければありがた迷惑になってしまうことも…。

特に大きな飾るものは仕舞っておくにも場所を取るので、趣味が合わなかった時のことを考えるととても危険です。

実際に嬉しかったという声を多く聞くのは、やはり実際に日常生活で使えるものです。中でも美容家電やキッチン家電など、電化製品が欲しいという声が多いです。

少し変わったところでは、新しい姓のシャチハタ印や下の名前で作った印鑑なども実用的で喜ばれるようです。

他には、程よい大きさの大皿・来客時に使えるちょっと素敵なお盆・ワンピースのようなおしゃれなエプロン・シリコンスチーマーなどもいいかもしれません。

掛け時計も実用品と言えますがインテリアの要素も強く、部屋の他のインテリアとの調和が求められるため注意が必要です。

「何が欲しい?」が一番嬉しい!

ここまで色々と候補をあげましたが、一番重要なのは「まだ準備していないもの」と「欲しいと思っているもの」を選ぶことです。これは実際に本人に聞いてみなければ分かりません。

中身が分からないプレゼントはワクワクしますが、もらってすぐクローゼット行きになるのはお互いに悲しいですよね。既に持っているものを貰うと本当に困りますし、やっぱり自分の欲しいものをピンポイントで貰えるのが一番嬉しいものです。

「本人に聞きたいけど、予算以上のものをリクエストされると困る」と思っている人も多いようですが、たとえば電化製品なら「アイロンをプレゼントにしたらどうかと思ってるんだけど、もう準備してる?他の物の方がよければリクエストしてね」などのように具体的な品物をあげて質問すれば相手にも大体の予算の目安が伝わります。

もし「アイロンよりホームベーカリーがいいな」なんて予算オーバーなリクエストをするような相手の場合は、あらかじめ「○円ぐらいまででリクエストしてね」と正直に予算を伝えてしまうのもアリです。

好みのメーカーや型番や色まで指定してもらえるようなら、できるだけ細かく聞いておきましょう。

「結婚祝いらしいもの」にこだわらなくてもいい!

私の経験上、リクエストを聞いて何も言ってもらえなかったということはありません。ただ、「必要な物はもう全部買ってしまったから、何も思いつかない」という人がたまにいます。

そんな時は、「結婚祝いってことに関係なく、ただ欲しいものでいいよ」と言うようにしています。

私の周りで実際にあった例では、結婚後に義理の親戚の集まりなどで活躍しそうな清楚なワンピース・毎日の買い物で疲れないようにヒールの高すぎない靴・スニーカー・買い物用にイニシャルの入ったトートバッグなどのリクエストがありました。

こちらがあれこれ言うより、相手が喜んでくれるものを選ぶことが一番大切です。素敵なプレゼントができるといいですね。

この記事をシェアする

関連記事