• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アメリカで行われている人の人生を変えるようなギフトカタログ紹介

Date:2013.04.18

お歳暮、お中元、結婚式の引き出物、お葬式の香典返しなど、いまや常識となっている贈答の受け渡し、おつきあいを大事にしている方ほど、どうしたものかと頭をひねっていることでしょう。

また、せっかく頂いた贈答は使わないものセンスに合わないものですと、押入れの中に眠ったままなんてことありがちです。

日本では断捨離がブームの昨今、おつきあいの作法とはいえ、このような贈答は本当に必要なのかしら?とアメリカに住んでみて改めて考えるようになりました。

そこへ本当に必要としている人々へ、必要なものを送れるというギフトカタログを見つけました。アメリカで見つけた、心があったかくなるようなギフトカタログとはどんなものでしょうか?

新しい形でのギフトをあげる方法

アメリカでは日本のようにお中元やお歳暮、引き出物など贈答のしきたりはないに等しいです。でも家族間や友人、恋人同士などのバースディー、バレンタインのギフト交換は日本と同じくあります。なかでもクリスマスはアメリカ経済を活性化させるほどです。

アメリカでは多くの人がプレゼントを買いこみ、あらゆる人たちへ贈ります。さて、ここでアメリカに住む友人の1人がこんな提案を家族にして、実行していると言いました。

それはクリスマスやバースディーのギフト交換をしない代わりに、貧しい人々へ寄付をするというものでした。たとえば、ご主人の誕生日にご主人の名前で、ユニセフなどに寄付するといった感じです。

飽食の時代にものをあげるという行為は、気持ちを形として表すという意味ではとても素敵な行為だと思います。ですがその結果、年月が経つと部屋の中、ガレージの中は物であふれかえっているという状態になります。

頂いた時の嬉しさから一変、使いもしないものをどう処分するか?と悩むのです。長い目で見たら物のやりとりも考えながらやらなければと思います。

そんなわけで、彼女のアイディアは素晴らしいなあと思いました。必要としている人たちに必要なものをあげるのですから…。

たとえば貧困地帯にヤギやひよこなどの家畜などのプレゼント

1
World Vision Gift Catalog(ワールド・ヴィジョン・ギフト・カタログ)表紙の部分

World Vision Gift Catalog(ワールド・ヴィジョン・ギフト・カタログ)をご存知ですか?NGO組織、ワールド・ヴィジョンは1947年ドクター、ボブ・ピアース氏が朝鮮戦争による孤児たちを支援する目的で設立されました。

現在、約100カ国の恵まれない子供たちの教育や自立のための支援をしています。そのグループがギフトカタログをつくっています。中味を見ると普通のギフトとは、一味違う生活支援、自立支援に基づくものばかりでした。

たとえばヤギ1匹75ドル(約6,000円)アルパカ1頭360ドル(約28,800円)などの家畜や生活にかかせない井戸や食料、薬品、自転車、家などなど。貧困にあえぐ人々にとって、命と直結するようなものばかりです。

このカタログからあげたい品を選んで寄付することができます。なお、ネット上でも寄付ができるので気軽に参加できます。

WORLD VISION GIFT CATALOGのHP
http://donate.worldvision.org/OA_HTML/xxwv2ibeCCtpSctDspRte.jsp?lpos=top_drp_WaysToGive_Gift+Catalog&go=gift&&section=10389

2

3

カタログの中を見てみると…牛、ヤギ、ブタ、ひよこ…など見ていて楽しくなります!

与える方の子供の情操教育にもなるギフト

World Vision Gift Catalog – How It Works(ワールド・ヴィジョン・ギフト・カタログ~ どう贈れるの?)より

動画では心やさしいジャック君が、お母さんのためのギフトを考えますが、お父さんと一緒に、ワールド・ヴィジョン・ギフト・カタログの寄付をお母さんの名前ですることに決めました。

彼は恵まれない地域へヤギをプレゼントします。ヤギのような家畜はミルクやチーズなどが取れ、食料になります。また、そのヤギを売ることもできます。そのおかげで子供たちは教育を受けることができるかもしれません。

数日後、寄付したヤギと一緒に撮った子供たちの笑顔の写真付きサンキューカードが、お母さんのもとへ届きます。お母さんがそのカードを見た時の感動はみなさんもご想像がつくことでしょう!

そしてジャックくん自身、世界には食べることもできない子供たちが大勢いるのだということを学べます。ジャックくんからお母さんへのナイスなギフトアイディアは、あげる人、もらう人、そしてギフトを使う人、すべての人たちがHAPPYになるものだと思います。

この記事をシェアする

関連記事