• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚生活をストレス無く長続きさせる秘訣!目指すはダイヤモンド婚!

Date:2013.03.08

人の気持ちも暮らす環境も、この世の全ては不変のものではありません。日々少しずつであっても、必ず変化していくのです。

その変化の中で、あなたは今のパートナー、または未来のパートナーと一生添い遂げていくことに自信がありますか?皆勿論そう思って結婚するのですが、世の中、離婚が多くなっていますよね。

それが全く悪いというわけではなく、人は誰だって失敗しますし、それもひとつの経験として、次の結婚に生かすこともできます。でも、できたら死ぬまで同じ人と添い遂げられたら…それは本当に理想ですよね。そんなコツをここではご紹介していきたく思います。

1. いつも生き生きと

人は日々年をとるもの。心身ともにいつまでも20歳のままではいられないのが現実ですよね。でも、20歳や30歳のような健康体やエネルギー、気持ちを持ち続けることは、結婚生活を続けるのに必要なのです。

年配のカップルで、自分達の健康を理由に別れてしまう人も結構多いのです。自分の身体を心配するだけでも精一杯なのに、相手の面倒までみれない…そうですよね。でも、そうだからこそ、健康であり続けましょう。

気持ちも若々しいと、ストレスも減り、病気にかかりにくいですし、身体も常にエクササイズをするなどして整えておくと、体力もつき、病気にかかっても撃退できるようになります。

是非日ごろから、お互いの健康を気遣い、心身ともに若々しくあるように、毎日の生活を見直してみましょう。

2. 話す時間を設けよう

人は日々忙しいですよね。特に夫婦共働きとなると、忙しくてお互い一緒にご飯を食べる時間もないかもしれません。

子供がいても、子供と両親でコミュニケーションを持つというより、子供を通じて配偶者と話をしたり、酷いと、子供ともろくにコミュニケーションを取らなくなってしまったりなんてことは多々とあります。

それが数日なら全く問題はありませんが、これが毎日何年も続いてしまったら、数年後には家族で一つ屋根の下にいるのに、共通点が何も見つからないなんてことになってしまったりするのです。

そこで、忙しいのであっても、30分、時間をとって、お互いなんであっても話をする機会を設けましょう。30分続けてが難しいのであれば、15分を2回でも構わないので、できる限り毎日話す機会を設けるのです。

どんな内容でも構いません。今日は何をしたとか、週末は何をしようかとか…その中で相手の変化も見れますし、悩みとかも分かるかもしれません。

そして何より時間をしっかりと共有することができるのです。コミュニケーションは大切です。日々少しでも相手のために時間を取るようにしましょう。

3. 関係のメンテナンスをする

車であっても、携帯電話やコンピューターであっても、私達は常にメンテナンスをしたりして、正常に起動しているかチェックしますよね。

結婚だって同じです。常に自分達の関係を見直したりして、変えるべきところは変えて、アップデートして新しいものを取り入れたりすることが必要となってくるのです。

常にお互いの求めることを理解したり、現在の環境を見直したりすることで、関係は格段によくなったり、維持することが簡単になるのです。

必要であれば、カウンセラー等の専門家に 相談してみるのもいいでしょう。当人達からみたら難しいものも、第三者からみれば簡単にわかるようなこともあるのです。

4. 伝えるべきことと沈黙を守るべきことを知る

元は他人であった二人が一緒に暮らし始めると、色々なことが目に付き始めます。お互い色々なことを話し合うべきで、意見を交換するべきですが、ほんの少しのことをいちいち言っていたらどうでしょう?

便座のシートがあげっぱなしだった、歯磨き粉のキャップがはまってなかった…確かに気になりますよね。でも、それで家が火事になってしまうとか、死人が出るとか、そんなことには繋がりません。言いたい気持ちもわかります。

あまりにも気になってストレスになるなら少しぐらいは言ってもいいでしょう。でも、基本は、自分が変わることです。相手を変えようとするからストレスがたまるのです。

全ての出来事に反応するのではなく、どうしても相手に伝えなくてはいけないこと、相手に伝えなくても問題がないものの区別をつけるようにしましょう。

5. 喧嘩をしよう

喧嘩するほど仲がいい、と昔からいいますよね。実際に全く喧嘩をしないカップルの方が離婚率が多いのだそうです。だまりこんでしまって、結果、言えないままストレスが蓄積し、離婚、という急な結論を出してしまうのでしょう。

ただ何かしらにつけ、すぐに喧嘩しろ、喧嘩をふっかけろというわけではないのです。長く暮らしてみれば、相手の沸点だって、入ってはいけないボーダーラインだって分かるはずです。

マナーを守ることが第一条件です。優しい話し合いから始め、言い合いがヒートアップして喧嘩になっても、相手をののしるとか、相手のプライドを傷つけてしまうようなことはやめましょう。

あくまで喧嘩は論点からずれず、お互いを尊敬した上で行うのです。しっかりとお互いの胸のうちを話したら、今まで以上に絆が深まったりするものです。

いかがですか?勿論そのほかにも色々なコツというのが存在するかと思いますが、私は、まず、お互いに尊敬しあうことが大切になってくると思います。元は他人だった二人が一緒に人生を歩むのであるから、色々なことだってあるでしょう。

でも、相手のすばらしいところを見つけ、それを誇りに思い、ちょっとした悪いところは一笑に伏せるくらいの気持ちでいるといいのではないでしょうか。素敵な人と笑ったり泣いたりしながら、助け合い、一生を共にできる人生ほど素敵なものはありませんよね。

この記事をシェアする

関連記事