• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ドラマから学ぶ、結婚に悩む女性の新たな「結婚しない」という選択肢

Date:2012.12.05

あなたは結婚したいですか?と聞かれたら、「結婚したい」と答える女性が多いような気がします。しかし「いや、結婚はしません」と答える人もいると思います。もちろんその選択は自由ですし、正確にどちらが多いかは断言できません。

テレビでも結婚しないという選択をした女性をクローズアップしたドラマがありますし、結婚をしていなくても輝いている女性がいることは確かで、「結婚しない」という選択をすることが地位を得てきているように感じます。

では結婚しないことにはどんなメリットがあるのでしょう?今後結婚を控えた人も、そうでない人も視野を広げて「結婚しないこと」にも目を向けてみましょう。

結婚することのデメリットを考えてみよう

未婚の人であっても「いつかは結婚するんだろう」とぼんやりと思っている人は多いと思います。しかしここで結婚することのデメリットについて、あえて考えてみましょう!

  • 自分の時間が減る
  • 家事や育児、仕事をしている人なら尚更、自分のことに割ける時間は少なくなるでしょう。女性は家事も担っていることが多いので、これは男性より確実だと思います。

  • 金銭の利用が自分の思い通りにいかない
  • 将来の為に貯金、ローンの支払いなどもあり、旦那さんと折半などで自分の収入のすべてを思い通りに使うことは出来なくなってしまいます。

  • 友人から誘われにくくなる、誘いに乗りにくくなる
  • なんとなくですが、男性は結婚後も友人との付き合いは変わりませんが、女性は割と誘いの数が少なくなるような気がします。

もちろん結婚することのメリットはありますが、今回はあえてデメリットに焦点を当てています。結婚しない場合は、これらのデメリットを受けなくてよいと考えられる訳です。それだけでも十分、「結婚しないことにもメリットはある」という理由になります。

「女の幸せ=結婚」ではない

結婚は女の幸せと比喩されることがありますが、本当にそうでしょうか。まるで結婚が女性のすべてであるかのような言い方ですが、幸せを一つの形に決めてしまう必要はないと思います。

仕事であっても、自分磨きであっても、他に輝けること、夢中になれることがあれば充実した生活を送ることは十分可能です。むしろ結婚をしていない女性は縛られないことで、のびのびと自分のやりたいことをしている女性が多いのではないでしょうか。

「彼がいても結婚しない」もアリ

結婚をしないという選択肢を掘り下げてみると、「彼はいても結婚はしない」という選択もあることに気付きます。

籍を入れることで「きちんと結婚をする」と色々の手続きが面倒だったり、名字が変わることで仕事に支障が出ることを避ける為だったり、あるいはヨーロッパでは籍を入れない事実婚も多いのでその風潮を取り入れてという理由もあります。

籍を入れなくても彼と一緒にいられる幸せという精神性を大事にしているとも考えられます。

周りの理解も大事。あなたも分かってあげよう

「結婚しない」という選択をするのが自分であれば、「私には仕事がある」「私には○○がある」と言うことが出来ますが、もしあなたの友達だったらどうでしょうか?つい、「結婚したら?」と言ってしまいそうな気がしませんか?

結婚しない選択が増えているとは言え、理解はまだまだ少ないようにも見えます。そんな時だからこそ、女友達の理解がとても大事になります。友人が結婚しないという選択をしたとしても、「それもアリだよね」と明るく言ってあげることが必要です。

女性同士の応援や励ましがあれば、結婚しないという選択がもっと自由になっていくと思います。

この記事をシェアする

関連記事