• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚適齢期を迎えた20代後半の女性が今しておくべきこと

Date:2012.12.05

25歳になった途端、周りの友達が一気に結婚しだしたのでとてもびっくりしました。多い時はひと月に5件の報告が入り、お祝いの気持ちはもちろんですが、焦る気持ちがなかったと言えば嘘になります。

結婚していない友人と話しても、「(結婚相手と)もう出会っておかないとまずい」「取り残される」と感じている人がちらほらいるようです。

その反面、世間では晩婚化も進み、30代40代での結婚もめずらしいことではありません。しかしながら、若くして結婚したいという希望から、20代後半の未婚女性は焦っている人が多いよう。

とはいえ、結婚をしたいと思える相手と急に出会うのも難しいので、今は「あなたが今やっておくべきこと」をすることが大事だと思います。

どこに出しても恥ずかしくない自分になっておく

結婚のチャンスが今ないからと言っても、どこでどうなって急に結婚するかどうかは誰にも分かりません。今、目の前にチャンスがないからと言って、結婚に備えておく必要がないかと言えば答えはNO。

その為に、まだチャンスがないと感じている人は、「どこに出しても恥ずかしくない自分になっておく」ことが大事です。

スタイルを磨くことでも、料理の腕を磨くことでも、しっかりと貯蓄をしておくこともそうです。自分に自信を持っておけば、いつどこで急な出会いが合っても大丈夫です。

結婚や結婚式のイメージを持つ

「結婚したい」と漠然と思っているだけで具体的なイメージを持っていない人は結構います。そうではなく、「こんな人とこんな結婚生活が送りたい」「結婚式はこういうことがしたい、披露宴ではこんな演出がしたい」というイメージをもっておくことはとても大事です。

結婚生活へのイメージやあこがれを持っておけば、「この人とは理想の生活が出来そう」「この人はこういう所が生活に合わなそう」と結婚を結びつけて考えられます。結婚したいと願っているのなら、男性を見る目は好みかどうかだけではないのです。

また出会いがあったとして、結婚のイメージを持っていれば、初めからそれを想定したお付き合いが出来ますし、相手も結婚願望があれば話は早く進んでいきます。

自分の好きなものや生活感を把握しておく

実際に結婚した時には生活も今までとは変わりますし、妥協しなくてはいけない部分も正直言って出てきます。ストレスが溜まることもあるので、自分の癒し方やストレス発散のしかた、自分が生活で譲れないことをなどを確立しておくことが大事です。

付き合い初めや結婚当初は男性によく思われようと譲ってしまったり、言いたいことを我慢する女性も少なくありません。それがそのままなあなあになってしまうと良くないので、「結婚生活でも自分が居心地よく生活する為に必要なこと」を今のうちに見つけておきましょう。

結婚はタイミングとよく言われます。今、交際している人がいない人でもどんな風に結婚のタイミングがやってくるかは分かりません。今は違うからと諦めず、結婚に向けての準備をする時間だと思って過ごすことは何よりも大切です。

この記事をシェアする

関連記事