• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ご主人との喧嘩が増えた時は、離れず一緒に過ごす時間を増やそう!

Date:2013.08.10

結婚して数年経過すれば、お互いの生活リズムが確立されるでしょう。

子供の夜泣きやご主人のいびきなど何らかの理由で別々に寝ている、ご主人の帰りが遅いので夕食は別々にしているなど、生活リズムのズレによる夫婦の距離を感じているなら出来るだけ早めに対処することをお勧めします。

夫婦の距離が離れると、会話のズレや居心地の悪さを感じやすくなり、不満も蓄積されやすくなります。相手に対する気遣いや心配りが減ることで些細なことで喧嘩が増えるかもしれません。

「最近、喧嘩が多いなぁ・・・」とため息をついている方は、ご主人と一緒に過ごす時間を増やすと夫婦仲が良くなるかもしれません。今回は、夫婦で過ごす際にお勧めのアイテムとその効果をご紹介します。

アイテム1 『アロマオイル』の香りで二人の気持ちを高めよう

夫婦仲を深める為には、心の距離を縮める前に実際の距離を縮める必要があります。人にはそれぞれパーソナルエリアがあるので、触れ合う機会が無ければどんどん広がってしまう恐れがあります。

寝室が別でなかなか触れ合う機会が無い方にとっては、体に触れることも難しいかもしれません。そんな時には男女の仲を深めると言われているアロマオイルを活用しましょう。

お勧めは、花の香りが濃厚なイランイランです。イランイランの香りには、男性が女性を魅力的に感じる効果があると言われています。香りと共に普段は身に付けないアクセサリーや服を着ることで更に効果が期待できるでしょう。

「このアロマオイルはリラックス効果があるんだよ。揉んであげるから手を出して」とハンドマッサージを口実にご主人に触れることを幾度か繰り返せば、徐々に距離が縮まるのではないでしょうか。

アイテム2 『ゲーム機器』で楽しく笑顔になれる時間を作り出そう

お互いに顔も見ることがなく、笑い合うこともほとんど無いというご夫婦は、笑える雰囲気を自らの手で作りましょう。無理に笑おうとすればするほど笑えませんから、自然に笑顔になるゲームを活用しましょう。

お勧めは、二人で力を合わせて戦うゲームや二人で体を動かして競い合うゲーム等です。

ゲームは、非現実世界に身を置くことでストレス解消や興奮作用があり、大声で悔しがる、喜ぶ、怒るなど喜怒哀楽を自然に出すことが出来ますし、お互いに沢山の笑顔をみることが出来ます。

ゲームの後も「あの時にアイテムを使うなんてすごいね!また遊ぼうね!」と次回へ繋げることが出来れば笑顔で過ごす日々が日常化する日も近づくことでしょう。

笑顔は「あなたに好意があるよ」と伝える手段ですから、ゲームを利用して夫婦の仲を深めてはいかがでしょうか。

アイテム3 『車』や電車、新幹線などで遠出して思い出を再現してみよう

ご夫婦になる前は、恋人同士として交際していたお二人には思い出も沢山あることでしょう。近場のデートから離れて遠出した時のことを思い出して下さい。二人で食べた物や景色、そこで語り合ったことなど思い出すだけで楽しい気分になりませんか?

実際に思い出を再現すればもっと楽しさを味わえるかもしれません。車や交通機関を利用して、ご主人と思い出の場所を訪れることで思い出を懐かしむだけではなく、今までの様々なお二人の歴史を改めて振り返る良い機会になります。

プロポーズされた場所なら「結婚してから色々あったけれど、ここでプロポーズされなかったら今の生活は無かったかも知れない。ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることも出来ます。

ご主人もこれまでの生活を振り返って、夫婦仲を見直そうという気持ちになるかもしれません。移動中は、様々な話が出来ますので周囲や時間を気にせず動ける車をお勧めします。

アイテム4 『お酒』を飲んで本音で語り合おう

ご主人との距離が開き過ぎていて、もはや何を話したらいいのか見当がつかない方は、お酒をお勧めします。適度なアルコールは、気分の緊張を和らげるので普段は言え無い内容も言いやすくなるでしょう。

お酒は、時に大胆になるので些細な口論から大きな喧嘩へ発展する可能性もあるので、日頃の不満をぶちまけるアイテムというよりも、ご主人に対する感謝を述べるアイテムと思って活用したほうが良いでしょう。

自分の気持ちを伝えるだけではなく、ご主人の話に耳を傾けることであなたへの感謝の気持ちだけではなく、普段は話してくれない仕事の愚痴や将来のことなどを聴くことも出来るかもしれません。

お互いに思っていることを言い合うことで、ご主人に対して決めつけていたことが実は誤解だったと気づくかもしれません。ゆっくり過ごせるように休みの前日にでもお酒に誘ってみてはいかがでしょうか。

指先ツンツンで寂しさを伝えることが夫婦円満のコツ?!

結婚生活12年を迎えるIさんは、ご主人との距離を感じたらこんな方法で夫婦仲を深めているそうです。

「結婚当初から今までずっと夫婦円満だったわけじゃありません。私は専業主婦ですから、家や子供のことが中心の生活で主人は仕事中心なので、すれ違いを感じることは多々あります。

なので、あまりに会話が減った時は、脇腹を人差し指でツンツン突きながら思いを伝えます。脇腹ツンツンは主人のツボみたいで、それを知ってからはフル活用です。

例えば、相手してくれない時は『最近忙しそうだけど、私や子供にも関心を示してくれないから寂しいよ~』って伝えます。主人が笑うだけで終わったら、もう一回。『一緒に過ごす時間を増やしてくれないならもう知らないよ~』ってツンツン。

怒るんじゃ無く寂しさを伝える感じでツンツン突いていると、笑いながら『わかった、わかった。週末休むからどっか行こうか?』ってプランを立ててくれるんです。主人に不満がある時は指先ツンツンで距離を縮めて不満や寂しさを伝えています」

Iさんの様に相手の喜ぶツボを見つけることが出来れば、アイテムを使わなくてもつかず離れずの距離をキープ出来るのかも?!皆さんもご主人のツボを探してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事