• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ケンカ勃発!皆どうやって仲直りしてるの?

Date:2013.11.08

仲良しカップルや円満夫婦でも、時にはすれ違い、ケンカをしてしまうことってありますよね。ケンカの後は「仲直り」。“そう言えば、いつも相手が折れてくれる”という人は、皆の仲直りの方法を参考に、時には自分から歩み寄ってみては?

あなたの意外なしおらしさ、素直さに、二人の距離がさらに縮まるきっかけになるかも。

シンプルイズベスト。一通り気が済んだら、謝ってしまおう

ケンカの原因は、たいてい些細なこと。人に話したら笑われてしまうようなことでも、その時の言い方や勢いで、いつの間にかケンカに発展してしまうことって多いと思います。

一通りやり合ったら、「あれ?私達、なんでこんなつまらないことでケンカしてるんだろ?」と
客観的にバカらしくなったりしますよね(笑)。

そういう時こそ、謝るタイミングが難しいもの。勢いで言いすぎてしまった言葉、とってしまった嫌な態度。やってしまったことは、取り消せないんです。

それでも、もう一度歩み寄るためには、「ごめんなさい」の一言がどうしても必要。ケンカの原因は自分が悪かった、と謝るのが悔しければ「言い過ぎちゃってごめん」と、謝る対象を変えてもOK。とにかく先に折れること。「仲直りしよう」という気持ちを表すこと。

小さなケンカであれば、このシンプルな方法が一番です。

さりげなくボディタッチしてみる

ケンカが続行しているわけでもなく、仲直りのタイミングも逃して、なんとなーく無言が続いている状態ってありますよね。あれ?もう普通に話しかけていいかな?もうケンカ終わってるよね?でも、どっちも謝ってない・・・。

お互い、無言を貫きながらも、この気まずい空気をどうしようかということで頭がいっぱい。そんな時、下手にケンカの話を蒸し返すより、黙って隣にピッタリくっついて座ってみる、というのはけっこう有効。

背中にのしかかるもよし、外出中なら手をつないでみるもよし。とにかく、ボディタッチをして気持ちを伝えてみましょう。「ハイ、これでおしまい!」という合図になり、気まずいムードがほころび、“通常モード”に戻れるのではないでしょうか。

お土産を買ってくる

ケンカが長引いてしまったまま、お互い仕事に行ったりして離れ離れになってしまった時。後味の悪いまま、離れて過ごすのって辛いですよね。そんな時は、相手の好きなもの、お菓子やお酒など何でもいいので、お土産を買ってみるのがおすすめです。

「昨日、ケンカしちゃったから、仲直りのプレゼント」と言って渡せば、離れている間も相手を想っていたことが伝わります。時間をおいて冷静になっているので、きっかけさえ作ればきっとスムーズに仲直りできるはず。

ケンカの状況別、仲直り方法。もちろん、ケンカをしないのが一番ですが、もしもの時のために頭の片隅に入れておいてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事