• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

些細な事で喧嘩が絶えない時期を抜け出す付き合い方

Date:2013.04.22

付き合い始めの頃や一緒に暮らし始めた頃は、大きな喧嘩もせず相手を許すことが出来たけれど、最近は些細なことで喧嘩してしまうという方は居ませんか。

もしかしたら彼や旦那との間に大きな問題を抱えているかもしれませんよ。今回は、二人の間の問題を明らかにして解決する方法をご紹介します。

原因が相手にあるか、自分にあるか考える

まずは喧嘩の原因を突き止めましょう。誰かと比べて慢性的にイライラしている場合、原因が自分にあることも考えられます。その誰かが自分の気になる人の場合は、彼や旦那との関係を壊してしまいたいという気持ちを抱えていることが理由かもしれません。

そうではない場合には、相手を許す限界を超えてしまったことが考えられます。何度言ってもわかってもらえない、改善しないなどの不満が喧嘩へと駆り立てているのなら以下の方法をお勧めします。

時間に余裕を持って最後まで話し合う

解決する為には相手に問題点をきちんと理解してもらう必要があります。出かける前の忙しい時間や仕事のある翌日へ疲れを引きずる夜は不向きです。休日の昼間など時間に余裕を持って最後まで話し合いましょう。

話し合いの中では相手からあなたに対する不満点も出てくることでしょう。聞きたくない内容でもしっかり最後まで聞き、その上で反論があれば口を開きましょう。

結果を受け入れ、努力する

お互いに思いを伝えたら後は受け入れ、努力するのみです。同じことを繰り返さない様に忘れそうなら何かにメモしておきましょう。再度同じことをした場合には何かペナルティを設ければゲーム感覚で楽しめるかもしれません。

喧嘩の時間が減って行けば、笑顔で過ごす時間が増えるので休日の過ごし方や旅行の予定、将来設計など未来のことを話し合うことが増え、安定した関係を築くことが出来るでしょう。

しかしながら、相手や自分に好きな人が居ることが判明した場合や、浮気(不倫)相手と比較して喧嘩していた場合、話し合いを重ねても折り合いがつかず一緒に人生を歩めそうに無いという時には別れを選ぶことでしょう。

この様な大きな問題は解決するまで時間がかかることが考えられます。顔を見るのも嫌でこれ以上一緒に居られないとお互いに判断すれば、諦めて新たな道を歩むという解決法もあります。

カップルの別れや既婚者の離婚などは悲しいことに珍しい話ではありませんので、今回の失敗で臆病にならず学びとして捉えて次へ進むことをお勧めします。

全ては優しさが解決する

血の繋がった家族でも喧嘩や言い争いはあるのですから、生活スタイルや育った環境が違う二人が波風なく暮らすことは難しいかもしれません。喧嘩したとしてもその都度改めることで二人の間の問題点は解決して行き、親密度は高まるでしょう。

例えば同棲や結婚して一緒に暮らしている場合、寝てばかりで相手にしてもらえない時には「起きてよ!」と怒らず、「疲れているんだな。起きたら一緒にDVDでも観ようかな」と気持ちを優しさへ切り替えて、レンタルショップへ出かけるなどご自身でも努力することをお勧めします。

相手を許すも許さないも全ては優しさです。大きな問題になる前には何かしらのきっかけがあります。お互いの忙しさによるすれ違いや会話不足、配慮不足などです。

喧嘩が増えてきたなと感じたら、スキンシップや会話時間を設けましょう。又、気持ちを伝えることも大切です。「いつも感謝しているよ」「好き」「愛してる」など相手への気持ちを恥ずかしがらずに伝えることもお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事