• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ソリッドな足で夏を迎え撃つ!健康的な美脚を作る4つのポイント

Date:2013.08.08

いよいよ、脚を露出させる季節が来ますね。足はオシャレの重要ポイントであると共に、健康を支える要でもあります。

冷え、むくみ、巻き爪、ニオイといった、足の4大トラブルは今のうちに解消させて、夏準備を済ませちゃいましょう。

冷えから脱却する

足の指全体を使って歩いていますか?足は、心臓に血液を送り出すポンプの役割を担っています。

足の指で地面をしっかり捉えて身体を送り出すという運動ができていないと、ふくらはぎや脛にチカラが入って筋肉を疲労させ、脚の血行を悪くする元になります。

先が尖っていたりヒールや底の高い靴は、やはり歩行には不向きなので、毎日は履かないようにするか、バッグの中にかかとの低い靴を入れておいて、たくさん歩く時には履き替えるようにするのが、本当はベストですね。

暖房器具だけに頼って足を温めることは、足が自力で体温を上げる機能を損ないます。足首回しや、足指グーパーなどのちょっとした運動を日常的に行って、内側から温度を上げましょう。

また、細長いバケツなどにお湯を張って足湯をしたあと、水のシャワーで下から上へリンパを流すようにマッサージして、再び足湯に戻ることを繰り返すと、血行がよくなって足がポカポカに温まります。

水シャワーをフィニッシュにすると、足が自力で身体を温める機能を鍛えることが出来ます。足湯の後は、ロングソックスやレッグウォーマーをすぐ履いて、体温を逃さないようにしましょう。

むくみに効く、知られざる方法

むくみに悩まされている人の足は、同時に冷えていることが多いですね。上で紹介した運動や足湯で温度を保つと共に、むくみに効くツボ刺激も併用するとよいと思います。

膝を曲げたときに出来るくぼみの下に指4本を当てた外側、一番太い向こう脛のすぐキワにある、「足三里 (あしさんり) 」というツボをゆっくり押します。足三里は、むくんでいる人なら押すと痛キモチいい部分なので、すぐに分かると思います。

煙草が手に入る人は、煙草のお灸でここを温めてあげることも効果的です。足三里とその周辺の、皮膚から6、7mmのところに煙草を近づけて、ピリッときたらすぐに離し、指でその上を揉み込んでやります。

くれぐれも熱さを我慢しないでくださいね!我慢するとヤケドをしますので、ピリッときたら絶対にすぐ煙草を遠ざけてください。これを繰り返しているうちに、足の甲まで温まってきます。

巻き爪とサヨナラできます

巻き爪は、間違った方法で爪切りをしていると悪化します。手の爪のように丸く切ると、爪が伸びる時に角が皮膚に食い込んで激痛を生むのですね。

足の親指の爪は、ある程度まで伸ばしたら、まっすぐ切って角を出しておくようにします。深爪はNGです。皮膚に当たっても痛くないように、角の部分はヤスリがけして丸みをつけておきます。

また、巻き爪は、歩くときに親指を使っていないと発症率が高くなります。親指にしっかり体重をかけて歩くことで、足の裏側から爪が押し返されて、角の食い込みを防ぐことが出来るのですね。巻き爪防止には、親指に体重を乗せて歩くことをクセづけましょう。

足のニオイを撲滅する!

足の裏には汗腺が集中していて、手のひらの次に発汗する場所です。靴やストッキングでムレさせると、微生物が繁殖してニオイの元になります。

足のニオイの防止は、まず靴を乾燥させておくことがポイントです。同じ靴を毎日履くのはやめましょう。スニーカーのように密閉率の高い靴の場合には、必ず綿の靴下を履いて汗を吸収させるだけで、靴につくニオイも減らすことが出来ます。

インソールは、複数枚用意しておけば、風通しのよい日陰で乾燥させたものを使い回しに出来ます。また、お菓子などに付いてくる乾燥剤 (シリカゲル) を靴の中に入れておくのも効果があります。

シリカゲルは、湿気を吸った後、フライパンや電子レンジで熱を加えると、元に戻って何度でも使えるスグレものです。封筒などの小袋に入れて使いましょう。

※熱を加えて再生させたシリカゲルはとても熱いので、ヤケドをしないように取り扱いには気をつけてください。

足の裏は、つとめて清潔を保つようにしましょう。軽石で角質を取り除くことと、特に足の指は、古い歯ブラシを使って指の間や爪の中まで綺麗に洗うこと、この2つをを習慣にするだけで、気になるニオイの軽減と防止をすることが出来ます。

ソリッドな足になろう

美しい足は、内側の充実によって作られます。やはり、まず冷やさないようにすることが、美脚への第一歩です。

足の故障は、身体の上へ上へと影響していって、膝や腰の痛みから、肩こりや偏頭痛、腸や心臓や肺といった内臓まで、全身の不調を生む元にもなります。

足先に負担のかかるデザインの靴は、思っている以上に弊害を生みます。今年はフラットシューズが流行していることでもありますし、大切な足を守ってあげる装いを工夫しながら、ソリッドな中身の詰まったイイ脚づくりを目指してください。

~舞台女優が教える美のレッスン

この記事をシェアする

関連記事