• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分倦怠期の乗り越え方

Date:2013.10.08

今までがんばれてたのに、急にやる気がなくなったことありませんか。毎週スポーツジムに通っていたのに仕事が忙しくなって足が遠のいたり、食事習慣を正しくしていたのに飲み会が続きで面倒になってやめてしまったり。

そんな「自分倦怠期」を上手に乗り越えて、またフレッシュな気持ちでやりなおせる方法をご提案します!

まったりペースに移行しよう

例えば、あなたがスポーツジムに通い始めてたとしましょう。プールやヨガクラスや最新のマシンが楽しくて、最初のうちはせっせと通います。

ところが・・・数か月もすると、残業や飲み会や雨が降ってて荷物を持っていくのが億劫、なんて理由をつけて行かなくなってませんか。

そう、恋愛で例えるならば最初は何をしても新鮮で楽しかった彼とのお付き合いがだんだんと慣れてきて手を抜きはじめてくる、あの感じ。ずばり倦怠期!

大好きで毎日でも彼と会いたい、そんな時期はそう長く続かないことを大人の女性たるものご存知ですよね。

それとあなたがスポーツジムから足が遠のき始めたのは、ほぼ同じ心理ではないでしょうか。最初は新鮮だった行動も、慣れてくると魅力が半減してしまい、がんばろうと思う持続力が弱くなるものです。

だからといって、ここでやめてしまってはもったいない!

情熱的にがんばっていたペースから、まったりペースに切り替える時です。お休みする日があったっていいじゃないですか。むしろ今まで頑張りすぎてたのです。完璧よりも継続♪やる気がなくなったり、さぼりはじめたら、そんな風に考えてペースを落としてみましょう。

初心を忘れるべからず、方法を工夫するべし

恋愛倦怠期の解消法は、女性の美学にもさまざま知恵が載っていますよね。例えば、つきあい初めを思い出そう、という初心忘れるべからずという教訓。またサプライズや記念日を大切にするとか、2人で新しいことを始める、とか工夫しようという提案がありますね。

これらのことは自分倦怠期の解消にも、とても大事なことです。

どうしてはじめたのか、楽しいと感じたのはどんな時だったかな、と振り返ってみてください。
先ほどの例でいうなら、どうしてスポーツジムに通い始めんだったかな、ともう一度目標を見直すことです。

体を動かしたい、充実したアフターファイブをすごしたい、ダイエットしたい。さまざまな目標があったのに、すっかり忘れていませんか?思い出せたら、また目標にむかう楽しみができましたね。

新しいウェアを買ったり、友達を誘ったり、今までとは違うワークアウトをしたりとスポーツジムに通いたくなる工夫もしてみましょう。

やりなおすのも一歩から

最後に、自分倦怠期から抜け出す一番効果的な方法は、一歩だけすすむこと。スポーツジムにまた通いたい、と思ったらその日はカバンの用意だけする。一歩だけすすめると、また次の一歩が簡単になります。

またがんばるぞ、と気持ちを新たにしても、新しいウェアを買ってもスポーツジムに行くという行動にでなければ、何も変わりません。自分倦怠期を抜け出すには最後は小さな一歩を踏み出してくだいね。

今回はスポーツジムを例えに書かせていただきましたが、ダイエットでも、英語の勉強でも、ジョギングでも、ボールペン字でも、お弁当づくりでも何でもあてはまると思います。

折角がんばっていたこと、遠のいていませんか。どんなことにも慣れはやってきます。ロボットでもない限り同じことの繰り返しでは退屈してしまうでしょう。上手にリフレッシュしてまた明日からがんばれる、そんな自分になりたいですね♪

この記事をシェアする

関連記事