• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

倦怠期に彼に対するイライラを抑えて、ラブラブな二人に戻す方法

Date:2013.03.08

長年お付き合いを続けていると、最初の緊張感やドキドキ感も薄れ、お互いに慣れが生じてきます。倦怠期の夫婦とまではいわなくても、彼の前で平気で食べ物にがっついたり、裸で歩いたりしてしまう女性もいるでしょう。

そんな彼女に緊張感をもつ男性は少ないでしょう。彼の方にもなくなっていく緊張感やドキドキ感。一緒にいても会話がなくなったり、デートらしいデートをしなくなったりしては恋人同士とは言えなくなってしまうかも。

いつまでもラブラブでいるためには、どうすればいいのでしょう?

彼の前で恥じらいを忘れない

彼の前で女性としての恥らいを忘れることから倦怠期がはじまるのです。彼と会うときはメイクをしっかり、ネイルケアもきちんとして、ヘアスタイルもばっちりきめて会いましょう。

いつまでも彼にとって彼女は美しいままでいたいもの。また彼のために努力をしていることを分かってもらいましょう。

彼の前を裸で歩くなんて言語道断。足を開いて座るのもNGですよ。ムダ毛の処理や鼻毛の処理なんてもってのほか。恥じらいを忘れないようにしましょう。

思いやりを忘れない

彼が疲れているときはそっとそばにいてあげるだけ。いろいろ話をしたい気持ちは分かりますが、そんなときは黙ってそばにいてほしいものです。そんな彼の気持ちを察してあげられる女性でいましょう。

長く付き合っていてもすべてを知っているとは限りませんが、それだけ一緒にいるから理解しあえることもあるでしょう。彼がこんな態度のときはこんな心理状態、ということを考えてあげましょう。

イライラしない

気を許した相手だから、どんな自分でも受け止めてくれると甘えて八つ当たりばかりしていると彼も疲れてしまいます。

仕事で嫌なことがあっても、彼にそれをぶつけないで。せっかく二人で会っているのだから、イライラしていては時間がもったいないです。こちらがイライラすると彼にもイライラがうつり、険悪なムードになってしまいますよ。

会話をたくさんする

一緒にいて黙ってお互いが携帯をいじっていては、何のために会っているのか分かりません。会ったらたくさんしゃべりましょう。

会っていない時間に起こったこと、仕事のこと、テレビの話題、女性週刊誌ネタ…話題はいろいろ、話は尽きないですよ。会って話しをして、楽しい時間を過ごせる恋人同士はラブラブですね。

スキンシップを忘れずに

男女の間ではスキンシップは大切です。彼の腕に腕をからませたり、彼の背中に顔を寄せたり、肩に頭をもたせかけたり、それだけでもいいのです。彼と触れ合っていることが大事。

そして彼にも頭を優しくなででもらったり、腕をさすってもらったり。それができるのは恋人同士だけですからね。

時には褒める

思い出してみてください。お付き合いを始めた頃はお互いの魅力を伝えあっていませんでしたか?君のこんなところに惹かれた、あなたのここが大好き、なんて言い合って幸せを感じていたのではないでしょうか?

褒められるのはうれしいものです。特に男性は褒められるのが大好き。彼女だから理解できている彼のこと、彼女だから分かる彼の魅力を口に出して褒めてあげましょう。

いろいろなデートスポットに行く

いつも部屋でDVD鑑賞では飽きてしまいますね。さまざまデートスポットに出かけましょう。話題のデートスポットでも一昔前のデートスポットでも、付き合い始めた頃に出かけた場所に行ってみるのも懐かしですよ。

いろいろなところに出かけて、さまざまな体験を二人ですることで二人の仲はますますラブラブになりますよ。

サプライズをする

彼の欲しがっていたものをこっそり用意しておいて、プレゼント。彼の行きたがっていたライブのチケットを彼に内緒でゲット。したことがないなら手料理でもてなす、など彼が喜ぶサプライズをしかけてみましょう。

相手の話しをよく聞く

馴れ合いになると相手の話しを途中でさえぎったり、よく聞いていないことが増えるもの。お付き合いの最初の頃は彼の言葉は一言も聞き漏らさないようにしていたはず。それはいつまでたっても、どれくらいお付き合いが深まっても大切なことです。

相手の話しは最後までよく聞いてあげるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事