• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お化粧直しが減るかも!化粧崩れを防止するスキンケア方法

Date:2012.11.12

女性なら気になるお化粧崩れ!朝は、とっても綺麗にお化粧が出来たのに、お昼には崩れ始めて、夕方には全部塗り直したいくらいに崩れてる!なんてお困りの方はいませんか?

そこには、間違ったスキンケアがあるかもしれません。そこで、お化粧直しが楽になって、お化粧したてのお顔が長く続く為のスキンケア方法をご紹介していきます。

お化粧崩れの原因って?

お化粧が崩れやすいという方は、特にオイリー肌方に多いように思いますが、その他の肌質の方でもスキケアが間違っていると、お化粧崩れがひどくなってきてしまいます。

では、お化粧崩れの原因ってなんだと思いますか?答えは、皮脂・汗・乾燥なんです。

気温が高いとか暑い時は、毛穴が開きやすくなって勿論皮脂も出やすくなりますよね。でもそれだけではなく、寒くても皮脂はしっかり出てきてしまう原因があります。それが、乾燥なんです。

冷房や暖房、外出時に吹く風にあたっていたりすると、お肌が乾燥してきます。お肌は、乾燥すると水分が逃げてしまうので、それを防ぐ為に皮脂を出して水分を逃さないようにします。

しかし乾燥する場所に長くいたりすると、それだけでは乾燥を防ぐ事が出来ずに、過剰に皮脂を出してしまうのです。又汗には、油分が含まれています。

ファンデーションは、油分に弱くすぐに緩んでしまい落ちやすくなってしまいます。乾燥というと、水分を沢山補給しようとするスキンケアになりがちですが、そのスキンケアは逆にお化粧崩れを起こしてしまうスキンケアになります。

お化粧崩れを防ぐには、油分をしっかり補給して、過剰な皮脂分泌を抑える事がコツなんです。

お化粧崩れ知らずのスキンケア

油分を抑えるスキンケアってどんな事をしたらいいの?と思いますよね。とっても簡単です!敬遠しがちな油分を、事前にしっかり蓄えられるお肌にする為のスキンケアをすればいいだけなんです。

長く続ければ乾燥が気になる季節でも、暑い季節でもいつもよりお化粧崩れの少ないお肌になれるはずです。

1・洗顔

洗顔フォームをしっかり泡立てて泡で洗う感じにしましょう。ゴシゴシ擦ると、お肌の角質を傷めて剥がれやすくしてしまいますし、バリア機能が低下してかえって油分が出やすいお肌になってしまいます。

汚れも落ちにくく必要な水分や油分まで落としてしまうので注意しましょう。Tゾーンや小鼻の周りは、皮脂や汚れが溜まりやすいのでしっかり洗いましょう。ぬるま湯でしっかりすすいで終了です。

2・ローションと乳液

ローションは、たっぷりコットンに染み込ませてパッティングしていきましょう。角質の奥の方迄、水分を補給してあげて下さい。

乳液は、ベトつくからと敬遠する方もいるかもしれませんが、乳液を付けることで油分が補給させて皮脂の過剰分泌を防ぐ事になります。

マッサージするように手の平全体で付けていきますが、お化粧崩れの気になる部分や乾燥が気になる部分には、手の平で少し抑えてなじませると良いそうです。

全て終わった後は、しっとりした感じになるくらいが目安ですが、少しベタとするようなら乳液の量を調節して、手の平で抑える時間を長くしてみて下さい。これなら少量でも、お肌の中迄しっかり乳液が浸透してくれますよ。

毎日やっているスキンケアでも、敬遠しがちな油分を事前にしっかり補給するスキンケアに変えるだけで、お化粧崩れしにくいお肌に変化してきます。

オイリー肌の私も勇気がいりましたが、油分をプラスしたスキンケアに変えてみたら、お化粧直しが楽になってきました。お化粧崩れの原因が皮脂なのに不思議ですよね!

自分のお肌に合う油分量を探しながら、お化粧崩れのしないお肌作りをしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事