• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夕方のパンダ目にさよなら。パーツ別、化粧崩れを防ぐメイクの方法

Date:2014.06.26

朝はバッチリ決めたメイク。しれが夕方になると見事に崩れている、ということはよくあります。

最近ではメイク崩れがしないファンデーションも増えてきていますが、それを使っているだけでは、目の下のクマや消えかかった眉毛、まだらになった肌、は隠すことができません。

しかし、ちょっと注意をするだけで、ちょっとしたコツをつかむだけで、驚くほどメイク崩れをしなくなります。夕方になっても化粧崩れをしないようなメイクのコツを紹介しましょう。

パンダ目の原因・マスカラの使い方

時間が経つと目の下が黒くなり、パンダ目になってしまうことがありますね。その原因の一つはマスカラです。1日の瞬きの回数はとても多いもの。マスカラ重ねづけしているほど、マスカラの繊維などが目の下につきやすくなります。

それを防ぐには、まずマスカラをウォータープルーフにすることです。ウォータープルーフならにじんでしまうこともなく、目の下に色が付きにくくなりますよ。また、まつ毛のカールをしっかりすること。

まつ毛が目の下に触ることで、マスカラの色が落ちやすくなります。マスカラ下地をつけることで、まつ毛の健康にも役立ちますし、カールも持続しやすくなりますよ。

アイライナーはにじまないものを

アイライナーが落ちてしまうと、目元は悲惨なことになりますね。そうならないためには、マスカラと同様ウォータープルーフのものを使いましょう。にじまないアイライナーを探すことが大事です。

アイライナーを引いたら、パウダーをつけ、もう一度ラインを引くと崩れにくくなりますよ。

眉毛は消えないようにするためには?

眉毛をペンシルで描いている人は多いですよね。芯が柔らかいものは描きやすいのですが、落ちやすいのがデメリット。ペンシルの芯は少し固めのものを選ぶといいですよ。

また、眉毛にファンデーションのパウダーなどがついていると、上手に色がのりません。眉毛ブラシで余分なものを取り除いてから、描くようにしましょう。また、ペンシルやパウダーだけでなく、眉マスカラを使うと崩れにくくなります。

口紅の色を長持ちさせるには?

口紅の色を長持ちさせるには、重ねづけをしましょう。口紅を塗ってティッシュオフしたら、再度口紅を塗ります。またリップライナーは口紅よりも色を長持ちさせます。輪郭を描くだけでなく、口紅を塗るように塗ると、色落ちしにくくなりますよ。

唇が荒れていると口紅の色がうまくのらず、落ちやすくなります。口紅の色を落ちにくくするには、唇の保湿をしっかりして、荒れを予防することが大事ですよ。

ポイントメイクの崩れは肌荒れの証拠?

眉や唇、アイメイクが崩れてしまうのは、ファンデーションのノリが悪いことも原因です。素地がしっかりしていないと、ポイントメイクも崩れやすくなるのです。基本はファンデーションの崩れを防ぐことが大事ですよ。

ファーデーションのノリがわるかったり、まだらになったりというメイク崩れは、肌が乾燥しているせいです。乾燥している肌はそれを補うために皮脂を出します。そのせいで、ファンデーションが崩れやすくなるのです。

それを防ぐにはファンデーションを塗る前に、保湿をしっかりすること。化粧水をしっかりつけて、保湿美容液やクリームを塗って保湿をしましょう。それからファンデーションを塗りましょう。

ただし、すぐに塗るとメイク崩れの原因になるので、肌に美容液やクリームがなじんでからメイクをするようにしましょう。

メイク崩れの強い味方とは?

マスカラがにじんでしまった、眉毛が上手く描けない、などといった時に便利なのが綿棒です。マスカラをうっかり周りにつけてしまった、という時に綿棒でぬぐえば大事にいたらなくてすみますよ。

細かい部分を直すこともできるのとても便利。化粧ポーチには必ず綿棒を入れておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事