• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

世界の血液型の分布割合!あなたの血液型はどこの国に多い?

Date:2013.07.06

みなさんの血液型は何型ですか?日本で最も多いのはA型、次がO型、B型、AB型と続きます。

大まかに割合を見てみると、A:O:B:AB=4:3:2:1 となります。 A型とO型で、日本の人口のほぼ7割を占めます。B型とAB型は割合から見ると少なめですね。では、日本だけでなく、血液型の世界分布を見てみたらどうなるのでしょうか。

まず、日本で第1位のA型。A型が多い地域は、

ヨーロッパ(特に、ヨーロッパ北部の寒い地域)
アラスカやカナダの北部
オーストラリア

ヨーロッパの整った街並みは、A型の几帳面さによって作られたのかも?そして、ヨーロッパの中でも特に北欧はA型が際立って多くなっています。北欧はどこも、きれいな街並みばかり。家の中も整理整頓してある人が多いのです。これはやはりA型パワーなのでしょうか?

そしてA型は北部のほうに追いやられている傾向があるかもしれません。アメリカ大陸においても、アラスカやカナダの北部といった辺境の地に多く分布します。また、グリーンランドにもA型は多くいます。

A型には冒険心あふれる人が多くいます。ヨーロッパでは、大航海時代の昔、多くの人が船で海原に繰り出していきました。北欧でも、バイキングが船に乗って遠征し各地に進出したというのは有名な話。

あふれる冒険心ゆえに辺境の地まで到達したのかもしれない?また少し離れて、オーストラリアにもA型は多く分布しています。オーストラリアはもともとイギリスから多くの人が移住して作られた国。A型が多いのも納得できます。

次にO型。世界ではO型の割合が最も多いと考えられています。多数派の血液型ですね。O型が多い地域は、

北アメリカ
南アメリカ
アフリカ

特に南アメリカではO型の割合が多くなっています。O型は最も古い血液型といわれ、狩猟採集時代の遺伝子を残していると考えられています。

肉を消化することが、他の血液型よりも得意で、体を動かすことも得意です。これらの地域でも、肉が比較的多く食事にのぼりますね。また身体能力も高く、筋力を生かしたスポーツで活躍する人も多くいますね。

さらに日本では、3割程度と少なめのB型。B型の多い地域は、

インド
中国
中央アジア

この中でも特にインドにB型が多くなっています。中国も全域に渡ってB型が多く分布しています。

中央アジアは、カザフスタンやキルギスタンなどの、シルクロードの中継地点にもなった国々のことを指します。以前は旧ソ連下にありましたが、90年代に独立してからどんどん変化してきている地域です。

これらのインド、中国、中央アジアは、経済面でもこれからぐっと伸びてきそうな地域です。B型の人はパワーがあり、社会の中で力を握ることも。自分の主張を通していくことにも長けています。B型が多いこれらの地域は、強力な推進力を持っているとも言えますね。

そして、日本では最も少ないAB型。わずか10%程度です。世界的にも、非常に少ない血液型です。地域によっては、AB型がわずか数パーセントしかいないこともあります。フランスやスイスなどでは、3%しかいません。

このように稀な血液型であるAB型ですが、実はアイヌ民族ではAB型の比率が多くなっています。アイヌ民族におけるAB型の比率は20%ほどを占めています。

AB型は世界でも少数派ですが、その分貴重な存在かもしれません。歴史的にも、最も新しい血液型です。

みなさんの血液型はどこの地域に多かったですか?地域によって血液型の分布が異なるのは面白いですね。海外旅行に行くならば、自分の血液型の人が多い国に行けば、楽しい旅行になるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事