• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気圧変化による女性の体調不良多発!気圧に負けない体づくりを!

Date:2015.06.07

shutterstock_212616301 - コピー

梅雨になると「体がだるい」、「やる気が出ない」など、多くの女性が悩まされる梅雨時期の不調。

鬱陶しい天気や蒸し暑い気候のせいで、だるかったり、気分が滅入ったりするものと諦めてはいませんか?ただ時が過ぎるのを待つしかなかったこの不調も、最近では気象と体調の関係についての研究も進み、さまざまな対処法も考えられるようになりました。

梅雨の不調にはいくつかの原因がありますが、その中でも多くの女性を悩ます「気圧」に注目。お天気や気温だけでなく、日々の気圧の変化をチェックして、梅雨を上手に乗り切る方法を紹介します。

気圧が女性に与える影響とは

大気が低気圧になりやすい梅雨の時期。この「低気圧」が女性の体や心を狂わせる一因と言われています。

梅雨の不調の主な症状

では具体的に、どのような症状に悩まされているのでしょうか。人により表れ方は異なりますが、梅雨時によく耳にする不調について挙げてみました。

・体がだるい、重い
・やる気が出ない
・首や肩のこり
・冷え
・むくみ
・腰痛
・関節痛
・頭痛

低気圧の影響

低気圧が体に及ぼす影響として、次のようなことが挙げられます。

  • 低気圧時、高気圧時よりも空気中の酸素が薄くなるため、副交感神経が優位になり、体を休めようとします。呼吸や脈がゆるやかなお休みモードになるのに、家事や仕事など、無理に体を動かそうとするため、だるさや疲れ、ストレスがたまっていくことに。
  • 低気圧が続くと炎症物質ヒスタミンの分泌が増加し、体のさまざまな痛みを引き起こします。ヒスタミンは交感神経を刺激。交感神経優位となりストレスを感じやすくなった体は末梢血管を収縮するため、血行不良、冷えやむくみを生むことに。
  • 急激な気圧の変化(低下)を内耳にあるセンサーがキャッチすると、交感神経が活発化。痛みや自律神経の乱れを生むことに。

気圧変化に負けないための対策

梅雨の体調不良を放っておくと、不調が不調を呼び、どんどんとひどくなる恐れがあります。また、何も対処できないくらいにやる気がなくなってしまってからでは、どうすることもできなくなります。

対策を練る元気があるうちに、自分にあった対処法を見つけておきましょう。

胃腸を整える

一般的に胃腸など消化器の弱い人、虚弱体質の人が気圧の影響を受けやすいと言われています。日頃から、胃腸に負担がかかる、食べ過ぎや飲み過ぎなどには注意し、胃や腸の調子を万全にして、気圧の変化に備えるようにしてください。

冷やさない

体を冷やす飲み物・食べ物は控え、体を温める食材を食事に取り入れるようにしましょう。

暑いからと薄着をしすぎるのもよくありません。梅雨は気温差も激しいので、羽織れるものを一枚常備しましょう。冷えた場合は、首・手首・足首を温めるのも効果的です。

適度に体を動かす

筋肉量を増やして、熱を作りやすい体にすることも大切です。できるなら、梅雨入りする前から、日常的に運動を取り入れた生活をしたいものです。

筋肉量を増やせないまま梅雨入りしてしまった場合は、とにかくこまめに体を動かすこと。ストレッチでも伸びでもよいので、体が固まって血流が悪くなってしまわないよう、ほぐすことが大切です。

自律神経を整える入浴法

自律神経を整えるには入浴も効果的ですが、入浴の仕方が重要になってきます。

・お湯の温度:39~40℃
・入浴時間 :15分
(5分間首まで浸かった後、みぞおちぐらいまでの半身浴を10分)
※水分補給を忘れずに。入浴後はコップ一杯の水を。

寝る前にこの入浴方法でお風呂に入れば、寝つきもよく、質の良い睡眠が得られます。

42℃~43℃のお湯は熱すぎます。交感神経や直腸温度が急激に上がり、逆に自律神経バランスが乱れることになるので気をつけましょう。

シャワーだけですませたいなら、

・浴び始めはぬるめのお湯、徐々に熱く
・シャワー後は、湯冷めに注意

シャワーのお湯で肌に刺激を与えることは交感神経を活性化させる働きがあるので、就寝前はあまりおすすめではありませんが、朝の目覚めのシャワーとしては大変有効です。

低気圧の影響で副交感神経が優位になり、やる気がまったく起きないようなときは、シャワーを浴びてすっきりするのもよいでしょう。

耳たぶマッサージ

締め付けるような頭痛、首や後頭部の不調に悩まされている方におすすめなのが「耳たぶマッサージ」です。首回りの筋肉を刺激してほぐす効果、副交感神経を優位にする効果が期待できます(偏頭痛や耳鳴り、目眩には効きません)。

【STEP1】

  1. 耳たぶを真下ではなく、外側に向けて引っ張ります(少し痛いくらい)
  2. 引っ張った状態で3秒キープ
  3. これを3~5回繰り返してください

【STEP2】

  1. 耳たぶを回します
  2. 前回し3回、後ろ回し3回を行ってください

※両耳一緒でも、片耳ずつでも構いません

気圧の変化を知ることが大事!

shutterstock_232553236 - コピー
梅雨入りまでに、気圧変化に負けないくらい強い体に仕上がった人はよいですが、そうそううまくはいかないもの。

やっぱり気圧の低下に体が対応しきれない!という人は、気圧の変化を事前にキャッチ!対策を練ることが大切になります。

事前に低気圧が来る時期がわかっていれば、それまでに体を休めたり、ストレスをためないようにしたり、痛みの予防をしたり。体調が悪くなるのを見越して、仕事や家事を事前に片付けておいたり、と準備することができます。

通常の天気予報では、天気や気温、降水確率程度の情報しかわかりませんが、スマホやパソコンがあれば、気圧の予報もわかる時代になりました!

すぐれものアプリ「頭痛~る」

気象予報士が考案した頭痛持ちさんのためのお天気アプリです。「頭痛~る」という名前ですが、体に影響があるレベルの気圧の変化のタイミングを教えてくれるので、頭痛だけでなく、気圧変化によるさまざまな症状の人にもおすすめ!

6日先までの「気圧予報」に、気圧が急激に低下するとき、グラフ上に表示してお知らせしてくれる「低気圧アラート」!

スマホを持っている人は、ぜひ利用したいですね!

頭痛~る 気圧予報&簡単!!頭痛ダイアリー

頭痛~る 気圧予報&簡単!!頭痛ダイアリー
開発元:pocke, Inc
無料

お天気サイトの健康予報「バイオウェザーサービス」

スマホを持っていない人におすすめなのが、健康気象予報Webサイト「バイオウェザーサービス」です。

「頭痛~る」のようなアラート機能はありませんが、気圧配置の週間予報を見ることができます。

また、天気予報を見る感覚で健康状態をチェックできる、健康予報も!その時期に気象の影響を受けやすい症状について、体調の良し悪しを予報してくれています。

SnapCrab_NoName_2015-6-3_11-6-10_No-00

☆バイオウェザーサービス
http://www.bioweather.net/

自律神経を乱さない生活を

shutterstock_225893824 - コピー
気圧の変化に負けない体を作るには、自律神経の調子を整えることが重要になります。

日頃から、下記のようなことに気をつけとにかく健康的な毎日を送ることが大切です。

  • 規則正しい生活
  • 栄養バランスのよい食事
  • 適度な運動
  • 質のよい睡眠

当たり前のようであって当たり前にできていない、簡単なようでいてひどく難しいことですよね。

生活のすべてを健康的にはできないとしても、気圧と自律神経の関係、自分の体質と気圧の影響などを知った上で、取り入れることができることについて考えてみてください。

深くゆったりとした呼吸を意識すると副交感神経が優位になり、交感神経が刺激されすぎた状態を整えることができます。

逆に、副交感神経が優位になりすぎてやる気が出ないようなときには、浅く速い呼吸をすると交感神経を刺激するため、やる気を出すのに効果的です。

梅雨時の気圧の影響は、副交感神経優位にも、交感神経優位にも働きます。自分の置かれている状況や症状を見て、まずは簡単手軽な呼吸によるコントロールを取り入れてみてはいかがでしょうか。

頑張りすぎないことも大切ですよ!疲労やストレスを溜めこむことがないように、梅雨の時期はリラックスを心がけて、ゆったりとした気分で過ごしましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント