• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

即効で立ち直る、気分転換の方法27選。嫌な気持ちを引きずらない!

Date:2017.10.05

複雑な仕事や役割を求められ、毎日忙しく過ごす女性たち。疲れを溜めないためには、上手に気分転換することが大切です。

単純な休息だけでは身体を休めることができても、精神的な疲労はあまり回復しません。やはり「気分」を「転換」することで、脳をリフレッシュさせて集中力を取り戻すことができます。

気分転換のコツは、今していることと全く別の行動をすること。

でも短い休憩時間の中で、「何をしようか」と悩むうちに時間が過ぎてしまい、結局何もできずに終わってしまう……という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、とっておきの気分転換方法をご紹介します。

数ある方法の中から、とくに手軽で効果の大きな方法だけを厳選して、27項目にまとめました。

五感と脳を刺激して、ときには休息させて、上手に気分をリフレッシュしましょう!


気分転換(1)今すぐこの場でできること

まずは、忙しい仕事や家事の合間に、「ちょっと疲れたな」と思ったらすぐに実践できる方法から見ていきましょう!

1.食べる&飲む

気分転換の方法でアンケートをとると、いつも上位に入る定番が「食べること」「ドリンクを飲むこと」です。

誰でもいつでも、簡単にできるところが良いですね。

とくにデスクワークや接客など、頭を使う仕事の最中に「甘いものを補給する」という人は多いのではないでしょうか。

脳の糖分が不足するとイライラしたりネガティブになったりしがちです。甘いものでブドウ糖を補給し、集中力をアップしましょう!

菓子パンなどでは満腹で眠気が訪れてしまいますから、小さなチョコレートやキャンディがおすすめですよ。

大好きなドリンクを飲むと、ほっとして力が湧いてきます。「いつものコーヒー」「好きなお茶」はもちろん、「初めてのハーブティ」なども新鮮な気持ちになれて、おすすめです。

また、「もっと本格的に気分転換したい」と感じたら、ぜひホテルやレストランなど素敵なお店に予約を入れて行ってみましょう。

少し背伸びしてコース料理やビュッフェを楽しむことで、心もお腹も満足し、「明日からも頑張ろう」と感じることもできます。

2.深呼吸する

なんだかモヤモヤしてしまったとき、たった1回の深呼吸でも気持ちが落ち着くことがあります。

時間にして、わずか10秒。身体に淀んだ汚れを吐き出すつもりで、まず限界まで息を吐き出し、胸とお腹がぺったんこになったら、新鮮な空気を思いきり吸い込みます。

脳に酸素が回り、シャキンと目が覚めるのを感じられるでしょう。数分続けて行えば、瞑想にもなります。

一度空っぽにした頭と心を、酸素で再起動しましょう。

▼深呼吸の効果についてはコチラも参考にしてください!

深呼吸の記事のトップ画像キャプチャ

3.ストレッチ

デスクワークの方にとくにおすすめしたいのが、ストレッチです。

肩や首のコリは血行不良を招き、脳の動きを鈍くします。

疲れが溜まりきってしまう前に、定期的にやるのがポイントです。30分、または1時間ごとに席を立ち、ちょっと身体を動かしましょう。

難しいことをする必要はありません。肩甲骨を意識しながら、

  • 肩を回す
  • 首をゆっくり左右に倒す、回す
  • 頭をマッサージする

こうしたことを行ってみてください。

首回りの血行が促進されて脳にしっかり栄養が運ばれ、気分も、そして疲れ目も、すっきりクリアになるでしょう。

仕上げに両手を思いきり頭上に伸ばし、全身で伸びをすれば、完璧です!

4.その場を離れる

仕事中に嫌なことがあったときや、それが頭から離れなくなってしまったときには、いったんその場を離れると気分が持ち直すことがあります。

モヤモヤと頭上を覆う霧のような「嫌なこと」から、物理的な距離をとることで、冷静になれるのです。

我慢して無理に留まり続けるよりも、一度仕事の手を止めて、トイレに行ったりお茶を淹れに行ったりしてみましょう。

また、嫌なことがあるわけではないけれど「飽きて作業に集中できなくなってしまった……」というときだってありますよね。

そんなときにも、一度席を立ち心をリフレッシュさせることがおすすめです。

可能であれば場所を変えて作業するのも良いでしょう。やる気と集中力が嘘のように回復したりします。

ノートパソコンで作業する営業職やフリーランスなど、一定の場所を離れても問題ない職種の場合は、カフェに出向いてパソコンを開き直してみるのが良いでしょう。

5.手を洗う

女性が手を洗っている写真
トイレに立ったついでにぜひ試してほしいのが、「手を洗う」というアクションです。

いつもより少し丁寧に、両手を優しく洗います。とても簡単なことですが、冷たい水の感触が程よい刺激となって脳をリフレッシュさせてくれます。

眠気覚ましにもうってつけです。手を洗い終わったら、思いきり伸びをしてから席へ戻りましょう!

6.机の上を片付ける

視界に入る場所が散らかっていると、なんとなくイライラ・ソワソワして集中できなくなりませんか?

これは「密集ストレス」というものの一種で、満員電車で受けるストレスと同じメカニズムなんだとか。机の上が散らかっていると、脳は知らないうちにストレスを受け続けているんです。

どうも調子が上がらないなと思ったら、机の上を整理整頓してみましょう。
  • 今使わないものはしまう
  • 不要な書類はゴミ箱かシュレッダーへ
  • 出しっ放しの文房具を元の場所に戻す

些細なことですが、こうした作業はとても大切。

手を動かすのは程よい気分転換になり、雑念の原因となるモノを排除することで、今やるべきことに集中できるようになります。

7.「5分間妄想」にチャレンジ

とくに原因がないのに、「どうしてもやる気が出ない、困ったな」というときは、5分間だけ目を閉じて、心地よい環境下にいるところを想像してみてください。

たとえば、素敵な場所にいるところ。筆者はよく、クラシック音楽を流しながら目を閉じ、「ゴージャスな宮殿」や「花の咲き乱れる大きな庭の中」にいるところを想像します。

この気分転換法のポイントは、妄想に集中してできるだけ細かいところまで想像を膨らませること。具体的には、こんな風に想像していきます。

この庭には白いブランコがあって、私は今(オフィスの椅子ではなく)そのブランコに座っている。辺りは花の香りに満ちて、きれいな蝶や飛び交う小鳥を、大好きな愛犬がぐるぐる追いかけて遊んでいる。
目の前には大きな噴水があり、キラキラと水が太陽の光を反射しているのが見える。背中側には明るい森が広がっていて、ときどきそこからリスが庭まで遊びにくる……。

なーんて。文章にするとちょっと照れくさい気もしますが、こんな想像をしているうちに心が落ち着き、やる気が戻ってきます。

なぜか自分を少し好きになれる気までしてくるから、不思議です。5分間たっぷり妄想した後は、「さ、仕事しよ」と前向きに取り組める気分になっています。

私の場合はお城や庭の妄想ですが、あなた自身の大好きなことならテーマはなんでもかまいません。現実に起きる(起きた)ことでも、あり得ないことでもOKです。

  • 楽しみにしている休日の予定
  • 感動した昨日の出来事
  • マンガの登場人物になって冒険する様子
  • 大好きな俳優と過ごすロマンチックな一日

などなど、どんどん妄想を膨らませてみてください。

目を閉じて考えていることは他の人には分かりません。ぜひ思いきり、好きな妄想に浸りましょう。

8.仮眠をとる

昼休みや休憩時間を使って短い睡眠をとることも、リフレッシュ効果絶大です。

仮眠は10〜20分程度でOK!

短時間でも、脳をリセット・再起動してあげることで、驚くほd生産性がアップするでしょう。

▼仮眠の取り方・お昼寝の仕方についてはコチラも参考にしてください!

昼寝の記事のトップ画像キャプチャ

長く寝すぎてぼんやりしないよう、そこだけは要注意です。

9.好きなものの写真を見る

写真を眺めている女性の画像
デスクやロッカールームでこっそりできる気分転換法として、とってもお手軽なのが「好きなものの写真を見ること」です。

  • ペットや好きな動物
  • 著名人
  • 尊敬する人
  • 懐かしい景色
  • 大事な人

など、ホッとするものや元気が出るものの写真を、すぐに取り出せるよう手元にストックしておきましょう。

スマホに専用のフォルダを作るのも良いですね。

10.好きな手触りを楽しむ

五感の中でも、触覚からの刺激というのは、仕事中にはなかなか得られません。

そこで、あえて指先に気持ちよい感触を味わわせてみましょう。ふっと気持ちが和んだり、パッとリフレッシュできたりします。

  • 梱包材のプチプチをつぶす
  • 手触りのよい生地をなでる
  • ムニムニするボールを握る

こうした刺激が気分転換にダイレクトに繋がります。

接客の仕事中、胸ポケットに小さな動物の人形を入れておいて、つらい出来事があったらポケットの上からそっとそれに触れる、という方法を実践している人がいました。

お客さまに理不尽なことを言われても、胸ポケットにある小さな存在感が自分を元気づけてくれるのを実感できたそうです。感受性豊かで素敵なエピソードですね。

11.よい香りを嗅ぐ

五感を使う気分転換方法で、もう一つおすすめなのが、嗅覚への刺激です。

好きな香りを嗅ぐと、人間はリラックスしたりポジティブな気持ちになれます。

これは、脳の中でも感情を司る場所に、嗅覚が深く関係しているためなんだとか。脳科学的にも、匂いが感情を左右する力は大きいのです。

好きな香りのサシェなどを、鞄や机に忍ばせておきましょう。

気分転換(2)帰り道や自宅でできること

気分転換に使える時間は、もちろん仕事中だけではありません。

モヤモヤを翌日に持ち越さないように、帰り道や自宅でリセットしましょう!

12.読書で他人の価値観に触れる

読書は、フィクションであれノンフィクションであれ、視野を広げるのに役立ちます。

著者や登場人物の価値観に触れることで、今の自分とは別の考え方・感じ方を学び、知らなかった知識を蓄えることで感情も豊かになっていきます。

気分転換したくなったら、仕事帰りに書店や図書館に立寄、気になった本を手にとってみてはいかがでしょうか。

ひょっとしたら人生を変える一行に出会えるかもしれません!

13.映画や動画を楽しむ

映像作品は比較的受け身でも楽しむことができるので、疲れた日にも無理なくリフレッシュしやすい方法です。

映画館で映画を見たり、自宅で動画サイトを楽しむのがおすすめです。
  • 好きな作品
  • 見たことがない作品
  • 面白くて、声を上げて笑ってしまう作品
  • 動物で癒される作品

など、その日の気分で見たいものを選びましょう。

お笑いコントを見て少し大げさに笑えば、落ち込んだ気持ちが軽くなります。

SFやファンタジーなどの非現実的な作品ならば、日常を離れてその世界観に心地よく没頭できるでしょう。

もちろん、感動的な作品に思いきり涙を流すのもよし。感情をたくさん動かして、リフレッシュしましょう。

14.心地よい音楽を聴く

目や頭を使うことに疲れてしまっているときは、音楽を聴きましょう。

  • 好きなもの
  • 懐かしいもの
  • その日の気分に合っているもの

などがおすすめです。

元気を出したいときはアップテンポの明るいものを、気分が沈んでいるときは寄り添ってくれるようなものを選ぶと、心地よく気分転換できます。

また「最近ちょっとマンネリぎみで退屈だな」と感じるときには、あまり聴いたことのないジャンルにあえて触れてみるのがおすすめです。

意外とツボにハマることだって、あり得ますよ!

15.歌う!

モヤモヤを発散したいときには、大きな声を出すのが効果的。

カラオケや車内で、お気に入りの曲を思いきり歌ってみましょう!

最近は、ひとりでカラオケを楽しむ女性が急増中。ひとりカラオケ専門店も続々登場していますし、通常のカラオケ店でも「お一人様大歓迎」というお店は増えつつあります。

歌うのが好きな人はもちろん、「人前で歌うのは苦手」という人も、気が向けばぜひチャレンジしてみてください!

人前で歌うのとひとりで歌うのとでは、味わう感覚が全く異なります。

「人前で歌うのが苦手」という人の中には、初めてのひとりカラオケでのびのび声を出す解放感に、予想外にハマってしまう人も多いんですよ!

16.スポーツをする

身体を動かし汗を流すと、不思議と心までサッパリするものです。

普段座りっぱなしのデスクワークなど、身体をあまり動かさない人にはとくにおすすめです。

  • ヨガ
  • ウォーキング
  • 水泳
  • ダンス
  • 登山

など、興味のある分野があればぜひ、少しずつでも身体を動かしてみてください。

週に1回でも充分大きな気分転換になり、仕事にもリラックスして集中できるようになります。

17.単純な作業に没頭する

最初は「面倒だなぁ」といやがっていた単純作業。始めてみたらいつのまにか夢中になり、終わったときにはなぜか気持ちがスッキリしていた……なんて経験はありませんか?

何かに没頭しているときは、頭が空っぽの状態です。これは瞑想で言う「無心」の状態と、じつはよく似ているんです。

  • 片付け
  • 不要品の生理
  • 料理
  • ハンドメイド
  • プラモデル作り
  • 塗り絵

など、そんなに頭を使わない作業に没頭してみましょう。

使いすぎた頭をいったんクールダウンすることで、自然と気分転換できます。

18.ゆっくり湯船につかる

忙しいからこそ、お風呂ではしっかり湯船のお湯につかりましょう。

身体の汚れはシャワーで洗い流せますが、心の疲れをとるにはやはり湯船につかることが大切です。

身体の芯からゆっくり温まることで、リラックスできる副交感神経のスイッチがオンに。疲れがとれて、ぐっすり眠ることもできます。

お風呂の楽しみ方としては、さらに一歩進んで

  • 入浴剤や泡風呂を楽しむ
  • 半身浴で読書を楽しむ
  • スパに行く

なんて方法もあります。お風呂は命の洗濯とも言いますよね。ぜひゆっくり温まりましょう。

19.文字に書き出す

女性がノートに何かを書いている画像
手書きで文字を書くことは、脳への程よい刺激になります。

腹が立つ出来事があった日や、モヤモヤする日の気分転換にうってつけなのが、今思っていることを全て紙の上に書き出してしまうことです。

日記でも、要らない裏紙でもOK。殴り書きでも箇条書きでもかまいません。自分以外の誰も見ないのですから、遠慮することなく感情をぶつけましょう。

吐き出し終えてスッキリしたら、その紙やページはビリビリ破いて捨ててしまえばOK。後で見返して不快感がぶり返すこともありませんよ。

20.ホッとする相手と会話する

気心の知れた相手との他愛ない会話は、心をホッとゆるめてくれます。心がゆるむと脳や身体の緊張も解けて、気分が軽くなりますよね。

大好きな友達や家族など、リラックスして話せる相手と雑談をしてみましょう。

たくさん笑ってポジティブな気分になったり、悩みを打ち明けてスッキリしたり。「ここは自分の居場所なんだ」と安心できれば、また仕事へ向かう元気も湧いてきます。

21.早寝する

何も見る気になれない。誰とも話す気になれない。もう、ひたすら疲れてしまった……。なんて日は、とにかく「早く寝る」ことだけを目指しましょう。

睡眠は、脳も身体もリセットできる「究極の気分転換方法」と言えます。

お風呂に入ってあたたまって、早めに布団に入って、眠る。疲れたときは、これだけで充分です。

一晩ゆっくり眠って起きたら、朝には気持ちがすっかり軽くなっているはず。

朝6時に起床するとしても、夜22時に寝れば8時間は眠れます。疲れきってしまった日には仕事を早めに切り上げてでも、睡眠時間を確保するのがおすすめです。

気分転換(3)今度の休日にできること

「その場でできる気分転換」「帰り道や自宅でできる気分転換」と、ここまでの章では、比較的すぐに行うことができる方法をお伝えしてきました。

この章ではもう少しじっくりと取り組むと良いこと、「次の休日にできる気分転換」について見ていきましょう!

22.予定のない休日をつくる

「何もしなくていい一日」を過ごすことって、1年に何度ありますか?

休日にもなんだかんだ用事が入ってしまって、全く気持ちが休まらない、ということの方が多いのではないでしょうか。

もしあなたがそんな悩みを抱えているならば、今すぐスケジュール帳を開いて、「この日は何もしないで自分の時間を過ごす」と決め、先に赤丸で囲んでしまいましょう。

「何もしなくてもいい一日」は、事前に確保しておかないといつまで経っても訪れません。仕事で緊張しっぱなしの神経をゆるめるには、自分だけの時間が必要です。

のんびり過ごすもよし、思いきり遊ぶもよし。好きなように過ごす休日を、意識してこまめに設けましょう。

23.動物or植物に触れる

女性が猫に触れ合っている画像
動物でも植物でも、命あるものは不思議と大きな元気をくれます。乾いた心に、潤いをくれます。

ぜひ動物や植物を愛でる機会をつくりましょう。
  • ペットを飼う
  • 植物を育てる

といった方法が一番身近に彼らを感じることができますが、さまざまな事情でそれができないケースも多いですよね。

その場合は、

  • 猫カフェに行く
  • 動物園に行く
  • 水族館に行く
  • 植物園を散策する

なんて方法もあります。

お散歩中の犬と目が合って思わずにっこりしてしまう、という経験だって、素敵な気分転換です。

犬好きの方は、そんな出会いを求めて近所を散歩してみるのも楽しいかもしれません。

24.散歩する

もちろん犬と出会うためだけでなく、「散歩」は気分転換にピッタリの行動です。

  • 歩くこと
  • 景色を見ること
  • 外の風に触れること
  • 日光に当たること

その全てが、身体にも心にもポジティブな効果をもたらしてくれます。

散歩(ウォーキング)のリズム運動は、脳にとって程よい刺激。雑念を払い、良いアイディアが涌き出てきやすいというメリットもあります。

休日や早朝だけでなく、仕事中の昼休みに数分歩くだけでも、良い気分転換になりますよ。

25.メイクや髪型を変えてみる

メイクグッズが載ったドレッサーの写真
見た目を変えることも、簡単にできて効果の高い気分転換の一つです。

髪をバッサリ切るところまで行かずとも、流行のメイクやヘアアレンジにチャレンジしてみるだけで充分、生まれ変わった気分を味わえるのが女性のメリットでしょう。

人は誰しも「別の人生を歩んでみたい」という欲求を、心の内に秘めています。

着慣れないパーティドレスや和服を着ると気持ちが引き締まりますが、これもある意味、気分転換ですよね。

日常ではなかなかドレスを着るのは難しいですが、メイクや髪型を変えるだけでも変身願望は大きく満たされます。その日一日は、鏡を見るたびちょっと驚き、笑顔になってしまいそうです。

26.定期的な習いごとをする

「月曜日は英会話」「水曜日はヨガの日」など、週に1回程度のペースで習いごとにチャレンジするのもGOODです。

週1ペースで習いごとをすると、それを軸に一週間のペースが整うようになります。

「明日は習いごとがあるから、今日じゅうにここまで仕事を終わらせておこう」と思えば、作業もバリバリ捗るでしょう。

職場以外の居場所や仲間、そして仕事以外の目標ができることは、人生の美味しいスパイスになります。大好きなことならなおさらです!

憧れている習いごとがあるなら、思いきって始めてみましょう。

27.旅行する

気分をがらりと変えるには、身の周りの環境を変えるのが一番です。と言っても、引越しや転職は大変ですよね。

ならば、旅行はどうでしょうか?

日帰りでも泊まりがけでも、旅行ならば比較的手間がかかりません。旅先は「見知らぬ土地であること」が大切なので、ごく近場でも何の問題もありません。

誰も自分を知らない土地で、自分も知らないことだらけ。自由に振る舞い、新鮮な驚きに触れ、のんびりと景色を楽しむ。

想像だけでもうワクワクしてきませんか?

コツは、仕事のことや悩んでいることは、いったん棚に上げること。頭の中からちょっと別の場所に移しておいて、今は目の前の物事を楽しみましょう。

そんなふうに旅ができれば、最高の気分転換になるでしょう!

心地よさが目印!自分に合った方法を見つけよう

気分転換する方法は、こんなふうにいくらでも見つけることができます。

ひょっとしたらあなたの中にも、まだ誰も知らないとっておきの方法が眠っているかもしれません!

大事なのは、自分に合った方法を見つけること。定番の方法でも、したくないことを無理に行ってもかえってストレスを溜めてしまいます。

心地よい、と感じることが一番大切です。

心地よくリフレッシュできる方法をたくさん見つけ、あなたの「オリジナル定番」としてコレクションしていきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント