• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ずぼらでも実践できる!キッチンがきれいに見える簡単裏ワザ

Date:2013.09.10

友人や知り合いの家に遊びに行くと、きれいにしてあって自分の女子力のなさにがっかりした経験はありませんか?それは家が新しいとか古いという問題ではありません。きちんと掃除して整理整頓がされているかということです。

部屋がきれいなのはもちろんのこと、生活感がよくわかるキッチンなどの水回りがきれいにされていると、よりできる女性だと思ってしまいませんか?

仕事や育児等で忙しいと掃除をする時間がなく家の中が常に散らかってしまうという方も少なくはありません。部屋は何とか片付けができるけれども、キッチンなどの水回りとなるときれいに保つのは難しいという方も多いのではないでしょうか。

そんなずぼらな方でもキッチンをきれいに見せることができる簡単な方法があるのです。それをいくつか紹介します。

キッチン自体を隠してしまう

賃貸等で住宅を探している時や新築で家を探す際に、カウンターキッチンを希望される方も多いのです。その理由は様々ですが、来客があったときも見えにくいからという理由もあるのです。

キッチンがお客様から丸見えだと生活環が出てしまいますし、そこで作業しているのも丸見えとなってしまいますので、お客様も余計な気を遣ってしまいます。それなのでまずはキッチンを隠すことを考えてみましょう。

構造上キッチンが隠れない場合は、例えば食器棚や収納棚などを置くことでそれを目隠しにすることもできます。そのようにしてリビング等の人が集まる場所からは見えにくいキッチンスペースを作ってみましょう。

できるだけ物を置かないようにすること

キッチンを目隠しして上手く隠したとしても、完璧に全てを隠すのは難しいと思います。きれいに見せるコツはできるだけ物を収納してしまうことです。鍋やフライパンなどは常に出しっぱなしになっていたりしませんか?

また冷蔵庫を見てみましょう。お子さんがいる家庭などではお子さんが学校などからもらってきたプリントをそこにペタペタ貼ったりしているのではないでしょうか。確かに冷蔵庫に貼ると見やすくて便利なのですが、あまり見た目きれいには見えません。

それらのプリント類を全てなくすのは難しいので必要最低限にしておきましょう。もしくは冷蔵庫以外のスペースに移すというのも良い方法だと思います。

生ごみ入れは置かないこと

家が狭いと、キッチンの匂いなどもリビングまで漂ってくることもあります。それが食べ物のおいしそうな香りならいいのですが、生ごみの匂いだと不快な気分になりますよね。そこでキッチンのシンクに置いてある生ごみ入れは思い切って置かないようにしましょう。

生ごみが出たら新聞紙などに包んでその場で捨ててしまえばよいのです。生ごみ入れがあると生ごみがなくてもそれ自体に臭いがしみついてしまっているので頻繁に掃除しないといけなくなります。なければそれを掃除する手間も省けるのです。

この記事をシェアする

関連記事