• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ずっと既読にならない…彼氏のライン”未読スルー”対策

Date:2014.11.28

現代女子の必須ツールともいえるLINE。その手軽さとかわいいスタンプを使う楽しさとが相まって、スマホユーザーで使用している人がほとんどですよね。

そのLINEを代表する機能が、既読表示。メッセージを送った相手がそのメッセージを読んだかまだ読んでいないか、一目見ればわかる機能です。

よく“既読スルー”がツラい…なんて話をよく聞きます。既読スルーとは、メッセージを確認されているにも関わらず、返信がこない状況のことです。メッセージの内容を無視されたような感覚に陥り、なんだか寂しい気持ちになりますよね。

でも今回注目するのは、既読スルーよりもっと残酷で辛い“未読スルー”。なぜ、彼女からのLINEを見ないのか…彼の気持ちを推理し、対策を講じてみましょう!

彼に、女の影はありませんか?

携帯を持ち歩かないなんて、携帯をどこかに忘れたときくらいですよね。携帯が鳴れば、誰からのどんな連絡なのか確認するのが当たり前です。もちろん、仕事中だったり運転中だったりして見ることが出来ないというのはわかります。

でも、休みの日なのになんの連絡も無し、もう仕事が終わっているはずなのに送ったLINEはずっと未読のまま…そんな状態のことを“未読スルー”というのです。

読んでいるのに返事がこない、既読スルー。でも、それ以前に読んでさえもらえないという未読スルーはツラすぎます。ここはズバリ言います、彼に他の女性の影はありませんか?

LINEをいつまでも開かない、メールを読まないということは、あなたと連絡をとっていることを彼の周りの誰かに知られたくないということです。

LINEにはメッセージ通知をオフにする機能がありますから、あなたからのメッセージの受信通知をオフ設定にしている可能性が高いです。

男友達と一緒にいるなかであなたとのやり取りを見られたところでなんの問題ないはず。女性とのやりとりがあることを知られたくないということは、他に射止めたい女性がいるからと考えるのが筋でしょう。

彼からの未読スルーに落ち込んでいるよりも、彼の行動や言動になにか不審な点が無いかを確認してみたほうが良さそうです。

ここは駆け引きのしどころです!

LINEは便利すぎるあまり、相手の都合を考えずにドシドシ自分の言いたいことを送りつけてしまうことがあります。

彼からしてみれば、なにかと忙しい時にスマホにあなたからのLINEメッセージが連投されていたり、なんとなく構ってほしげなスタンプが送信されてきたりすることよって、束縛されているかのような感覚に陥っている可能性があるのです。

自分からメッセージを送りすぎていたな…と思う人は、思い切って今までしていた連絡頻度を見直して、本当に必要なことだけをメッセージで送るようにしてみてください。

彼は、「あれ?メッセージ来てない…」と思うはずです。ここは、恋の駆け引きをするチャンスだと思って、連絡をすることを我慢してみましょう。

あまりにあなたからの愛情が大きいと彼は油断をしますから、時に気の無い素振りを見せることも必要ですよ。

“LINE疲れ”が原因かも?!

この社会は、便利になりすぎました。どこにいても、携帯からたくさんの情報を手に入れられる反面、人間関係から逃れられなくなってきました。

どこにいても電話一本で職場に呼び出されたり、友人に呼び出されたりする時代…もしかしたら彼は、そんな自由の奪われた毎日に嫌気がさしてきているのかもしれません。

これはまさしく現代病と言っても過言ではありません。望まない情報が次から次へとなだれ込んでくることから、わざと自分からSNSの世界と縁を切る人も出てきています。

SNSは便利ですし、活用次第では交友関係を広げることもできるツールですが、自分自身を見つめたい…生き急がず自分のペースでゆっくり暮らしたい…そんな人もいるでしょう。

そういった人にとってみればLINEのようにポンポン言いたいことを言われ続けるツールは、苦痛でしかないのです。あなたの彼が、そういった人間関係に疲れ果てていないか気にかけてあげてくださいね。

人は人、自分は自分…大量の情報が入って来る生活のなかで、人とは違う“自分自身の大切さ”を見失いかけているようなら、あなたがケアして支えてあげてください。

寂しい思いをしないために…

彼の浮気にしろ、毎日に疲れているにしろ、なんらかの負の気持ちをもっているからこそ行われてしまう“未読スルー”。ゆるぎない愛情があれば、そんな行為しないはず。

でも、行われるからには理由があるのです。彼とあなたの関係性を見直す良い機会だと思って、未読スルーされたあかつきにはすぐに対応できるよう心の準備もしっかりと怠らないようにしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事