• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気が利く子はやっぱりモテる!気が利く子とただの世話好きは紙一重

Date:2013.06.09

モテる女子になるには、外見だけでなく中身でもとても大事。いつの時代も気が利く子は男女問わずモテますよね。

でも自分では気が利くつもりでも、周りから見ると世話好きのおせっかいだと思われていることも。「気が利く人」と「ただの世話好き」の境界線はどこにあるのでしょうか。

相手が何を求めているかが大事!

「気が利く子だと思われたい」と何でもかんでも世話を焼いてしまうと、たちまち「おせっかいキャラ」になってしまう危険が。相手をよく見て、相手が「してほしいな」と思っている事をしてあげるのが「気が利く」ということなのです。

気が利くアピールで定番なのが料理の取り分け。大抵の男の子はありがたいと喜んでくれるものの、中には「自分の食べたい分だけ入れたい」とか「料理が到着する度にせっせと取り分けられると、なんか急かされているような気になる」なんて意見も。

料理の取り分け一つにしても、相手がどうして欲しいのかを見極めて、「これ取り分けちゃっていい?」と一声かけたり、「このぐらいでいい?」と相手に合わせて量を調節するなど、さりげない気配りが必要なのです。

飲み物の注文などにしても、席につくとお店の人のように「ビールの人は〜?」なんて掛け声をかけてしまってはただの仕切り屋です。全体を取りまとめるような役割は男性にお任せして、うまく立ててリードさせてあげるのも気遣いです。

要求を先回りして準備するべし!

例えば、飲み会などで酔っ払って倒れた人を介抱するのは誰でもできること。たとえ毎回誰かを介抱してあげたとしても、優しい人ではあっても「お世話係」になっているだけです。

本当に気が利く人は飲みすぎてるなと思う子が倒れる前に「ちょっとひと休みしたら?」とお水を渡せるような人。先を見越して対応できる人なのです。

仕事の場合なら特に分かりやすいかもしれません。「資料を作ってくれ」と言われて資料だけ作って終わる人と、「会議で使うならコピーしておきましょうか?」と言える人なら、どちらが気が利くか一目瞭然ですよね。

ただし、押し付けがましく「コレやってあげたわよ」という態度を見せ付けたり、勝手に先回りして行動してしまい「そんなこと別にしてもらわなくてもよかったのに」などとならないように注意が必要です。

気が利く子はちょっとのサインも見逃さない

例えば、パッと見は元気そうにしている人がちょっと体調悪そうなそぶりをした時、いち早く気づいて声をかけるのは気が利く子。なんとなく元気が無い子には「何かあった?」とメールしたり、仕事が終わらなくて大変そうな後輩に声をかけたり。

いつも周りをよく見てちょっとした変化を見逃さないからこそ、相手が求めている事が何なのか分かるのです。気が利く子を目指すなら、まずは一歩引いて周りの様子をよく見ることから始めてみましょう。今まで見えなかったものが見えてくるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事