• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏の機嫌が悪いときの対処法。慎重に様子を見ながら対処すべし!

Date:2017.04.07

デートのときや普通にお話をしているときなど、付き合っている彼氏が突然不機嫌になって困ってしまった経験はありませんか?

男性は女性と考え方や価値観が違うため、いきなり機嫌が悪くなってしまったらどう接して良いかわかりませんよね。

何とか機嫌を直してもらおうと頑張ってみても、裏目に出て余計に機嫌を悪化させてしまうことだってあります…。

この記事では、彼氏が機嫌が悪いときの対処法についてご紹介します。男性はいつ不機嫌になるか分からない生き物ですから、今のうちに対処法を予習して備えておきましょう。


まずは様子を伺ってみよう。機嫌の悪さの深刻度を量る方法

ただ単に「彼氏の機嫌が悪い」と言っても、その対処法は機嫌の悪さの度合いにもよりますよね?

洒落にならないほど機嫌が悪いなら、容易に近寄ったら余計なトラブルを招きかねません。逆に彼がそんなに大した問題を抱えていないのに、女性側が勝手に問題を深刻化して考えてしまうのもすれ違いの原因になってしまいます。

まずは彼氏の機嫌がどのくらい悪いのかを量ってみましょう。彼氏の機嫌を量る方法は次の通りです。

無難な雑談を振って様子を見る

彼氏の機嫌が悪いな、と感じたときはとりあえず何でも良いので話しかけてみましょう。

いきなり核心に触れるようなことを言うのはトラブルの原因になります。まずは当たり障りのない雑談を振ってみましょう

機嫌が悪そうな彼の様子を見るなら次のような話題が無難です。

  • 自分や相手の趣味のこと
  • その日の天気や気候のこと
  • ちょっとした笑える話(芸能ニュースや自分の失敗談など)

そんなに重みのない話題を振ってみて、相手の出方を伺ってみましょう。

  • 面倒臭そうだけど一応相槌を打ってくれるのか
  • 鬱陶しそうに返事すらしてくれないのか
  • 意外にも会話に乗り気なのか

といった点に注意しながら彼の反応を観察してみてください。

もし相手が鬱陶しそうにしているのであれば、話題はすぐに打ち切ってください。話しかけるのはあくまでも彼の機嫌を推し量るための手段であって、お喋りを楽しむためではありません。

また、彼の機嫌の度合を量るのが目的ですから、間違っても「何かあった?」「どうして機嫌悪いの?」などいった話題は避けましょう。

いきなり核心に触れるのではなく、まずはじっくり様子を見ることが大切です。

彼の興味を引くものを置いてみる

機嫌の悪い男性って、なんだか殺気立っていて近寄りがたいこともありますよね。機嫌の悪い彼氏に無理をして話しかけても、下手をすれば八つ当たりをされたり喧嘩に発展してトラブルを招いてしまうことだってあります。

そんな彼に話しかけるのが怖いという人は、無理に話題で様子を見る必要はありません。

機嫌の悪い彼氏の様子を見るなら、彼の興味を引くものを置いて遠くからじっと彼の反応を伺うという方法もあります

相手の興味を引くなら、次のようなものがおすすめです。

  • 彼の好きな料理・お菓子
  • 彼の趣味に関連する雑誌や小物
  • 彼の好きな番組やDVDをテレビにつけておく

敢えて女性側からは触れず、間接的に様子を見ることで穏便にことが進んで行くこともあります。

  • 用意したものに反応を示すのか
  • 用意していることにすら気づかないのか
  • 気付いた上でスルーされてしまうのか
  • 気付いた後、そのことについて話しかけられるのか

といった点を意識しながら彼の動向を観察しましょう。

この方法で重要なポイントは、用意したものをさり気なく配置することです。取ってつけたようにわざとらしく置かれていると、男性側が不自然を感じたり、「ご機嫌取りをされている」と感じて余計に機嫌が悪くなってしまう可能性もあります。

お菓子を置くなら高級ではなく市販の安いもの、小物を置くならわざわざ新しく用意せずに元から家にあったもの…といったように、「彼の様子を見るためだけに用意しました」という策略を悟られないように気を付けてください。

ボディタッチで甘えてみる

機嫌の悪い彼の様子を見るなら、いっそのことボディタッチなどをして甘えてみるのも一つの手です。

男性には女性の身体に対して包容力や安心感を抱く人が大半です。そのため女性のボディタッチで彼の苛立った心をいくらか緩和させる効果もあります。

もしボディタッチで甘えてみて、いくらか機嫌のマシになった彼が不機嫌の理由を話してくれるのなら不機嫌の解決はすぐそこです。

逆に、ボディタッチを鬱陶しがられてしまったら彼の機嫌の悪さは深刻な状態にある可能性が高いです。

その場合はすぐに触るのをやめて、次の対処に移りましょう。

不機嫌の理由は彼に問いたださずに女性側で推測してみる

彼の機嫌の悪さの度合がある程度分かったら、次は自分なりに理由を考えてみましょう。

このとき、無理に彼の不機嫌の正体を正確に見破る必要はありません。とりあえず何が理由で不機嫌なのかを考えてみて、リストアップしていくことで女性側も対策を練りやすくなります

不機嫌の理由によっては、他の誰がどう対処をしてもどうにもならないものもあります。敢えて放っておいた方が良いことも…。

ここでは男性が不機嫌になりやすい理由について簡単に挙げていきます。もし彼に当てはまりそうなものがあればチェックしておきましょう。

仕事や職場でストレスを抱えている

機嫌の悪い男性には、今やっている仕事に対してストレスを感じている場合が多くあります。会社でミスをしてしまったり、思わぬ仕事が増えてしまったり…。

そういった仕事に関係するストレスで男性が不機嫌になっている場合は、相手の女性は愚痴を聞いてあげることはできても根本的な解決に導いてあげることはほとどんどできません

同じ会社に務める人や似た仕事の経験のある女性なら多少の手助けはできるのかもしれませんが、ほとんどの場合は本人が自分で解決するしかありません。

それとなく

  • 仕事の進みはどうか
  • 会社で嫌なことはないか

といったことを聞いてみるのも一つの手です。仕事の話題を振られて彼が嫌な顔をするのであればそれ以上は追求せずに黙っておき、もし愚痴を聞いて欲しそうなら黙って聞いてあげましょう。

いずれにしても仕事のストレスで不機嫌になった男性に対して女性ができることは限られています。そのことをしっかり踏まえて彼の不機嫌に対処してみてください。

体調的なストレスを抱えている

もしかしたら、彼氏の不機嫌はあなたの誤解である可能性もあります。頭痛や腹痛があれば自然と口数は減るし顔つきも険しくなりますよね?

そういった体調不良の症状は、本人が言わない限りは周囲には”不機嫌”に取られてしまってもおかしくはないのです。

彼の機嫌が悪いと感じたときは、本当に機嫌が悪いのかそれとも体調が優れないのかをしっかり見ておきましょう

彼が普段から偏頭痛を持っていたり、胃腸の弱い人だったりすることはありませんか?また、季節の変わり目や気候の変化などで体調の悪くなる人はいます。

まずはそういった体調不良の原因になりそうな要素がないかを考え、じっくり彼の仕草や言動を観察してみましょう。トイレに行く回数が多かったり、食欲がなかったりすれば要注意です。

「どこか具合が悪いの?」と直接聞いてみるのも良い手です。不機嫌な彼にこれを言うと少し嫌な態度を取られるかもしれませんが、「何か嫌なことあった?」といきなり核心に触れるよりはマシな方法です。

彼からしても、体調を心配されるならそれほど嫌には思わないでしょう。もし本当に体調が悪いようなら、彼の望む程度で看病をしてあげてください。

しつこく構いすぎない程度に薬や飲み物をそっと出しておくなどして様子を伺ってみるのが無難です。

人間関係のストレスを抱えている

現代社会を生きる多くの大人にとって、人間関係のストレスは絶対に避けては通れない問題です。

  • 家族のこと
  • 友人関係のこと
  • 職場の人間関係のこと
  • 近所付き合いのこと

…など、人間関係によってストレスを感じてしまう原因はたくさん挙げられます。

彼がストレスを感じている相手によっては、付き合っている女性には話せない問題もあるでしょう。また、今ではなくて時間が経った後であなたに話そうとしているのかもしれません。

いずれにせよ、人間関係のことで不機嫌になっている彼から無理に不機嫌の理由を聞き出そうとするのは危険です。もし不機嫌の理由が分からなくても、彼への質問は「何かあった?」くらいに留めておきましょう。

あなたが愚痴を聞いてあげられるような内容なら聞いてあげるに越したことはありませんが、もし彼が話したがらない問題であれば放っておくのが無難。

人間関係のストレスは人それぞれで重みが変わるデリケートな問題です。あまり詮索しすぎないようにしてください。

あなたへの不満を抱えている

彼があなたに不満を抱えて不機嫌になってる場合もあります。この場合は非常に厄介です。

あなたが原因で不機嫌になっている男性に「どうしたの?」と訊ねれば、「どうしたも何もお前のせいだよ!」と彼の怒りを買ってしまうことがあります。彼の性格によっては、女性に直接言いづらいことで悩んでいる可能性だって有り得ます。

しかし原因が自分にあるのであれば、女性としては放っておけませんよね?自分に解決できるならしてしまいたいところです。

彼が不機嫌になってしまった場合、まずはあなた自身に思い当たる節がないかどうかを考えてみましょう。もしも心当たりのあるものがあればさくっと謝ってしまいましょう。

「どうして機嫌が悪いの?」という言い方はせず、単刀直入に「この前の○○はごめんなさい」と謝ってしまうのが無難です。

「私の○○が原因で機嫌が悪いの?」という言い方をしてしまうと、機嫌の悪い男性なら「分かってるなら謝れよ」「俺が不機嫌にならないと気付かなかったの?」と更に不機嫌になることもあります。

また、不機嫌の理由が相手の女性でない場合も「お前には無関係だから放っておいてくれ」と余計に彼のイライラを増長させてしまいます。

彼の不機嫌と自分の心当たりが結びついた場合には、とりあえず彼の不機嫌とは関連づけて話さずに、あくまでも”自分の非礼をお詫びする”というスタイルで話してみましょう。

どうしても自分で心当たりがなければ、そのときは彼から話してくれるのを待つか彼の不機嫌の理由が別の問題であると考えて別の対処法に移ってください。

当たらず触らず…でも気にかけて!不機嫌な彼氏への対処法

不機嫌の理由が分かった場合でも分からなかった場合でも、彼が不機嫌なままでいるのはちょっと面倒ですよね。

変に気を遣わなければならないし、知らない間に地雷を踏んでしまって厄介なトラブルに発展するのも避けたいところです。

そこで、彼氏が不機嫌になったときに心がけたい対処法についてご紹介します。

とりあえず一度は「どうしたの?」と訊ねる

不機嫌な男性はピリピリしていて厄介ですし、ほとぼりが冷めるまで放っておきたいですよね。しかし、不機嫌になった男性の中には「ちょっとは構ってほしい」と感じる人も少なくはありません。

不機嫌の理由や「放っておいてほしい」という気持ちとは関係なく、男性としては付き合っている女性から心配されて悪い気はしないのです。

そのため彼氏が不機嫌になってしまったと感じたときには、とりあえず一度は「どうしたの?」「何かあった?」と声をかけておくのが無難です。

男性を一人にしてそっと見守ることも大切ですが、それは一度「どうしたの?」と訊ねてみてからです。

彼の不機嫌を察知した途端に彼を放置してしまうと、「少しは心配してほしい…」と寂しく感じる男性も中にはいます。冷たい女性と取られてしまうこともありますから、まずは一言だけでも何か声をかけておきましょう。

誰かに話してスッキリするような問題なら、彼の方から進んであなたに不機嫌の内容を話してくれるはずです。逆に何も話してくれないようなら、彼が自分で解決するまでは黙って見守っておきましょう。

構いすぎずにそっとしておく

不機嫌な彼が何も話してくれない場合は、「そっとしておいて」という暗黙のサインであることがほとんどです。

そんなときに「話してみて?」「相談なら乗るよ」と構いすぎてしまうと更に彼のイライラを刺激してしまいます。

不機嫌な彼氏には一人になる時間を与えて、出来る限りそっとしておくのが無難です。彼から話しかけられるまでは極力女性からのアクションは控えて、何かを求められたらその時は素直に応えてあげましょう。

彼をそっとしておくときのイメージとしては「去る者追わず来る者拒まず」です!

あんまり腫れ物に触るような態度でよそよそしくしてしまうのも良くありませんから、あくまでも普段のあなたの態度・ペースを崩さないままで彼をそっとしておきましょう。

人のストレスは男女を問わず、時間が経てば自然と解決してくれるものが多くあります。彼氏の不機嫌も、今すぐに直そうとはせずにじっと時間が経つのを待ってみてください。

リラックスできる環境をつくる

不機嫌にもたくさん種類があります。自分ではどうにもならないものであったり、人にはちょっと話しづらいけど誰かに聞いて貰いたいモヤモヤを抱えていたり…。

一言「どうしたの?」と訊かれただけではなかなか話しづらいことだってあります。話したいけど話しづらい…というジレンマを抱えている男性のためには、リラックスした環境をつくって話しやすい雰囲気をつくってあげるのも良い方法です。

自然と話やすい雰囲気に持っていく方法例は次の通りです。

  • 一緒に食事をする(彼の好物を作る)
  • 甘い物でお茶をする
  • 好きな音楽をかけておく
  • 会話はしなくても同じ空間にいる
  • 女性が忙しそうにしない

相手の男性が話しやすい環境をつくるには、彼のリラックスも大切ですが女性側がリラックスしていることも大切なポイントです。彼女が忙しそうにしているのでは、男性側は何か話したいことがあっても話しづらくなってしまいます。

言葉には出さずに「今なら何を話しても良いよ」「話を聞けるよ」という体勢を見せて、彼の方から話してくれるのを待ってみましょう。

敢えていつも通りに接する

彼氏が不機嫌になったからと言って、女性側が急に態度を変えてしまうとかえって男性の不機嫌を余計に煽る可能性もあります。

例えば普段からスキンシップの多くて明るい女性が、彼が不機嫌になった途端に大人しくなって距離を置いてしまえば、男性としても気まずくなってしまいますよね。

男性が不機嫌になってしまったときこそ女性がいつも通りに振る舞うことで、いつもと変わらない彼女を見て安心してくれる男性もいます。

彼が普段から気遣いのできる・良識のある大人であればあるほど、自分が不機嫌になることで罪悪感を抱いてしまう可能性は高くなります。

「彼女は悪くないのに不機嫌になって困らせてしまった」と感じた男性は、元から抱えていた不機嫌と一緒に罪悪感や自己嫌悪まで抱いてしまいます。

彼が普段から気を遣える人であるほど、彼自身が不機嫌になることでナーバスになりがちです。

ですから彼が不機嫌になったとき、女性は敢えていつも通りに振る舞うことで「気にしないで良いよ」と間接的に彼に伝えることができます。

また、いつも通りの彼女を見て男性側から心の内をお話ししてくれることもあります。

彼をそっとしておくのも大切ですが、あくまでも”いつも通りの自分”をキープしておきましょう。

不機嫌な彼にこれをやると悪化する!避けるべきNG行為

彼氏が不機嫌になったとき、絶対にやってはいけないNG行為ももちろんあります。女性側としては気遣いのつもりでも、男性側からしたら「鬱陶しい」「迷惑だ」と感じてしまうことがあるのです。

彼の不機嫌に対してどう対処して良いか分からない場合は、とりあえず次に挙げるNG行為だけは避けておきましょう。

質問攻めにする・構いすぎる

不機嫌になった男性を見て、母性本能の強い女性であれば「放っておけない」「私が何とかしなきゃ」とつい構いすぎてしまうこともあるでしょう。

しかし、彼の不機嫌は必ずしも付き合っている女性が解決できるものばかりではありません。むしろ女性にはどうしようもない問題の方が多いくらいですから、下手に出しゃばらずに一歩引いたところから見守ってください。

あんまりに構いすぎると「お前じゃどうにもできないだろ!」と更に彼の怒りに火をつけるハメになってしまいます。

どんなに彼の不機嫌が気になっても、「どうしたの?」「何があったの?」と質問攻めにするのは避けましょう。あくまでも彼から話したがるまでは女性からのしつこい詮索はやめてください。

不機嫌な彼に対して怒る・一緒に不機嫌になる

彼氏が不機嫌になったとき、一緒になって不機嫌になって怒り出す女性は少なくありません。

確かにこちらには何の非もないのに、彼の一方的な不機嫌のせいで空気を悪くされたのでは堪りませんよね。八つ当たりも良いところ!

しかし、ただでさえ彼が不機嫌なのに女性まで一緒に不機嫌になってしまったら、些細なことが引き金になって喧嘩に発展しやすくなります

イライラした人は誰かの悪意に対してとっても敏感になっています。不機嫌な彼氏の前で嫌な態度を取ってしまえば、あなたに非がない場合でも彼の不機嫌があなたに飛び火してしまうことだってあるのです。

イライラした人とイライラした人が一緒にいて事態が穏便になることはあまり想像ができませんよね…。

中には彼女が不機嫌になった途端に「自分の不機嫌で彼女を怒らせてしまった」と感じて不機嫌を改める男性もいるようですが、そうならなかった場合のことを考えたら二人で一緒に不機嫌になるのは得策とは言えませんよね。

余計なトラブルを避けるためにも、彼氏が不機嫌になったときこそ、女性は余裕のある態度で穏やかに対応しましょう。

不機嫌は誰にだってある!長く付き合っていくなら受け入れて

不機嫌になってしまった男性はとっても厄介で扱いづらいのは確かですが、もちろん女性にだって不機嫌になるときはありますよね?

彼氏でも彼女でも、誰だって不機嫌になるときはあるのです。

恋人として付き合っていくのなら、お互いの不機嫌にいちいち腹を立てず穏便にやり過ごさなければなりません。

恋人であるあなただからこそ分かる彼の言動や仕草を見ていれば、不機嫌な彼氏も難なくやり過ごせるはずです。

理想的なカップルほど、お互いの良い面も悪い面も目にしています。彼氏の不機嫌な部分も受け入れて、末永いお付き合いをしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント