• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食事・運動・ストレスを溜めない基本のダイエットを振り返る

Date:2013.09.05

ダイエット…女性にとっていつも気になっているテーマの一つですよね。なんだか最近お腹が出てきちゃった。ぴったりした水着が着られない。などなどショックですよね。

そんなとき、高いダイエット食品も買わずに、法外なダイエットエステにも手を出さずに、お金をかけずに基本のダイエットに立ち返ってみるのはいかがでしょうか。

いかにたくさん食べないようにするか

お肉やご飯の前に野菜サラダをノンオイルドレッシングで食べてしまい、胃袋を埋めておいてしまう方法も一般的。ノンオイルドレッシングの代わりにポン酢でもいいそうです。また、単純に野菜の代わりに水をコップに2杯飲む方法もあるそうです。

これも、先に胃袋を水で満たしてしまうので、他のものが入る量が減っていいようです。その他では、間食として1時間以上前に寒天を食べる方法もあります。それぐらいの時間が経てば、胃袋の中で広がってくれるので、やはり食べ過ぎを抑えることになります。

主食と主菜の食べ方

ご飯自体も茶碗に軽く1杯にして、何度も噛んで食べましょう。噛む時間が長いと、だんだん満腹感が出て来ます。米自体の美味しさも解ってきますから、ゆっくり噛みましょう。麦を少量入れて麦ご飯にするのも健康的でいいようです。

肉や魚も少しは食べないと、たんぱく質が摂取できませんから、ほどほどには食べましょう。でも育ち盛りの子どもみたいに、油ギトギトのステーキとか食べる必要はないので、しゃぶしゃぶにして油を落として野菜と食べるとか工夫しましょう。

油を使うより煮たほうがいいですね。煮物にダシとして使うなど。野菜はビタミンも摂れるし、排泄にも役立つので、たくさん摂ってください。どちらかというと茹でたもののほうが、たくさん食べられます。

また、注意することは、ジャガイモ・カボチャ・サツマイモなどは、ご飯と同じ炭水化物だということです。ですからこれらを食べても野菜を摂ったことにならず、太る素が増えてしまいますから気を付けてください。

ゆっくり身体を動かそう

食べ物に気を付けたら次は運動です。いつもほとんど動かない人が、急にジムに通おうったって無理があります。メニューがかなりキツイので、途中で投げ出してしまうと思います。そんなとき、一番オススメなのが「お散歩」。

近所をやや早足で、ぐるぐる歩いてみてください。知らないうちに家にいるストレスなどから解消されていきますよ。そして慣れてきたら、少し遠くのショッピングセンターなどまで足を伸ばしましょう。歩いている時間も往復30分からだんだん1時間に伸ばして。

お水も持って水分補給し、UVクリーム・サングラス・帽子もしっかり準備しましょう。ショッピングセンターに行くのなら、バックパックなど背負っていけば買い物もできますね。日々の運動と買い物が一気にできて、一石二鳥です。

また、雨の日には、100均で売っている水を入れて使うプラスティックのダンベルもありますから、そういう日は腕の筋肉を鍛えたらどうでしょうか。足も腕も筋力が上がれば代謝も上がって、食べたものが身体に付きにくくなりますよ。

ストレスを溜め過ぎないこと

余計なストレスが溜まると、要らないものを食べたり、上手く消化されないで身体に付いてしまったりしますから、とにかくイライラしたらストレス発散しましょう。

前述の「お散歩」もいいし、自分にとって楽しいと思える人に会うのもいいし、ゆったり半身浴もいいです。

あまり刺激的な内容でないなら好みのDVDなどを鑑賞するのもいいでしょう。そうして気持ちを楽にして、食べることによるストレス解消に持っていかないように注意してください。

ダイエットはとにかく、食べ過ぎない・お散歩する・イライラしないあたりから始めてみたらいいと思いますよ。

この記事をシェアする

関連記事