• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

プロポーズ待ちの方必見!「決め手の無い女」になっていませんか?

Date:2013.06.06

彼氏と順調な付き合いを重ねて、あとはプロポーズを待つのみというあなた。お互いの状況的にも結婚のタイミングのはずなのになぜか彼がプロポーズしてくれないなんて、一人でヤキモキしている人もいるかもしれません。

男性の意見でよく耳にするのは「彼女は好きだけど、結婚となると決め手がない。」という言葉。「決め手の無い女とは」いったいどんな女性なのでしょうか。

全体的には好きだけど、決定的に気になる部分がある

付き合って一緒にいる時間が長くなると、お互いに良い部分も悪い部分も知っていくことになります。

悪い部分は基本的に「許せるもの」と「許せないもの」に分かれますが、更に細かく分けると「付き合うだけならまだ我慢できるけど、家族として一生一緒にいるとなるとちょっと耐えられないかもしれない」というものが出てきます。

それは心がけ次第で改善できる事がほとんど。小さなものであれば「お箸の持ち方がおかしい」なんてものも…。今まで彼にサラっと注意された事の中に、実は結婚の足を引っ張っているものがあるかもしれません。

大きなものだと、

「金銭的な価値観が違うので家計を任せられない」
「怒りっぽいのですぐ機嫌が悪くなるので先が思いやられる」
「彼女が自分の趣味や人間関係を優先するタイプなので、夫婦として成り立たない気がする」

など性格や価値観の相違が気になっている場合もあり、中には付き合ってはいるものの結婚相手としては不向きだと確信している場合もあります。本当に彼も結婚したいと思っているのか、しっかりと見極めて対応することが必要です。

結婚ならではの家族の問題

恋愛をして付き合うだけなら二人の問題ですが、結婚となると家族との関係もとても大切です。「彼女が家族に紹介したい人かどうか」というのもとても重要なポイント。

「明るくて一緒にいて楽しいけど、敬語が使えないから家族に紹介できない」とか、「中身はしっかりしているけど、見た目が派手なので嫌な顔をされそう」などと悩んでいる場合もあるようです。

実際に紹介してからも「彼女が全く手伝いを申し出ず、お客さまとしてくつろいでいる姿にガッカリした」とか、「ものすごくカジュアルな格好で来たので、紹介するのが恥ずかしかった」というようなケースや、ズバリ「両親があまり気に入らなかったみたい」と家族に紹介したことが原因で結婚から遠ざかることもあるようです。

結婚したくて必死な姿が逆に気分を萎えさせる

彼と結婚したいあまり、彼の意思が固まっていない状態で自分だけ突っ走ってしまう人がいるようです。結婚情報誌を読んで式場の話などをしてみたり、やたら彼の親に会いたがったり、自分の親に紹介しようとしたり、中には先走って仕事を退職してしまう人も。

そんな姿に彼が感じるのは、嬉しさではなく恐怖感。先走った行動は、まだプロポーズまで決意できていない状態の彼を、周りから固めて追い詰めてしまうことになります。

もしプロポーズさせることに成功したとしても、追い詰めて言わせたプロポーズと決意を決めたプロポーズでは大違い。結婚準備中に彼がマリッジブルーになってしまったり、男友達に「結婚させられた」などと愚痴られてたなんてケースも少なくありません。

彼にプロポーズをしたいと思わせたいのなら、「結婚したら楽しいだろうな」と思わせるのが一番の近道です。

二人の共通点を大切にして、素直に甘えてみたり、時には頼れるパートナーになってみたり。相手に求めるばかりではなく自分自身が変わることで彼の背中を押すことができるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事