• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛の場でも活用可能!面接や大事な場面などでの緊張のほぐし方講座

Date:2014.04.16

緊張ってどの場面にもついてまわるものですよね。試験、面接、研修、職場の会議、プレゼン……どの場面もとっても人生において重要で、重要だからこそ緊張もするし、終わったあとに思い出して「ああもっとこう言えばよかった、こうすればよかった」とあれこれ考えてしまう人も少なくないと思います。

これって、恋愛の場面においても同じ。いいなと思っている人の前で緊張して話せなかった、聞きたいことを何も聞けなかった…と一日の終わりに後悔してしまうという人もきっといると思います。でもこの緊張って、いったいどうやってほぐしていけばいいのでしょうか。

面接の仕方やマニュアルを教えてくれる人や本はあっても、緊張のほぐし方を教えてくれる本や講義はなかなかありません。

でも、緊張するというのはそれだけ物事に対して本気であるということの裏返し。悪いことではありませんから、うまいこと付き合っていければいいのですが…。

ここでは大事な場面、ここ一番の大勝負のときにどのように緊張をほぐせばいいのかをご紹介していきたいと思います。

「うまくいかなくて当然」と考えておく

緊張する場面。まずは「うまくいかなくて当然」と考えておきましょう。うまくやらなければならないと考えるから緊張するし、失敗が後悔に続いてしまうのです。

最初から「うまくいかなくて当たり前だよな」と考えるようにすれば、あせることもありません。

事前準備はほどほどに、気合いを入れすぎない

さて、緊張しないために事前準備をしっかりするという人もいるでしょう。しかし、あまりにも準備をしすぎてしまうのも考えものです。準備をすることは悪いことではありませんが、準備をしている間に余計な緊張が高まってしまうのは残念なことです。

面接や試験の前だけではありません。デートの前もそうです。あまりにも気合を入れすぎて洋服を選んだり、メイクをがんばったりすると、その気合が空回りしてしまって当日なかなかうまくいかなかったりします。

「ま、いいか」くらいの気持ちで物事に臨むことのほうが大事だったりします。もちろん何も準備をしないわけにはいきませんから、程よく、ということが重要になってくるということですね。

「向こうは自分に興味がなくて当然」と考えておく

さて、人はどうして緊張してしまうのでしょうか。たくさん原因はあると思いますが、そのひとつとして「相手が自分に予想以上に興味を示してくれていない」ことを目の当たりにして、それを感じてどんどん緊張が高まってしまうということが挙げられると思います。

たくさん話すことを用意していったのに相手がまるであなたに興味がないといった雰囲気で「それで?」なんて言ってきたら、「こんなはずじゃなかったのに…」と思ってどんどんあせってしまいますよね。

でも、こう考えるようにしましょう。「向こうは自分に興味がなくて当然である」と。こう考えるだけでかなり気分は楽になります。面接などで面接官があなたに対してそっけない態度をとることって実はよくあることです。

面接をしてくれる人は忙しい時間をさいてその時間を作ってくれているわけですから、最初からあなたに対して「よく来てくれたね!」というノリではないというのは当然のことです。

自分に興味のない相手にどう興味を抱いてもらえるか、そのことを考えたら緊張している暇などありません。あなたらしさをその場であらわすためにも堂々としていることが大切です。

失敗したことを相手はそこまで覚えていない

そして、相手はあなたが大事な場面で失敗したとしてもそのことを細かく覚えていません。いつまでも「あの人、あのときこういう失敗をしたんだよ、緊張していたのかな」などと陰で言ったりしません。

緊張し、ミスをしてしまった人というのはそのことをいつまでも引きずり、あれこれ心配するとは思いますが、相手はもしかしたらあなたと会ったことさえ忘れている可能性だってあります。

それなのにあなたがいつまでもそのことを引きずっていては時間の無駄になってしまいます。あなただって、日常で他人が何かしらのミスをしたとして、そのことをいつまでも「このときあんなミスしてたよね」などと覚えていないと思います。

むしろ数時間経ったら忘れていると思います。そんなものです。そう考えたら緊張する場面での多少の失敗も忘れてしまうことができるでしょう。

欲しいと思う物を見つけておき、「今度買い物に行ったらあれを買おう」と考えたりして

さて、これはかなり物理的な方法です。面接や緊張する予定のあとに、好きなものを買いにいくなどの自分にとってのご褒美タイムを用意しておくのです。これはかなり効果的です。

乗り切れれば楽しいことが待っている、と思えば緊張する場面でも力強くイキイキと振舞うことができます。これからも頑張りましょう!

この記事をシェアする

関連記事